方法: 構造体 (Visual Basic) を宣言します。How to: Declare a Structure (Visual Basic)

構造体の宣言を開始する、 Structure ステートメント、それを終了して、End Structureステートメント。You begin a structure declaration with the Structure Statement, and you end it with the End Structure statement. これら 2 つのステートメントの間で、少なくとも 1 つを宣言する必要があります要素します。Between these two statements you must declare at least one element. 任意のデータ型の要素ができますが、非共有変数または非共有の非カスタム イベントのいずれかに少なくとも 1 つである必要があります。The elements can be of any data type, but at least one must be either a nonshared variable or a nonshared, noncustom event.

構造体の宣言で構造体の要素を初期化することはできません。You cannot initialize any of the structure elements in the structure declaration. 構造型の変数を宣言するときに、要素に、変数を通じてアクセスすることにより値を割り当てます。When you declare a variable to be of a structure type, you assign values to the elements by accessing them through the variable.

構造体とクラス間の違いの詳細については、次を参照してください。構造体とクラスします。For a discussion of the differences between structures and classes, see Structures and Classes.

デモンストレーションを目的として、従業員の名前、電話の拡張機能と給与を追跡する必要がある状況を検討してください。For demonstration purposes, consider a situation where you want to keep track of an employee's name, telephone extension, and salary. 構造体を使用すると、1 つの変数でこれを行うことができます。A structure allows you to do this in a single variable.

構造体を宣言するにはTo declare a structure

  1. 最初と最後のステートメントの構造を作成します。Create the beginning and ending statements for the structure.

    使用して、構造体のアクセス レベルを指定することができます、パブリックProtectedフレンド、またはプライベートキーワード、またはことことができます既定でPublicします。You can specify the access level of a structure using the Public, Protected, Friend, or Private keyword, or you can let it default to Public.

    Private Structure employee  
    End Structure  
    
  2. 構造体の本文には、要素を追加します。Add elements to the body of the structure.

    構造体には、少なくとも 1 つの要素が必要です。A structure must have at least one element. すべての要素を宣言し、アクセス レベルを指定する必要があります。You must declare every element and specify an access level for it. 使用する場合、 Dim ステートメント、キーワードを指定せずに既定でアクセシビリティPublicします。If you use the Dim Statement without any keywords, the accessibility defaults to Public.

    Private Structure employee  
        Public givenName As String  
        Public familyName As String  
        Public phoneExtension As Long  
        Private salary As Decimal  
        Public Sub giveRaise(raise As Double)  
            salary *= raise  
        End Sub  
        Public Event salaryReviewTime()  
    End Structure  
    

    salaryフィールドが前の例でPrivate、つまりは外側のクラスからでも、構造体の外部アクセスできません。The salary field in the preceding example is Private, which means it is inaccessible outside the structure, even from the containing class. ただし、giveRaiseプロシージャがPublicので、構造体の外側から呼び出すことができます。However, the giveRaise procedure is Public, so it can be called from outside the structure. 同様に、増やすことができます、salaryReviewTime構造の外からのイベント。Similarly, you can raise the salaryReviewTime event from outside the structure.

    変数に加えてSubプロシージャ、およびイベント、定数を定義することもできます。Functionプロシージャ、および構造のプロパティ。In addition to variables, Sub procedures, and events, you can also define constants, Function procedures, and properties in a structure. として最大で 1 つのプロパティを指定することができます、プロパティの既定、少なくとも 1 つの引数を受け取る。You can designate at most one property as the default property, provided it takes at least one argument. イベントを処理することができます、 Shared Subプロシージャ。You can handle an event with a SharedSub procedure. 詳細については、「方法 :宣言し、Visual Basic では、既定のプロパティを呼び出すします。For more information, see How to: Declare and Call a Default Property in Visual Basic.

関連項目See also