Protected Friend (Visual Basic)Protected Friend (Visual Basic)

キーワード組み合わせ Protected Friend はメンバー アクセス修飾子です。The Protected Friend keyword combination is a member access modifier. このクラスは、宣言された要素に対してフレンドアクセスと保護されたアクセスの両方を実行するため、同じアセンブリ内の任意の場所、独自のクラス、および派生クラスからアクセスできます。It confers both Friend access and Protected access on the declared elements, so they are accessible from anywhere in the same assembly, from their own class, and from derived classes. Protected Friend は、クラスのメンバーに対してのみ指定できます。構造体のメンバーに Protected Friend を適用することはできません。構造体を継承することはできません。You can specify Protected Friend only on members of classes; you cannot apply Protected Friend to members of a structure because structures cannot be inherited.

注意

Visual Studio では、protected friend で F1 ヘルプを選択すると、 protectedまたはfriendのヘルプが表示されます。In Visual Studio, selecting F1 help on protected friend provides help for either protected or friend. IDE は、複合単語ではなくカーソルの下にある1つのトークンを選択します。The IDE picks the single token under the cursor rather than the compound word.

ルールRules

宣言コンテキスト。Declaration Context. Protected Friend はクラスレベルでのみ使用できます。You can use Protected Friend only at the class level. つまり、Protected 要素の宣言コンテキストはクラスである必要があり、ソースファイル、名前空間、インターフェイス、モジュール、構造体、またはプロシージャにすることはできません。This means the declaration context for a Protected element must be a class, and cannot be a source file, namespace, interface, module, structure, or procedure.

関連項目See also