DataRepeater コントロールの概要 (Visual Studio)Introduction to the DataRepeater Control (Visual Studio)

Visual Basic Power Packs の DataRepeater コントロールは、データベース テーブルの行などの繰り返されるデータを表示するコントロールの、スクロール可能なコンテナーです。The Visual Basic Power Packs DataRepeater control is a scrollable container for controls that display repeated data, for example, rows in a database table. データのレイアウトを詳細に制御する必要がある場合は、 DataGridView コントロールの代わりにこのコントロールを使用できます。It can be used as an alternative to the DataGridView control when you need more control over the layout of the data. DataRepeater 「グループを繰り返し実行」関連するコントロールのスクロールのビューで複数のインスタンスを作成しています。The DataRepeater "repeats" a group of related controls by creating multiple instances in a scrolling view. これにより、ユーザーを同時に複数のレコードを表示できます。This enables users to view several records at the same time.

概要Overview

デザイン時に、DataRepeater制御は、2 つのセクションで構成されます。At design time, the DataRepeater control consists of two sections. 外部セクションは、ビューポート、スクロール可能なデータが実行時に表示されます。The outer section is the viewport, where the scrolling data will be displayed at run time. 呼ばれる内部の (上部) セクション、項目テンプレートは、通常 1 つのコントロール、データ ソースのフィールドごとに、実行時に繰り返されるコントロールを配置します。The inner (top) section, known as the item template, is where you position controls that will be repeated at run time, typically one control for each field in the data source. プロパティと項目テンプレートのコントロールにカプセル化されて、ItemTemplateプロパティです。The properties and controls in the item template are encapsulated in the ItemTemplate property.

実行時に、ItemTemplateはバーチャル マシンにコピーDataRepeaterItemデータを表示する、各レコードはビューにスクロールするときに使用されるオブジェクト。At run time, the ItemTemplate is copied to a virtual DataRepeaterItem object that is used to display the data when each record is scrolled into view. 内の個々 のレコードの表示をカスタマイズすることができます、DrawItemイベントなどが含まれている値に基づいて、フィールドを強調表示します。You can customize the display of individual records in the DrawItem event, for example, highlighting a field based on the value that it contains. 詳細については、次を参照してください。する方法: DataRepeater コントロールの外観を変更です。For more information, see How to: Change the Appearance of a DataRepeater Control.

最も一般的な使用、DataRepeaterコントロールは、データベース テーブルまたはその他のバインドされたデータ ソースからデータを表示します。The most common use for a DataRepeater control is to display data from a database table or other bound data source. 加えADO.NETADO.NETデータ オブジェクト、DataRepeaterコントロールを実装する任意のクラスにバインドできます、IListインターフェイス (配列を含む)、実装するクラス、IListSourceインターフェイスを実装するクラス、 IBindingListインターフェイス、または任意のクラスを実装する、IBindingListViewインターフェイスです。In addition to ADO.NETADO.NET data objects, the DataRepeater control can bind to any class that implements the IList interface (including arrays), any class that implements the IListSource interface, any class that implements the IBindingList interface, or any class that implements the IBindingListView interface.

データ バインディングData Binding

通常からフィールドをドラッグしてデータ バインディングを行う、データソース ウィンドウ、DataRepeaterコントロール。Typically, you accomplish data binding by dragging fields from the Data Sources window onto the DataRepeater control. 詳細については、次を参照してください。する方法: DataRepeater コントロールにバインドされているデータを表示です。For more information, see How to: Display Bound Data in a DataRepeater Control.

大量のデータを扱う場合は、設定、VirtualModeプロパティをTrueを利用できるデータのサブセットを表示します。When working with large amounts of data, you can set the VirtualMode property to True to display a subset of the available data. 仮想モードには、元のデータ キャッシュの実装が必要です、DataRepeaterが作成されますが、実行時にデータ キャッシュを使用してすべてのやり取りを制御する必要があります。Virtual mode requires the implementation of a data cache from which the DataRepeater is populated, and you must control all interactions with the data cache at run time. 詳細については、次を参照してください。 DataRepeater コントロールでの仮想モードです。For more information, see Virtual Mode in the DataRepeater Control.

バインドされていないコントロールを表示することも、DataRepeaterコントロール。You can also display unbound controls on a DataRepeater control. たとえば、項目ごとに繰り返されるイメージを表示できます。For example, you can display an image that is repeated on each item. 詳細については、次を参照してください。する方法: DataRepeater コントロールにバインドされていないコントロールを表示です。For more information, see How to: Display Unbound Controls in a DataRepeater Control.

