Overrides (Visual Basic)

プロパティまたはプロシージャが基本クラスから継承された同じ名前のプロパティまたはプロシージャをオーバーライドすることを示します。

ルール

  • 宣言コンテキスト。 Overrides は、プロパティまたはプロシージャの宣言ステートメントでのみ使用できます。

  • 結合された修飾子。 同じ宣言内で OverridesShadows または Shared と共に指定することはできません。 オーバーライドする要素は暗黙的にオーバーライド可能であるため、OverridableOverrides を結合することはできません。

  • シグネチャの一致。 この宣言のシグネチャは、オーバーライドされるプロパティまたはプロシージャの シグネチャ と完全に一致する必要があります。 つまり、パラメーター リストには、同じ数のパラメーターを、同じ順序、同じデータ型で指定する必要があります。

    オーバーライドする宣言は、シグネチャに加え、次の点でも完全に一致している必要があります。

    • アクセス レベル

    • 戻り値の型 (戻り値がある場合)

  • ジェネリック シグネチャ。 ジェネリック プロシージャでは、シグネチャに型パラメーターの数が含まれます。 したがって、オーバーライドする宣言は、その点でも基底クラスのバージョンに一致している必要があります。

  • その他の一致。 この宣言は、基底クラスのバージョンのシグネチャに一致していることに加え、次の点でも基底クラスと一致している必要があります。

    • アクセス レベル修飾子 (Public など)

    • 各パラメーターの引き渡し方法 (ByVal または ByRef)

    • ジェネリック プロシージャの型パラメーターごとの制約リスト

  • シャドウとオーバーライド。 シャドウとオーバーライドは、どちらも継承された要素を再定義しますが、その方法は大きく異なります。 詳細については、「Visual Basic におけるシャドウ」を参照してください。

Overrides を使用する場合は、ライブラリ API と C# が連携しやすくなるように、コンパイラが暗黙的に Overloads を追加します。

Overrides 修飾子は、次のコンテキストで使用できます。

関連項目