方法: プロシージャに引数を渡す (Visual Basic)How to: Pass Arguments to a Procedure (Visual Basic)

プロシージャを呼び出すときは、プロシージャ名の後に、かっこで囲んだ引数リストを追加します。When you call a procedure, you follow the procedure name with an argument list in parentheses. プロシージャで定義されているすべての必須パラメーターに対応する引数を指定します。また、必要に応じて Optional パラメーターに引数を指定することもできます。You supply an argument corresponding to every required parameter the procedure defines, and you can optionally supply arguments to the Optional parameters. 呼び出しに Optional パラメーターを指定しない場合に、後続の引数を指定するのであれば、引数リスト内にコンマを含めてその位置をマークする必要があります。If you do not supply an Optional parameter in the call, you must include a comma to mark its place in the argument list if you are supplying any subsequent arguments.

対応するパラメーターとは異なるデータ型の引数 (Byte など) を String に渡す場合は、型チェック スイッチ (Option Strict ステートメント) を Off に設定できます。If you intend to pass an argument of a data type different from that of its corresponding parameter, such as Byte to String, you can set the type-checking switch (Option Strict Statement) to Off. Option StrictOn の場合は、拡大変換または明示的な変換キーワードのいずれかを使用する必要があります。If Option Strict is On, you must use either widening conversions or explicit conversion keywords. 詳細については、「拡大変換と縮小変換」および「データ型変換関数」を参照してください。For more information, see Widening and Narrowing Conversions and Type Conversion Functions.

詳細については、「プロシージャのパラメーターと引数」を参照してください。For more information, see Procedure Parameters and Arguments.

プロシージャに 1 つ以上の引数を渡すにはTo pass one or more arguments to a procedure

  1. 呼び出し元のステートメントで、プロシージャ名の後にかっこを付けます。In the calling statement, follow the procedure name with parentheses.

  2. かっこ内に引数リストを入力します。Inside the parentheses, put an argument list. プロシージャによって定義される必須パラメーターごとに引数を含め、引数をコンマで区切ります。Include an argument for each required parameter the procedure defines, and separate the arguments with commas.

  3. 各引数が、対応するパラメーターに対してプロシージャによって定義される型に変換できるデータ型に評価される、有効な式であることを確認します。Make sure each argument is a valid expression that evaluates to a data type convertible to the type the procedure defines for the corresponding parameter.

  4. パラメーターが省略可能として定義されている場合は、引数リストに追加するか、または省略することができます。If a parameter is defined as Optional, you can either include it in the argument list or omit it. 省略した場合、プロシージャでは、そのパラメーターに対して定義された既定値が使用されます。If you omit it, the procedure uses the default value defined for that parameter.

  5. Optional パラメーターの引数を省略していて、パラメーター リスト内に後続の別のパラメーターがある場合は、引数リスト内の省略された引数の位置を追加のコンマでマークします。If you omit an argument for an Optional parameter and there is another parameter after it in the parameter list, you can mark the place of the omitted argument by an extra comma in the argument list.

    次の例では、Visual Basic MsgBox 関数を呼び出します。The following example calls the Visual Basic MsgBox function.

    Dim mbResult As MsgBoxResult
    Dim displayString As String = "Show this string to the user"
    mbResult = MsgBox(displayString, , "Put this in the title bar")
    

    前の例では、必要な最初の引数が指定されています。これは、表示されるメッセージ文字列です。The preceding example supplies the required first argument, which is the message string to be displayed. メッセージ ボックスに表示するボタンを指定する、省略可能な 2 番目のパラメーターの引数は省略されています。It omits an argument for the optional second parameter, which specifies the buttons to be displayed on the message box. 呼び出しで値が指定されていないため、MsgBox では既定値の MsgBoxStyle.OKOnly が使用されます。これにより、 [OK] ボタンのみが表示されます。Because the call does not supply a value, MsgBox uses the default value, MsgBoxStyle.OKOnly, which displays only an OK button.

    引数リスト内の 2 番目のコンマは、省略された 2 番目の引数の位置をマークするもので、最後の文字列は、省略可能な 3 番目のパラメーター MsgBox (タイトル バーに表示されるテキスト) に渡されます。The second comma in the argument list marks the place of the omitted second argument, and the last string is passed to the optional third parameter of MsgBox, which is the text to be displayed in the title bar.

関連項目See also