イベントEvents

最も重要なイベント、DataRepeaterコントロールは、DrawItemビューに新しい項目がスクロールされたときに発生するイベントとCurrentItemIndexChanged項目が選択されているときに発生するイベントです。The most important events for the DataRepeater control are the DrawItem event, which is raised when new items are scrolled into view, and the CurrentItemIndexChanged event, which is raised when an item is selected. 使用することができます、DrawItemアイテムの外観を変更するイベントです。You can use the DrawItem event to change the appearance of the item. たとえば、負の値を強調表示することができます。For example, you can highlight negative values. 使用して、CurrentItemIndexChanged項目が選択されているときにコントロールの値にアクセスするイベントです。Use the CurrentItemIndexChanged event to access the values of controls when an item is selected.

DataRepeaterコントロールは、コード エディターですべて標準のコントロールのイベントを公開します。The DataRepeater control exposes all the standard control events in the Code Editor. ただし、一部のイベントは使用できません。However, some of the events should not be used. キーボードし、マウス イベントをなどKeyDownClick、およびMouseDownは発生しません。 実行時にあるため、DataRepeaterコントロール自体がフォーカスを持つことはありません。Keyboard and mouse events such as KeyDown, Click, and MouseDown will not be raised at run time because the DataRepeater control itself never has focus.

DataRepeaterItem実行時にのみに作成されるため、デザイン時にイベントを公開しませんしません。The DataRepeaterItem does not expose events at design time because it is created only at run time. キーボードとマウスのイベントを処理するかどうかは、ことができますを追加する、PanelコントロールをItemTemplateでのイベントを処理し、デザイン時と、Panelです。If you want to handle keyboard and mouse events, you can add a Panel control to the ItemTemplate at design time and then handle the events for the Panel. 詳細については、次を参照してください。 DataRepeater コントロールのトラブルシューティングです。For more information, see Troubleshooting the DataRepeater Control.

カスタマイズCustomizations

動作と外観をカスタマイズする方法はたくさんあります、DataRepeater実行時およびデザイン時の両方を制御します。There are many ways to customize the appearance and behavior of the DataRepeater control, both at run time and at design time. 色を変更する、非表示または項目ヘッダーを変更、方向を変更する水平方向に垂直方向、多くのプロパティを設定できます。Properties can be set to change colors, hide or modify the item headers, change the orientation from vertical to horizontal, and much more. 詳細については、次を参照してくださいする方法: DataRepeater コントロールの外観を変更する方法: DataRepeater コントロールに項目ヘッダーを表示、とする方法: のレイアウトを変更する。DataRepeater コントロールです。For more information, see How to: Change the Appearance of a DataRepeater Control, How to: Display Item Headers in a DataRepeater Control, and How to: Change the Layout of a DataRepeater Control.

注一部のプロパティに適用される、DataRepeaterコントロール自体にのみ適用されるものは、ItemTemplateです。Note that some properties apply to the DataRepeater control itself whereas others apply only to the ItemTemplate. プロパティを設定する前に、コントロールの適切な部分があることを確認します。Make sure that you have the correct section of the control selected before you set properties. 詳細については、次を参照してください。する方法: DataRepeater コントロールの外観を変更です。For more information, see How to: Change the Appearance of a DataRepeater Control.

その他のカスタマイズには、レコード追加または削除する機能を制御する、検索機能の追加、およびマスター/詳細形式で関連データの表示が含まれます。Other customizations include controlling the ability to add or delete records, adding search capabilities, and displaying related data in a master and detail format. 詳細については、次を参照してくださいする方法: DataRepeater の項目の削除の追加を無効にするとする方法: DataRepeater コントロールでデータを検索、およびする方法: 2 つを使用してマスター/詳細フォームを作成する。DataRepeater コントロール (Visual Studio)です。For more information, see How to: Disable Adding and Deleting DataRepeater Items, How to: Search Data in a DataRepeater Control, and How to: Create a Master/Detail Form by Using Two DataRepeater Controls (Visual Studio).

関連項目See Also

DataRepeater コントロールDataRepeater Control
チュートリアル: DataRepeater コントロールでのデータの表示Walkthrough: Displaying Data in a DataRepeater Control
DataRepeater コントロールのトラブルシューティングTroubleshooting the DataRepeater Control