#ExternalSource ディレクティブ#ExternalSource Directive

ソース コードの特定の行と、ソースの外部のテキストとの間のマッピングを示します。Indicates a mapping between specific lines of source code and text external to the source.

構文Syntax

#ExternalSource( StringLiteral , IntLiteral )  
    [ LogicalLine+ ]  
#End ExternalSource  

指定項目Parts

StringLiteral
外部ソースへのパスです。The path to the external source.

IntLiteral
外部ソースの最初の行の行番号です。The line number of the first line of the external source.

LogicalLine
外部ソースでエラーが発生した行です。The line where the error occurs in the external source.

#End ExternalSource
#ExternalSource ブロックを終了します。Terminates the #ExternalSource block.

RemarksRemarks

このディレクティブは、コンパイラとデバッガーによってのみ使用されます。This directive is used only by the compiler and the debugger.

ソース ファイルには、外部ソース ディレクティブを含めることができます。これは、ソース ファイル内の特定のコード行と、.aspx ファイルなどのソースの外部のテキストとの間のマッピングを示します。A source file may include external source directives, which indicate a mapping between specific lines of code in the source file and text external to the source, such as an .aspx file. コンパイル時に指定されたソース コードでエラーが発生した場合、外部ソースからのものとして識別されます。If errors are encountered in the designated source code during compilation, they are identified as coming from the external source.

外部ソース ディレクティブはコンパイルには影響しません。また、入れ子にすることはできません。External source directives have no effect on compilation and cannot be nested. これらはアプリケーションによる内部使用のみを目的としています。They are intended for internal use by the application only.

関連項目See also