属性リスト (Visual Basic)Attribute List (Visual Basic)

宣言されたプログラミング要素に適用する属性を指定します。Specifies the attributes to be applied to a declared programming element. 複数の属性を指定するときは、コンマで区切ります。Multiple attributes are separated by commas. 1つの属性の構文を次に示します。Following is the syntax for one attribute.

構文Syntax

[ attributemodifier ] attributename [ ( attributearguments | attributeinitializer ) ]  

指定項目Parts

attributemodifier ソースファイルの先頭で適用される属性に必要です。Required for attributes applied at the beginning of a source file. アセンブリまたはモジュールを指定できます。Can be Assembly or Module.
attributename 必須。Required. 属性の名前。Name of the attribute.
attributearguments 省略可。Optional. この属性の位置指定引数の一覧。List of positional arguments for this attribute. 複数の引数は、コンマで区切ります。Multiple arguments are separated by commas.
attributeinitializer 省略可。Optional. この属性の変数またはプロパティ初期化子のリスト。List of variable or property initializers for this attribute. 複数の初期化子は、コンマで区切られます。Multiple initializers are separated by commas.

コメントRemarks

1つまたは複数の属性を、ほぼすべてのプログラミング要素 (型、プロシージャ、プロパティなど) に適用できます。You can apply one or more attributes to nearly any programming element (types, procedures, properties, and so forth). 属性は、アセンブリのメタデータに表示され、コードに注釈を付けたり、特定のプログラミング要素の使用方法を指定したりするのに役立ちます。Attributes appear in your assembly's metadata, and they can help you annotate your code or specify how to use a particular programming element. Visual Basic と .NET Framework で定義された属性を適用し、独自の属性を定義することができます。You can apply attributes defined by Visual Basic and the .NET Framework, and you can define your own attributes.

属性を使用する場合の詳細については、「属性の概要」を参照してください。For more information on when to use attributes, see Attributes overview. 属性名の詳細については、「宣言された要素名」を参照してください。For information on attribute names, see Declared Element Names.

ルールRules

  • 場所.Placement. 最も宣言されたプログラミング要素に属性を適用できます。You can apply attributes to most declared programming elements. 1つまたは複数の属性を適用するには、要素宣言の先頭に属性ブロックを配置します。To apply one or more attributes, you place an attribute block at the beginning of the element declaration. 属性リストの各エントリは、適用する属性、および属性のこの呼び出しに使用する修飾子と引数を指定します。Each entry in the attribute list specifies an attribute you wish to apply, and the modifier and arguments you are using for this invocation of the attribute.

  • 山かっこ。Angle Brackets. 属性リストを指定する場合は、山かっこ ("<" および ">") で囲む必要があります。If you supply an attribute list, you must enclose it in angle brackets ("<" and ">").

  • 宣言の一部。Part of the Declaration. 属性は、個別のステートメントではなく、要素宣言の一部である必要があります。The attribute must be part of the element declaration, not a separate statement. 行連結シーケンス ("_") を使用して、宣言ステートメントを複数のソースコード行に拡張することができます。You can use the line-continuation sequence (" _") to extend the declaration statement onto multiple source-code lines.

  • ド.Modifiers. ソースファイルの先頭でプログラミング要素に適用されるすべての属性に対して、属性修飾子 (Assembly または Module) が必要です。An attribute modifier (Assembly or Module) is required on every attribute applied to a programming element at the beginning of a source file. ソースファイルの先頭にない要素に適用される属性では、属性修飾子は使用できません。Attribute modifiers are not allowed on attributes applied to elements that are not at the beginning of a source file.

  • 数値.Arguments. 属性のすべての位置指定引数は、変数またはプロパティ初期化子の前に記述する必要があります。All positional arguments for an attribute must precede any variable or property initializers.

Example

次の例では、Function プロシージャのスケルトン定義に DllImportAttribute 属性を適用します。The following example applies the DllImportAttribute attribute to a skeleton definition of a Function procedure.

<DllImportAttribute("kernel32.dll", EntryPoint:="MoveFileW",
    SetLastError:=True, CharSet:=CharSet.Unicode,
    ExactSpelling:=True,
    CallingConvention:=CallingConvention.StdCall)>
Public Shared Function MoveFile(ByVal src As String,
  ByVal dst As String) As Boolean
    ' This function copies a file from the path src to the path dst.
    ' Leave this function empty. The DLLImport attribute forces calls
    ' to MoveFile to be forwarded to MoveFileW in KERNEL32.DLL.
End Function

DllImportAttribute は、属性付きプロシージャがアンマネージダイナミックリンクライブラリ (DLL) のエントリポイントを表すことを示します。DllImportAttribute indicates that the attributed procedure represents an entry point in an unmanaged dynamic-link library (DLL). 属性は、DLL 名を位置引数として指定し、その他の情報を変数初期化子として提供します。The attribute supplies the DLL name as a positional argument and the other information as variable initializers.

参照See also