LINQ to XML (Visual Basic)LINQ to XML (Visual Basic)

LINQ to XML には、.NET 統合言語クエリ (LINQ) フレームワークを利用したメモリ内 XML プログラミング インターフェイスが用意されています。LINQ to XML provides an in-memory XML programming interface that leverages the .NET Language-Integrated Query (LINQ) Framework. LINQ to XML は、最新の .NET Framework 言語機能を利用しており、更新および再設計されたドキュメント オブジェクト モデル (DOM) XML プログラミング インターフェイスと同等の機能を備えています。LINQ to XML uses the latest .NET Framework language capabilities and is comparable to an updated, redesigned Document Object Model (DOM) XML programming interface.

LINQ ファミリのテクノロジを使用することで、オブジェクト (LINQ to Objects)、リレーショナル データベース ()、XML (LINQ to SQL)、XML (LINQ to XML) に対して一貫した方法でクエリを利用できます。The LINQ family of technologies provides a consistent query experience for objects (LINQ to Objects), relational databases (LINQ to SQL), and XML (LINQ to XML).

このセクションの内容In this Section

はじめに (LINQ to XML)Getting Started (LINQ to XML)
System.Xml.Linq クラスの概念や概要など、LINQ to XML に関する概要を説明します。Provides introductory information about LINQ to XML, including a conceptual overview and an overview of the System.Xml.Linq classes.

プログラミング ガイド (LINQ to XML) (Visual Basic)Programming Guide (LINQ to XML) (Visual Basic)
LINQ to XML を使用したプログラミングに関する概念と方法について説明します。Provides conceptual and how-to information about programming with LINQ to XML.

リファレンス (LINQ to XML)Reference (LINQ to XML)
LINQ to XML の管理に関するリファレンス ドキュメントについて説明します。Provides pointers to the LINQ to XML managed reference documentation.

関連項目See also