XML シリアル化および SOAP シリアル化XML and SOAP serialization

XML シリアル化とは、オブジェクトのパブリック フィールドやパブリック プロパティ、およびメソッドのパラメーターや戻り値を、特定の XML スキーマ定義言語 (XSD: XML Schema Definition Language) ドキュメントに準拠する XML ストリームに変換 (シリアル化) する処理です。XML serialization converts (serializes) the public fields and properties of an object, and the parameters and return values of methods, into an XML stream that conforms to a specific XML Schema definition language (XSD) document. XML シリアル化によって、パブリック プロパティおよびパブリック フィールドを含むクラスの型が厳密に指定され、それらのパブリック メンバーは格納または転送できるようにシリアル形式 (この場合は XML) に変換されます。XML serialization results in strongly typed classes with public properties and fields that are converted to a serial format (in this case, XML) for storage or transport.

XML はオープン標準であるため、XML ストリームは、プラットフォームに関係なく、必要に応じて任意のアプリケーションで処理できます。Because XML is an open standard, the XML stream can be processed by any application, as needed, regardless of platform. たとえば、ASP.NET を使用して作成された XML Web サービスは、XmlSerializer クラスを使用して、インターネット全体またはイントラネット上の XML Web サービス アプリケーション間でデータを受け渡しする XML ストリームを作成します。For example, XML Web services created using ASP.NET use the XmlSerializer class to create XML streams that pass data between XML Web service applications throughout the Internet or on intranets. 一方、逆シリアル化は、このような XML ストリームからデータを取得して、元のオブジェクトを再構築します。Conversely, deserialization takes such an XML stream and reconstructs the object.

XML シリアル化を使用して、SOAP 仕様に準拠する XML ストリームにオブジェクトをシリアル化することもできます。XML serialization can also be used to serialize objects into XML streams that conform to the SOAP specification. SOAP は、XML を使用してプロシージャ呼び出しを転送するために特別にデザインされた、XML に基づくプロトコルです。SOAP is a protocol based on XML, designed specifically to transport procedure calls using XML.

オブジェクトをシリアル化または逆シリアル化するには、XmlSerializer クラスを使用します。To serialize or deserialize objects, use the XmlSerializer class. また、シリアル化する対象のクラスを作成するには、XML スキーマ定義ツールを使用します。To create the classes to be serialized, use the XML Schema Definition tool.

関連項目See also