プライベート保護 (Visual Basic)Private Protected (Visual Basic)

キーワード組み合わせ Private Protected はメンバー アクセス修飾子です。The Private Protected keyword combination is a member access modifier. Private Protected メンバーは、それを含んでいるクラスのすべてのメンバーと、それを含むクラスから派生した型によってアクセスできますが、それを含んでいるアセンブリ内に存在する場合に限ります。A Private Protected member is accessible by all members in its containing class, as well as by types derived from the containing class, but only if they are found in its containing assembly.

Private Protected は、クラスのメンバーに対してのみ指定できます。構造体のメンバーに Private Protected を適用することはできません。構造体を継承することはできません。You can specify Private Protected only on members of classes; you cannot apply Private Protected to members of a structure because structures cannot be inherited.

Private Protected アクセス修飾子は Visual Basic 15.5 以降でサポートされています。The Private Protected access modifier is supported by Visual Basic 15.5 and later. これを使用するには、次の要素を Visual Basic プロジェクト (*.vbproj) ファイルに追加します。To use it, you can add the following element to your Visual Basic project (*.vbproj) file. システムに Visual Basic 15.5 以降がインストールされている限り、最新バージョンの Visual Basic コンパイラでサポートされているすべての言語機能を利用できます。As long as Visual Basic 15.5 or later is installed on your system, it lets you take advantage of all the language features supported by the latest version of the Visual Basic compiler:

<PropertyGroup>
   <LangVersion>latest</LangVersion>
</PropertyGroup>

詳細については、「Visual Basic 言語バージョンの設定」を参照してください。For more information see setting the Visual Basic language version.

注意

Visual Studio で、private protected で F1 ヘルプを選択すると、 privateまたはprotectedのヘルプが表示されます。In Visual Studio, selecting F1 help on private protected provides help for either private or protected. IDE は、複合単語ではなくカーソルの下にある1つのトークンを選択します。The IDE picks the single token under the cursor rather than the compound word.

ルールRules

  • 宣言コンテキスト。Declaration Context. Private Protected はクラスレベルでのみ使用できます。You can use Private Protected only at the class level. つまり、Protected 要素の宣言コンテキストはクラスである必要があり、ソースファイル、名前空間、インターフェイス、モジュール、構造体、またはプロシージャにすることはできません。This means the declaration context for a Protected element must be a class, and cannot be a source file, namespace, interface, module, structure, or procedure.

動作Behavior

  • アクセスレベル。Access Level. クラス内のすべてのコードは、その要素にアクセスできます。All code in a class can access its elements. 基底クラスから派生し、同じアセンブリに含まれるクラスのコードは、基底クラスのすべての Private Protected 要素にアクセスできます。Code in any class that derives from a base class and is contained in the same assembly can access all the Private Protected elements of the base class. ただし、基底クラスから派生し、別のアセンブリに含まれているクラスのコードは、基底クラスの Private Protected 要素にアクセスすることはできません。However, code in any class that derives from a base class and is contained in a different assembly can't access the base class Private Protected elements.

  • アクセス修飾子。Access Modifiers. アクセスレベルを指定するキーワードは、アクセス修飾子と呼ばれます。The keywords that specify access level are called access modifiers. アクセス修飾子の比較については、「 Visual Basic のアクセスレベル」を参照してください。For a comparison of the access modifiers, see Access levels in Visual Basic.

Private Protected 修飾子は、次のコンテキストで使用できます。The Private Protected modifier can be used in these contexts:

関連項目See also