<dateTimeSerialization > 要素<dateTimeSerialization> Element

DateTime オブジェクトのシリアル化モードを決定します。Determines the serialization mode of DateTime objects.

<configuration><configuration>
<dateTimeSerialization><dateTimeSerialization>

構文Syntax

<dateTimeSerialization  
    mode = "Roundtrip" | "Local"  
/>  

属性および要素Attributes and Elements

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attributes 説明Description
mode 任意。Optional. シリアル化モードを指定します。Specifies the serialization mode. DateTimeSerializationSection.DateTimeSerializationMode 値のいずれかに設定します。Set to one of the DateTimeSerializationSection.DateTimeSerializationMode values. 既定値は RoundTrip です。The default is RoundTrip.

子要素Child Elements

なし。None.

親要素Parent Elements

要素Element 説明Description
system.xml.serializationsystem.xml.serialization XML シリアル化を制御する最上位の要素です。The top-level element for controlling XML serialization.

RemarksRemarks

.NET Framework の 1.0、1.1、2.0、およびそれ以降のバージョンで、このプロパティが Local に設定されている場合、DateTime オブジェクトは常に現地時刻として書式設定されます。In versions 1.0, 1.1, 2.0 and later versions of the .NET Framework, when this property is set to Local, DateTime objects are always formatted as the local time. つまり、ローカル タイム ゾーンの情報が、シリアル化されたデータに必ず組み込まれます。That is, local time zone information is always included with the serialized data. .NET Framework の以前のバージョンとの互換性を保証するには、このプロパティを Local に設定します。Set this property to Local to ensure compatibility with older versions of the .NET Framework.

このプロパティが Roundtrip に設定されているバージョン 2.0 以降の .NET Framework では、DateTime オブジェクトが調べられ、タイム ゾーンがローカル、UTC、または未指定のいずれであるかが特定されます。In version 2.0 and later versions of the .NET Framework that have this property set to Roundtrip, DateTime objects are examined to determine whether they are in the local, UTC, or an unspecified time zone. その後、この特定された情報を保持する形で、DateTime オブジェクトがシリアル化されます。The DateTime objects are then serialized in such a way that this information is preserved. これは既定の動作であり、.NET Framework の以前のバージョンと通信を行わない、すべての新しいアプリケーションで推奨されます。This is the default behavior and is the recommended behavior for all new applications that do not communicate with older versions of the framework.

関連項目See also