Microsoft Emulator の使用Use the Microsoft Emulator

重要

この記事では、パブリック プレビュー段階であり、一般公開前に大幅に変更される可能性がある機能とガイダンスについて説明します。This article describes functionality and guidance that is in public preview and may be substantially modified before it's generally available. 本書に記載された情報について、Microsoft は明示または黙示を問わずいかなる保証をするものでもありません。Microsoft makes no warranties, express or implied, with respect to the information provided here.

Windows 10 倍のエミュレーターイメージプレビューで Microsoft Emulator を使用して、物理デバイスなしでアプリをテストします。Use the Microsoft Emulator with the Windows 10X Emulator Image Preview to test your app without a physical device. エミュレーターは開発環境に統合されており、事後の姿勢、ジェスチャ、ヒンジアングル、2つの画面間の継ぎ目を模倣しています。The emulator is integrated into your development environment and simulates postures, gestures, hinge angle, mimicking the seam between the two screens, and more.

アプリをデバッグする方法Ways to debug your app

このドキュメントでは、Microsoft Emulator を使用してアプリケーションを実行およびデバッグするように設定する方法について説明します。This document explains how you can get set up to run and debug applications using the Microsoft Emulator.

Surface Neo およびその他の Windows 10 デバイスは、"開発-" デバイスです。つまり、デスクトップ PC で開発し、デバイスに展開します。The Surface Neo and other Windows 10X devices are "develop-to" devices, meaning that you will develop on your desktop PC and then deploy to the device. これを行うには、エミュレーターを使用する方法と、リモートデバッグを使用する方法の2つの方法があります。You have two options for doing this: using the emulator, or using remote debugging. このドキュメントでは、エミュレーターについて説明します。This document discusses the emulator.

リモートデバッグの詳細については、Visual Studio ドキュメントの「リモートデバッグ」を参照してください。For more information on remote debugging, see Remote Debugging in the Visual Studio documentation. また、このドキュメントの最後に、Win32 コンテナーで実行されるアプリをリモートデバッグするためのヒントが記載されています。There is also a short list of tips at the end of this document for remote debugging of apps that run in the Win32 container.

多くの便利なデバッグ機能を提供するウィンドウデバイスポータルの詳細については、「 Windows デバイスポータルの概要」を参照してください。For information on the Window Device Portal, which provides many useful debugging features, see Windows Device Portal overview.

エミュレーターについてAbout the emulator

Microsoft Emulator preview では、Windows 10 の物理デバイスを使用せずに、PC でアプリをテストできます。The Microsoft Emulator preview lets you test apps on your PC without using a physical Windows 10X device. このエミュレーターは、Visual Studio と統合され、デバッグ用のターゲットデバイスになります。The emulator integrates with Visual Studio and becomes a target device for debugging. Visual Studio からアプリを実行すると、エミュレーターが起動し、アプリがデプロイされます。When you run your app from Visual Studio, the emulator starts and your app is deployed to it.

エミュレーターツールバーEmulator toolbar

エミュレーターには、機能するボリュームと電源ボタンがあります。The emulator has volume and power buttons that work. 音量ボタンは、オーディオ出力を制御します。The volume buttons will control the audio output. [電源] ボタンを使用すると、エミュレーターを再起動しなくても OS を再利用できます。The power button lets you re-cycle the OS without restarting the emulator.

エミュレーターツールバーを使用すると、デバイスでサポートされているさまざまな入力モード (マウス、タッチ、マルチタッチ、インク) を選択できます。The emulator toolbar lets you to choose the various input modes supported by the device – mouse, touch, multi-touch, and ink. ツールバーを使用して、エミュレーターの向きをすばやく変更できます。You can use the toolbar to quickly change the orientation of the emulator.

Microsoft エミュレーターツールバー

その他のツールAdditional tools

ツールバーの下部にあるシェブロンを開くと、[追加のツール] ウィンドウが開きます。The chevron at the bottom of the toolbar opens the Additional Tools window. このウィンドウには、エミュレーターのさまざまな機能をサポートするタブが含まれています。This window contains tabs that provide support for various features of the emulator.

