Error ステートメント

エラーの発生をシミュレートします。

構文

Error errornumber  

指定項目

errornumber
必須です。 任意の有効なエラー番号を指定できます。

Remarks

Error ステートメントは下位互換性のためにサポートされています。 新しいコードでは、特にオブジェクトを作成する場合に、Err オブジェクトの Raise メソッドを使用して、実行時エラーを生成します。

errornumber を定義している場合、Err オブジェクトのプロパティに次の既定値が代入されると、Error ステートメントによって、エラー ハンドラーが呼び出されます。

プロパティ [値]
Number Error ステートメントの引数として指定された値。 任意の有効なエラー番号を指定できます。
Source 現在の Visual Basic プロジェクトの名前。
Description 指定した NumberError 関数の戻り値に対応する文字列式 (この文字列が存在する場合)。 文字列が存在しない場合は、Description に長さゼロの文字列 ("") が格納されます。
HelpFile 該当する Visual Basic ヘルプ ファイルの完全修飾ドライブ、パス、およびファイル名。
HelpContext Number プロパティに対応するエラーについての該当する Visual Basic ヘルプ ファイル コンテキスト ID。
LastDLLError ゼロ。

エラー ハンドラーが存在しない場合、または有効なものがない場合は、Err オブジェクトのプロパティからエラーメッセージが作成され、表示されます。

注意

一部の Visual Basic ホストアプリケーションでは、オブジェクトを作成できない場合があります。 ホスト アプリケーションでクラスとオブジェクトを作成できるかどうかを判断するには、そのドキュメントを参照してください。

この例では、Error ステートメントを使用して、エラー番号 11 を生成しています。

On Error Resume Next   ' Defer error handling.  
Error 11   ' Simulate the "Division by zero" error.  

必要条件

名前空間: Microsoft.VisualBasic

アセンブリ: Visual Basic ランタイム ライブラリ (Microsoft.VisualBasic.dll)

関連項目