Imports ステートメント (XML 名前空間)Imports Statement (XML Namespace)

XML リテラルおよび XML 軸のプロパティで使用するための XML 名前空間プレフィックスをインポートします。Imports XML namespace prefixes for use in XML literals and XML axis properties.

構文Syntax

Imports <xmlns:xmlNamespacePrefix = "xmlNamespaceName">  

指定項目Parts

xmlNamespacePrefix
省略可能です。Optional. XML 要素と属性を参照できます文字列xmlNamespaceNameします。The string by which XML elements and attributes can refer to xmlNamespaceName. いない場合xmlNamespacePrefixは既定の XML 名前空間がインポートされた XML 名前空間を指定します。If no xmlNamespacePrefix is supplied, the imported XML namespace is the default XML namespace. 有効な XML 識別子である必要があります。Must be a valid XML identifier. 詳細については、次を参照してください。宣言されている XML 要素の名前と属性します。For more information, see Names of Declared XML Elements and Attributes.

xmlNamespaceName
必須。Required. インポートされる XML 名前空間を識別する文字列。The string identifying the XML namespace being imported.

RemarksRemarks

使用することができます、 Imports XML リテラルおよび XML 軸のプロパティをまたはに渡されるパラメーターとして使用できるグローバルの XML 名前空間を定義するステートメント、GetXmlNamespace演算子。You can use the Imports statement to define global XML namespaces that you can use with XML literals and XML axis properties, or as parameters passed to the GetXmlNamespace operator. (使用方法について、Imports型の名前を使用するコードで使用できるエイリアスをインポートするステートメントを参照してくださいImports ステートメント (.NET Namespace よぶ型))。使用して XML 名前空間を宣言する構文、Importsステートメントは XML で使用される構文と同じです。(For information about using the Imports statement to import an alias that can be used where type names are used in your code, see Imports Statement (.NET Namespace and Type).) The syntax for declaring an XML namespace by using the Imports statement is identical to the syntax used in XML. そのため、XML ファイルから名前空間宣言をコピーしで使用するImportsステートメント。Therefore, you can copy a namespace declaration from an XML file and use it in an Imports statement.

XML 名前空間プレフィックスは、繰り返し、同じ名前空間からの XML 要素を作成する場合に便利です。XML namespace prefixes are useful when you want to repeatedly create XML elements that are from the same namespace. XML 名前空間プレフィックスが宣言された、Importsステートメントがファイルにすべてのコードで使用可能であるという意味でグローバルです。The XML namespace prefix declared with the Imports statement is global in the sense that it is available to all code in the file. XML 要素リテラルおよび XML 軸のプロパティにアクセスするときに作成するときに使用することができます。You can use it when you create XML element literals and when you access XML axis properties. 詳細については、次を参照してください。 XML 要素リテラルXML 軸プロパティします。For more information, see XML Element Literal and XML Axis Properties.

名前空間プレフィックスなしのグローバル XML 名前空間を定義するかどうか (たとえば、 Imports <xmlns="http://SomeNameSpace>")、その名前空間には、既定の XML 名前空間と見なされます。If you define a global XML namespace without a namespace prefix (for example, Imports <xmlns="http://SomeNameSpace>"), that namespace is considered the default XML namespace. 既定の XML 名前空間は、任意の XML 要素リテラルまたは名前空間を明示的に指定されていない XML 属性軸プロパティに使用されます。The default XML namespace is used for any XML element literals or XML attribute axis properties that do not explicitly specify a namespace. 指定した名前空間が空の名前空間が場合、既定の名前空間が使用されます (つまり、 xmlns="")。The default namespace is also used if the specified namespace is the empty namespace (that is, xmlns=""). 既定の XML 名前空間は、XML リテラルの XML 属性または名前空間がない XML 属性軸プロパティには適用されません。The default XML namespace does not apply to XML attributes in XML literals or to XML attribute axis properties that do not have a namespace.

XML 名前空間、XML リテラルで定義されていると呼ばれるローカルの XML 名前空間、XML 名前空間で定義されているよりも優先、Importsグローバルとしてステートメント。XML namespaces that are defined in an XML literal, which are called local XML namespaces, take precedence over XML namespaces that are defined by the Imports statement as global. XML 名前空間で定義されている、Importsステートメント、Visual Basic プロジェクトのインポートされた XML 名前空間よりも優先されます。XML namespaces that are defined by the Imports statement take precedence over XML namespaces imported for a Visual Basic project. XML リテラルには、XML 名前空間が定義されている場合、ローカルの名前空間は埋め込まれた式には適用されません。If an XML literal defines an XML namespace, that local namespace does not apply to embedded expressions.