診断Diagnostics

[診断] タブには、Windows デバイスポータルに使用する IP アドレスが表示されます。The Diagnostics tab provides the IP address to use for the Windows Device Portal. IP アドレスのハイパーリンクをクリックして起動することができます。You can click the IP address hyperlink to launch it. このタブは、エミュレーターが仮想 GPU を検出したかどうかも示します。This tab also indicates whether or not the emulator detects a virtual GPU.

[その他のツール] [診断] タブ

ネットワークNetwork

[ネットワーク] タブには、接続の問題を診断する際に役立つネットワーク構成が表示されます。The Network tab provides the networking configuration, which is useful when diagnosing connection problems.

[その他のツール] [ネットワーク] タブ

[方向]Orientation

[方向] タブには、アプリと OS がさまざまな向きでどのように動作するかを確認するための3D モデルが用意されています。The Orientation tab provides a 3D model for you to see how your app and the OS behaves in many different orientations.

[その他のツールの向き] タブ

ScreenshotScreenshot

[スクリーンショット] タブでは、簡単にスクリーンショットを取得し、ホストコンピューターに保存できます。The Screenshot tab lets you easily take a screen shot and save it to the host machine.

その他のツールのスクリーンショットタブ

Microsoft Emulator ManagerMicrosoft Emulator Manager

エミュレーターマネージャーは、コンピューターにインストールされているすべての Microsoft エミュレーターを一覧表示する開発者ツールです。The Emulator Manager is a developer tool that lists all the Microsoft Emulators installed on your machine. その状態を確認し、Visual Studio とは関係なく、特定のエミュレーターを起動することができます。It allows you to see their status, and start a given emulator independent of Visual Studio. エミュレーターマネージャーは、[スタート] メニューの [ Microsoft Emulator ] エントリから起動できます。You can start the Emulator Manager from the Microsoft Emulator entry in the Start menu.

[その他のツール] [ネットワーク] タブ

また、エミュレーターのさまざまな設定を構成することもできます。You can also configure various settings for an emulator. 選択したエミュレーターイメージエントリの 編集 ボタンをクリックして、エミュレーターデバイスの編集 ウィンドウを開きます。Click the Edit button on the selected emulator image entry to open the Edit Emulator Device window. Windows 10 の場合、イメージは4GB の ram を使用するように事前構成されています。For Windows 10X, the images are pre-configured to use 4GB of ram. エミュレーターの応答性を向上させるには、メモリが許可されるようにこれを増やすことをお勧めします。To improve the responsiveness of the emulator, we recommend increasing this as your memory allows.

[その他のツール] [ネットワーク] タブ

エミュレーターとイメージをアンインストールするUninstall the emulator and images

各エミュレーターイメージは数ギガバイトです。Each emulator image is several gigabytes. ディスク領域を解放する必要がある場合は、アプリ の 設定 アプリでダウンロードしたイメージをアンインストールできます。If you need to free up disk space, you can uninstall downloaded images in the Settings app, under Apps. アプリの一覧で [Microsoft Emulator] を見つけて、[詳細オプション] をクリックします。Find Microsoft Emulator in the app list and click Advanced Options.

設定内のエミュレーターアプリの一覧

この詳細オプションページの下部に、エミュレーターイメージが表示されます。At the bottom of this advanced options page, you'll find your emulator images. イメージの下にある [アンインストール] をクリックして削除します。Just click "Uninstall" under an image to remove it.

エミュレーターアプリの下に一覧表示されるオプションのパッケージ

UWP アプリのデバッグDebug UWP apps

Visual Studio 2019 16.5 以降Visual Studio 2019 16.5 or later

Microsoft Emulator と Windows 10 倍のエミュレーターイメージをインストールした後、最新の Visual Studio 2019 (バージョン16.5 以降) は、エミュレーターがインストールされていることを認識します。After you've installed the Microsoft Emulator and Windows 10X Emulator Image, the latest Visual Studio 2019 (version 16.5 or later) recognizes that the emulator is installed. これは、[デバッグターゲット] ドロップダウンメニューからターゲットにすることができます。You can target it from the Debugging target drop down menu. その後、Visual Studio によってアプリがエミュレーターに配置され、起動して、デバッガーがアタッチされます。Visual Studio will then deploy the app to the emulator, launch it, and attach a debugger.

