宣言する XML 要素と属性の名前 (Visual Basic)Names of Declared XML Elements and Attributes (Visual Basic)

このトピックでは、XML リテラルで XML 要素と属性に名前を付けるための Visual Basic ガイドラインを示します。This topic provides Visual Basic guidelines for naming XML elements and attributes in XML literals. XML リテラルでは、ローカル名を指定することも修飾名を指定することもできます。In an XML literal, you can specify a local name or a qualified name. 修飾名は、XML 名前空間プレフィックス、コロン、およびローカル名から成ります。A qualified name consists of an XML namespace prefix, a colon, and a local name. XML 名前空間プレフィックスの詳細については、「XML 要素リテラル」を参照してください。For more information about XML namespace prefixes, see XML Element Literal.

ルールRules

Visual Basic での要素または属性のローカル名は、次の規則に従う必要があります。A local name of an element or attribute in Visual Basic must adhere to the following rules.

  • 名前空間で始めることができます。It can begin with a namespace. 先頭は英文字またはアンダースコア (_) にする必要があります。It must begin with an alphabetical character or an underscore (_).

  • アルファベット文字、10 進数字、アンダースコア、ピリオド (.)、ハイフン (-) のみを含める必要があります。It must contain only alphabetical characters, decimal digits, underscores, periods (.), and hyphens (-).

  • 文字の長さは 1,024 文字以内とする必要があります。It must not be more than 1,024 characters long.

  • 名前に表示されるコロンは、名前空間の境界を示します。Colons that appear in names indicate namespace demarcation. したがって、コロンを使用できるのは、特定の名前の XML 名前空間を指定する場合のみとなります。Therefore, you can use colons only to specify an XML namespace for a particular name.

さらに、次のガイドラインに従う必要があります。In addition, you should adhere to the following guideline.

  • XML 1.0 仕様では、文字列 "xml" の大文字小文字のどのバリエーションで始まる名前もすべて予約されています。The XML 1.0 specification reserves all names starting with the string "xml", of any capitalization variation. したがって、要素名と属性名にはこれらの名前を使用しないでください。Therefore, do not use those names for your element and attribute names.

名前の長さのガイドラインName Length Guidelines

現実問題として、名前は、可能な限り短くしながらも、要素の性質を明確に特定するものにする必要があります。As a practical matter, a name should be as short as possible while still clearly identifying the nature of the element. これにより、コードの読みやすさが向上し、行の長さとソース ファイルのサイズが減少します。This improves the readability of your code and reduces line length and source-file size.

ただし、要素について、またコードでのその使用方法について適切に説明できないような短い名前にはしないでください。However, your name should not be so short that it does not adequately describe the element or how your code uses it. これはコードの読みやすさのために重要です。This is important for the readability of your code. 他の誰かが理解しようとするとき、または自分自身がそれを記述して長い時間が経過してからそれを見た場合に、適切な要素名であれば時間を節約できます。If somebody else is trying to understand it, or if you yourself are looking at it a long time after you wrote it, appropriate element names can save time.

名前の大文字と小文字の区別Case Sensitivity in Names

XML 要素名では大文字と小文字が区別されます。XML element names are case sensitive. つまり、英字の大文字と小文字の違いしかない 2 つの名前を比較した場合、Visual Basic コンパイラではそれらを異なる名前と解釈します。This means that when the Visual Basic compiler compares two names that differ in alphabetical case only, it interprets them as different names. たとえば、ABCabc は別々の要素を示していると解釈されます。For example, it interprets ABC and abc as referring to separate elements.

XML 名前空間XML Namespaces

XML 要素リテラルを作成するときに、要素名に XML 名前空間プレフィックスを指定できます。When creating an XML element literal, you can specify the XML namespace prefix for the element name. 詳細については、「XML 要素リテラル」を参照してください。For more information, see XML Element Literal.

関連項目See also