グローバル名前空間は XML では、.NET Framework 名前空間と同じスコープと定義の規則に従います。Global XML namespaces follow the same scoping and definition rules as .NET Framework namespaces. その結果、含めることができます、Importsステートメント グローバル XML 名前空間を定義する .NET Framework 名前空間をインポートする任意の場所。As a result, you can include an Imports statement to define a global XML namespace anywhere you can import a .NET Framework namespace. これには、コード ファイルとプロジェクト レベル インポートされた名前空間の両方が含まれます。This includes both code files and project-level imported namespaces. プロジェクト レベル インポートされた名前空間については、次を参照してください。参照設定 ページ、プロジェクト デザイナー (Visual Basic)します。For information about project-level imported namespaces, see References Page, Project Designer (Visual Basic).

各ソース ファイルは、任意の数を含めることができますImportsステートメント。Each source file can contain any number of Imports statements. これらなどのオプションを宣言を従う必要があります、Option Strictステートメント、およびそれらの前にプログラミング要素などModuleまたはClassステートメント。These must follow option declarations, such as the Option Strict statement, and they must precede programming element declarations, such as Module or Class statements.

Example

次の例では、既定の XML 名前空間とプレフィックスで識別される XML 名前空間のインポートnsします。The following example imports a default XML namespace and an XML namespace identified with the prefix ns. 両方の名前空間を使用して、XML リテラルが作成されます。It then creates XML literals that use both namespaces.

' Place Imports statements at the top of your program.  
Imports <xmlns="http://DefaultNamespace">
Imports <xmlns:ns="http://NewNamespace">

Module Module1

  Sub Main()
    ' Create element by using the default global XML namespace. 
    Dim inner = <innerElement/>

    ' Create element by using both the default global XML namespace
    ' and the namespace identified with the "ns" prefix.
    Dim outer = <ns:outer>
                  <ns:innerElement></ns:innerElement>
                  <siblingElement></siblingElement>
                  <%= inner %>
                </ns:outer>

    ' Display element to see its final form. 
    Console.WriteLine(outer)
  End Sub

End Module

このコードを実行すると、次のテキストが表示されます。This code displays the following text:

<ns:outer xmlns="http://DefaultNamespace"   
          xmlns:ns="http://NewNamespace">  
  <ns:innerElement></ns:innerElement>  
  <siblingElement></siblingElement>  
  <innerElement />  
</ns:outer>  

Example

次の例は、XML 名前空間プレフィックスをインポートnsします。The following example imports the XML namespace prefix ns. 名前空間プレフィックスを使用し、要素の最終的なフォームを表示する XML リテラルが作成されます。It then creates an XML literal that uses the namespace prefix and displays the element's final form.

' Place Imports statements at the top of your program.  
Imports <xmlns:ns="http://SomeNamespace">

Class TestClass1

    Shared Sub TestPrefix()
        ' Create test using a global XML namespace prefix. 
        Dim inner2 = <ns:inner2/>

        Dim test = 
        <ns:outer>
            <ns:middle xmlns:ns="http://NewNamespace">
                <ns:inner1/>
                <%= inner2 %>
            </ns:middle>
        </ns:outer>

        ' Display test to see its final form. 
        Console.WriteLine(test)
    End Sub

End Class

このコードを実行すると、次のテキストが表示されます。This code displays the following text:

<ns:outer xmlns:ns="http://SomeNamespace">  
  <ns:middle xmlns:ns="http://NewNamespace">  
    <ns:inner1 />  
    <inner2 xmlns="http://SomeNamespace" />  
  </ns:middle>  
</ns:outer>  

コンパイラが、ローカル プレフィックス定義へのグローバル プレフィックスから XML 名前空間プレフィックスを変換されたことに注意してください。Notice that the compiler converted the XML namespace prefix from a global prefix to a local prefix definition.

Example

次の例は、XML 名前空間プレフィックスをインポートnsします。The following example imports the XML namespace prefix ns. その後、この名前空間のプレフィックスを使用して XML リテラルを作成し、修飾名 ns:name を持つ最初の子ノードにアクセスします。It then uses the prefix of the namespace to create an XML literal and access the first child node with the qualified name ns:name.

Imports <xmlns:ns = "http://SomeNamespace"> 
 
Class TestClass4

    Shared Sub TestPrefix()
        Dim contact = <ns:contact>
                        <ns:name>Patrick Hines</ns:name>
                      </ns:contact>
        Console.WriteLine(contact.<ns:name>.Value)
    End Sub

End Class

このコードを実行すると、次のテキストが表示されます。This code displays the following text:

Patrick Hines

関連項目See also