プロシージャのパラメーターと引数 (Visual Basic)Procedure Parameters and Arguments (Visual Basic)

ほとんどの場合、プロシージャには、呼び出されたときの状況に関する情報が必要があります。In most cases, a procedure needs some information about the circumstances in which it has been called. 繰り返される、または共有のタスクを実行する手順では、呼び出しごとに異なる情報を使用します。A procedure that performs repeated or shared tasks uses different information for each call. この情報は、変数、定数、および呼び出しでは、プロシージャに渡す式で構成されます。This information consists of variables, constants, and expressions that you pass to the procedure when you call it.

Aパラメータープロシージャには、このメソッドを呼び出すときに指定することが期待される値を表します。A parameter represents a value that the procedure expects you to supply when you call it. プロシージャの宣言では、そのパラメーターを定義します。The procedure's declaration defines its parameters.

パラメーターなし、1 つのパラメーター、または 1 つ以上のプロシージャを定義できます。You can define a procedure with no parameters, one parameter, or more than one. パラメーターを指定するプロシージャの定義の一部と呼ばれる、パラメーター リストします。The part of the procedure definition that specifies the parameters is called the parameter list.

引数プロシージャを呼び出すときにプロシージャのパラメーターに指定した値を表します。An argument represents the value you supply to a procedure parameter when you call the procedure. プロシージャを呼び出すときに、呼び出し元のコードは、引数を提供します。The calling code supplies the arguments when it calls the procedure. 引数を指定するプロシージャの呼び出しの一部と呼ばれる、引数リストします。The part of the procedure call that specifies the arguments is called the argument list.

次の図は、プロシージャを呼び出すコードsafeSquareRoot2 つの異なる場所からします。The following illustration shows code calling the procedure safeSquareRoot from two different places. 最初の呼び出しは、変数の値を渡しますx(4.0) パラメーターにnumberとで戻り値root(2.0)、変数に割り当てられているyします。The first call passes the value of the variable x (4.0) to the parameter number, and the return value in root (2.0) is assigned to the variable y. 2 番目の呼び出しにリテラル値 9.0 を通過するnumber、戻り値 (3.0) を変数に代入とzします。The second call passes the literal value 9.0 to number, and assigns the return value (3.0) to variable z.

パラメーターに引数を渡すことを示す図

詳細については、次を参照してください。の相違点の間でパラメーターと引数します。For more information, see Differences Between Parameters and Arguments.

パラメーターのデータ型Parameter Data Type

使用して、パラメーターのデータ型を定義する、As宣言内の句。You define a data type for a parameter by using the As clause in its declaration. たとえば、次の関数は、文字列と整数を受け取ります。For example, the following function accepts a string and an integer.

Function appointment(ByVal day As String, ByVal hour As Integer) As String
    ' Insert code to return any appointment for the given day and time.
    Return "appointment"
End Function

型チェック スイッチの場合 (Option Strict ステートメント) はOff,Asする点を除いて、すべてのパラメーターがそれを使用する必要があります、1 つのパラメーターで使用する場合、句は省略可能でします。If the type checking switch (Option Strict Statement) is Off, the As clause is optional, except that if any one parameter uses it, all parameters must use it. 型チェックが場合OnAs句がすべてのプロシージャのパラメーターが必要です。If type checking is On, the As clause is required for all procedure parameters.

呼び出し元のコードがなど、対応するパラメーターの異なるデータ型の引数を指定するかどうかはByteStringパラメーターを次のいずれかの操作にする必要があります。If the calling code expects to supply an argument with a data type different from that of its corresponding parameter, such as Byte to a String parameter, it must do one of the following:

  • パラメーターのデータ型に拡大変換するデータ型の引数だけを渡すSupply only arguments with data types that widen to the parameter data type;

  • 設定Option Strict Off暗黙的な縮小変換を許可するか、Set Option Strict Off to allow implicit narrowing conversions; or

  • 変換キーワードを使用して、データ型を明示的に変換します。Use a conversion keyword to explicitly convert the data type.

型パラメーターType Parameters

Aジェネリック プロシージャも 1 つまたは複数定義しますパラメーター入力だけでなく、通常のパラメーター。A generic procedure also defines one or more type parameters in addition to its normal parameters. ジェネリック プロシージャでは、個々 の呼び出しの要件をデータ型を調整できるように、プロシージャを呼び出すたびに異なるデータ型を渡すコードの呼び出しを許可します。A generic procedure allows the calling code to pass different data types each time it calls the procedure, so it can tailor the data types to the requirements of each individual call. Generic Procedures in Visual Basic」を参照してください。See Generic Procedures in Visual Basic.

関連項目See also