XML シリアル化および SOAP シリアル化XML and SOAP Serialization

XML シリアル化とは、オブジェクトのパブリック フィールドやパブリック プロパティ、またはメソッドのパラメーターや戻り値を、特定の XML スキーマ定義言語 (XSD: XML Schema Definition Language) ドキュメントに準拠する XML ストリームに変換 (シリアル化) する処理です。XML serialization converts (serializes) the public fields and properties of an object, or the parameters and return values of methods, into an XML stream that conforms to a specific XML Schema definition language (XSD) document. XML シリアル化によって、パブリック プロパティおよびパブリック フィールドを含むクラスの型が厳密に指定され、それらのパブリック メンバーは格納または転送できるようにシリアル形式 (この場合は XML) に変換されます。XML serialization results in strongly typed classes with public properties and fields that are converted to a serial format (in this case, XML) for storage or transport.

XML はオープン標準であるため、XML ストリームは、プラットフォームに関係なく、必要に応じて任意のアプリケーションで処理できます。Because XML is an open standard, the XML stream can be processed by any application, as needed, regardless of platform. たとえば、ASP.NET を使用して作成された XML Web サービスは、XmlSerializer クラスを使用して、インターネット全体またはイントラネット上の XML Web サービス アプリケーション間でデータを受け渡しする XML ストリームを作成します。For example, XML Web services created using ASP.NET use the XmlSerializer class to create XML streams that pass data between XML Web service applications throughout the Internet or on intranets. 一方、逆シリアル化は、このような XML ストリームからデータを取得して、元のオブジェクトを再構築します。Conversely, deserialization takes such an XML stream and reconstructs the object.

XML シリアル化を使用して、SOAP 仕様に準拠する XML ストリームにオブジェクトをシリアル化することもできます。XML serialization can also be used to serialize objects into XML streams that conform to the SOAP specification. SOAP は、XML を使用してプロシージャ呼び出しを転送するために特別にデザインされた、XML に基づくプロトコルです。SOAP is a protocol based on XML, designed specifically to transport procedure calls using XML.

オブジェクトをシリアル化または逆シリアル化するには、XmlSerializer クラスを使用します。To serialize or deserialize objects, use the XmlSerializer class. また、シリアル化する対象のクラスを作成するには、XML スキーマ定義ツールを使用します。To create the classes to be serialized, use the XML Schema Definition tool.

このセクションの内容In This Section

XML シリアル化の概要Introducing XML Serialization
シリアル化、特に XML シリアル化の一般的な定義を示します。Provides a general definition of serialization, particularly XML serialization.

方法: オブジェクトをシリアル化します。How to: Serialize an Object
オブジェクトをシリアル化するための詳細な手順について説明します。Provides step-by-step instructions for serializing an object.

方法: オブジェクトを逆シリアル化します。How to: Deserialize an Object
オブジェクトを逆シリアル化するための詳細な手順について説明します。Provides step-by-step instructions for deserializing an object.

XML シリアル化の例Examples of XML Serialization
XML シリアル化の基本事項を示す例を紹介します。Provides examples that demonstrate the basics of XML serialization.

XML スキーマ定義ツールと XML シリアル化The XML Schema Definition Tool and XML Serialization
XML スキーマ定義ツールを使用して、特定の XML スキーマ定義言語 (XSD) スキーマに準拠するクラスを作成したり、.dll ファイルから XML スキーマを生成したりする方法について説明します。Describes how to use the XML Schema Definition tool to create classes that adhere to a particular XML Schema definition language (XSD) schema, or to generate an XML Schema from a .dll file.

属性を使用した XML シリアル化の制御Controlling XML Serialization Using Attributes
属性を使用してシリアル化を制御する方法について説明します。Describes how to control serialization by using attributes.

XML シリアル化を制御する属性Attributes That Control XML Serialization
XML シリアル化の制御に使用する属性を示します。Lists the attributes that are used to control XML serialization.

方法: XML Stream の代替要素名を指定します。How to: Specify an Alternate Element Name for an XML Stream
シリアル化のオーバーライドにより、複数の XML ストリームを生成する方法を示す高度なシナリオを紹介します。Presents an advanced scenario showing how to generate multiple XML streams by overriding the serialization.

方法: 派生クラスのシリアル化を制御How to: Control Serialization of Derived Classes
派生クラスのシリアル化の制御方法を示す例を紹介します。Provides an example of how to control the serialization of derived classes.

方法: XML 要素および XML 属性の名前を修飾します。How to: Qualify XML Element and XML Attribute Names
XML ストリームでの XML 名前空間の使用方法を定義および制御する方法について説明します。Describes how to define and control the way in which XML namespaces are used in the XML stream.

XML Web サービスを使用した XML シリアル化XML Serialization with XML Web Services
XML Web サービスでの XML シリアル化の使用方法について説明します。Explains how XML serialization is used in XML Web services.

方法: SOAP エンコード済み XML Stream としてオブジェクトをシリアル化します。How to: Serialize an Object as a SOAP-Encoded XML Stream
使用する方法について説明します、 XmlSerializer World Wide Web Consortium (W3C) ドキュメントのセクション 5 に準拠しているエンコード済みの SOAP XML ストリームを作成するクラス簡易オブジェクト アクセス プロトコル (SOAP) 1.1します。Describes how to use the XmlSerializer class to create encoded SOAP XML streams that conform to section 5 of the World Wide Web Consortium (W3C) document titled Simple Object Access Protocol (SOAP) 1.1.

方法: SOAP エンコード済み XML シリアル化をオーバーライドします。How to: Override Encoded SOAP XML Serialization
SOAP メッセージとしてのオブジェクトの XML シリアル化をオーバーライドするプロセスについて説明します。Describes the process for overriding XML serialization of objects as SOAP messages.

エンコード済み SOAP シリアル化を制御する属性Attributes That Control Encoded SOAP Serialization
SOAP エンコード済みのシリアル化の制御に使用する属性を示します。Lists the attributes that are used to control SOAP-encoded serialization.

<system.xml.serialization> 要素<system.xml.serialization> Element
XML シリアル化を制御する最上位の構成要素です。The top-level configuration element for controlling XML serialization.

<dateTimeSerialization> 要素<dateTimeSerialization> Element
DateTime オブジェクトのシリアル化モードを制御します。Controls the serialization mode of DateTime objects.

<schemaImporterExtensions> 要素<schemaImporterExtensions> Element
XmlSchemaImporter クラスによって使用される型を含みます。Contains types that are used by the XmlSchemaImporter class.

<追加 > 要素の<schemaImporterExtensions ><add> Element for <schemaImporterExtensions>
XmlSchemaImporter クラスによって使用される型を追加します。Adds types that are used by the XmlSchemaImporter class.

ASP.NET と XML Web サービス クライアントを使用して作成した XML Web サービスXML Web Services Created Using ASP.NET and XML Web Service Clients
ASP.NET を使用した XML Web サービスのプログラミング方法について説明するトピックを示します。Provides topics that describe and explain how to program XML Web services using ASP.NET.

関連項目See also