方法: コマンド ライン コンパイラを起動する (Visual Basic)How to: Invoke the Command-Line Compiler (Visual Basic)

コマンド ライン コンパイラを起動するには、実行可能ファイルの名前をコマンド ライン (MS-DOS プロンプトとも呼ばれます) に入力します。You can invoke the command-line compiler by typing the name of its executable file into the command line, also known as the MS-DOS prompt. 既定の Windows コマンド プロンプトからコンパイルする場合は、実行可能ファイルへの完全修飾パスを入力する必要があります。If you compile from the default Windows Command Prompt, you must type the fully qualified path to the executable file. この既定の動作をオーバーライドするには、Visual Studio の開発者コマンド プロンプトを使用するか、または PATH 環境変数を変更します。To override this default behavior, you can either use the Developer Command Prompt for Visual Studio, or modify the PATH environment variable. どちらの方法でも、コンパイラ名を入力するだけで、任意のディレクトリからコンパイルすることができます。Both allow you to compile from any directory by simply typing the compiler name.

注意

次の手順で参照している Visual Studio ユーザー インターフェイス要素の一部は、お使いのコンピューターでは名前や場所が異なる場合があります。Your computer might show different names or locations for some of the Visual Studio user interface elements in the following instructions. これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。The Visual Studio edition that you have and the settings that you use determine these elements. 詳細については、「IDE をカスタマイズする」をご覧ください。For more information, see Personalizing the IDE.

Visual Studio の開発者コマンド プロンプトを使用してコンパイラを起動するにはTo invoke the compiler using the Developer Command Prompt for Visual Studio

  1. Microsoft Visual Studio プログラム グループ内の Visual Studio Tools プログラム フォルダーを開きます。Open the Visual Studio Tools program folder within the Microsoft Visual Studio program group.

  2. Visual Studio がインストールされている場合は、Visual Studio の開発者コマンド プロンプトを使用して、ご使用のマシン上の任意のディレクトリからコンパイラにアクセスできます。You can use the Developer Command Prompt for Visual Studio to access the compiler from any directory on your machine, if Visual Studio is installed.

  3. Visual Studio の開発者コマンド プロンプトを呼び出します。Invoke the Developer Command Prompt for Visual Studio.

  4. コマンド ラインで「vbc.exe sourceFileName」と入力し、Enter キーを押します。At the command line, type vbc.exe sourceFileName and then press ENTER.

    たとえば、ソース コードを SourceFiles という名前のディレクトリに保存した場合は、コマンド プロンプトを開き「cd SourceFiles」と入力して、そのディレクトリに変更します。For example, if you stored your source code in a directory called SourceFiles, you would open the Command Prompt and type cd SourceFiles to change to that directory. ディレクトリに Source.vb という名前のソース ファイルが含まれている場合は、「vbc.exe Source.vb」と入力してコンパイルできます。If the directory contained a source file named Source.vb, you could compile it by typing vbc.exe Source.vb.

Windows のコマンド プロンプト用のコンパイラに PATH 環境変数を設定するにはTo set the PATH environment variable to the compiler for the Windows Command Prompt

  1. Windows 検索機能を使用して、ローカル ディスクで Vbc.exe を検索します。Use the Windows Search feature to find Vbc.exe on your local disk.

    コンパイラが配置されているディレクトリの正確な名前は、Windows ディレクトリの場所とインストールされている ".NET Framework" のバージョンによって異なります。The exact name of the directory where the compiler is located depends on the location of the Windows directory and the version of the ".NET Framework" installed. ".NET Framework" の複数のバージョンがインストールされている場合は、使用するバージョン (通常は最新バージョン) を決定する必要があります。If you have more than one version of the ".NET Framework" installed, you must determine which version to use (typically the latest version).

  2. [スタート] メニューから、 [マイ コンピューター] を右クリックし、ショートカット メニューから [プロパティ] をクリックします。From your Start Menu, right-click My Computer, and then click Properties from the shortcut menu.

  3. [詳細設定] タブをクリックし、 [環境変数] をクリックします。Click the Advanced tab, and then click Environment Variables.

  4. [システム変数] ペインで、一覧から [パス] を選択し、 [編集] をクリックします。In the System variables pane, select Path from the list and click Edit.

  5. [システム変数の編集] ダイアログ ボックスで、挿入ポイントを [変数値] フィールドの文字列の末尾に移動し、セミコロン (;) の後に手順 1 で見つかった完全なディレクトリ名を入力します。In the Edit System Variable dialog box, move the insertion point to the end of the string in the Variable Value field and type a semicolon (;) followed by the full directory name found in Step 1.

  6. [OK] をクリックして、編集内容を確認し、ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to confirm your edits and close the dialog boxes.

    PATH 環境変数を変更すると、コンピューター上の任意のディレクトリから Windows コマンド プロンプトで Visual Basic コンパイラを実行できます。After you change the PATH environment variable, you can run the Visual Basic compiler at the Windows Command Prompt from any directory on the computer.

Windows のコマンド プロンプトを使用してコンパイラを起動するにはTo invoke the compiler using the Windows Command Prompt

  1. [スタート] メニューから、 [アクセサリ] フォルダーをクリックし、 [Windows コマンドプロンプト] を開きます。From the Start menu, click on the Accessories folder, and then open the Windows Command Prompt.

  2. コマンド ラインで「vbc.exesourceFileName」と入力し、Enter キーを押します。At the command line, type vbc.exesourceFileName and then press ENTER.

    たとえば、ソース コードを SourceFiles という名前のディレクトリに保存した場合は、コマンド プロンプトを開き「cd SourceFiles」と入力して、そのディレクトリに変更します。For example, if you stored your source code in a directory called SourceFiles, you would open the Command Prompt and type cd SourceFiles to change to that directory. ディレクトリに Source.vb という名前のソース ファイルが含まれている場合は、「vbc.exe Source.vb」と入力してコンパイルできます。If the directory contained a source file named Source.vb, you could compile it by typing vbc.exe Source.vb.

関連項目See also