エミュレーターターゲットを表示している Visual Studio デバッグターゲットドロップダウン

以前のバージョンの Visual StudioEarlier versions of Visual Studio

Visual Studio 2017 または 2019 (バージョン16.4 以前) を使用している場合は、Microsoft エミュレーターマネージャーでエミュレーターイメージを選択し、[Visual Studio 統合の追加] ボタンをクリックしてから、Visual Studio を再起動します。If you're using Visual Studio 2017 or 2019 (version 16.4 or earlier), select the emulator image in Microsoft Emulator Manager, click the "Add Visual Studio Integration" button, then restart Visual Studio. これを行うには、管理者権限が必要です。You'll need admin rights to do this. Visual Studio でエミュレーターのドロップダウンが予期したとおりに動作しない場合は、エミュレーターマネージャーの [ツール] メニューからドロップダウンをオフにしてみてください。If you have trouble with the emulator drop-down in Visual Studio not behaving as expected, try clearing the drop-down from the Tools menu in Emulator Manager.

リモートデバイスとしてターゲットを設定することにより、エミュレーターを対象にすることもできます。You can also target the emulator by targeting it as a remote device. この構成の詳細については、「 Msix パッケージアプリ」セクションを参照してください。This configuration is detailed in the MSIX packaged apps section.

Win32 アプリのデバッグDebug Win32 apps

MSIX パッケージアプリMSIX packaged apps

Windows 10 で Win32 アプリを開発する場合は、MSIX パッケージ形式を使用することをお勧めします。これにより、アプリのデバッグと配布を簡単に行うことができます。The recommended solution for developing Win32 apps on Windows 10X is the MSIX packaging format, which makes it easy to both debug and distribute your apps. Msix パッケージは、Visual Studio で既に使用されているものC#とC++同じ言語をサポートしています。これには、、、Visual Basic が含まれます。MSIX packages support the same languages you already work with in Visual Studio, including C#, C++, and Visual Basic. MSIX パッケージ形式の詳細については、 Msix のドキュメントを参照してください。For more info about the MSIX packaging format, see the MSIX documentation.

Windows アプリケーションパッケージプロジェクトと共に配置されたアプリケーションをデバッグするには、エミュレーターをリモートデバッグターゲットとして扱う必要があります。To debug applications deployed with the Windows Application Packaging project, you will need to treat the emulator as a remote debugging target.

  • 最初に、エミュレーターマネージャーから IP アドレスを取得します。First, get the IP Address from the Emulator Manager. これを選択して、アプリの通常のテキストとしてコピーできます。You can select and copy this as normal text from the app.

エミュレーターの IP アドレスを示すエミュレーターマネージャー

  • パッケージプロジェクトの [プロジェクトのプロパティ] で、次のようにします。In the Project Properties of the packaging project:
    • [デバッグ] タブの [開始オプション] セクションを検索します。Find the "Start options" section on the Debug tab.
    • _ターゲットデバイス_をリモートコンピューターに設定します。Set the Target device to Remote Machine.
    • エミュレーターの IP アドレスを入力します。Enter the IP address of the emulator.
    • _認証モード_をUniversalに設定します。Set the Authentication Mode to Universal.

3つの設定を表示するプロジェクトプロパティのパッケージ化

  • F5 キーを押して、実行中のエミュレーターにアプリケーションを配置し、追加の手順を行わずにデバッグをフックします。Press F5 to deploy the application to a running emulator and hook up debugging without additional steps.

パッケージ化されていないアプリNon-packaged apps

MSIX パッケージを使用しないアプリをデバッグしている場合は、Visual Studio リモートデバッガーを使用する必要があります。If you're debugging an app that doesn't use MSIX packaging, you need to use the Visual Studio Remote Debugger. 情報とダウンロードのリンクについては、「リモートデバッグ」ページを参照してください。For info and download links, see the Remote Debugging page. ご使用の Visual Studio のバージョンに適したリモートデバッガーを使用してください。Make sure to use the right remote debugger for your version of Visual Studio. デバッガーは、開発用コンピューターではなく、エミュレーターにインストールする必要があります。The debugger needs to be installed in the emulator, not on your development machine.

Windows 10 にデバッガーをインストールしたら、[スタート] メニューから起動します。Once you've installed the debugger in Windows 10X, launch it from the Start menu. ツール > オプション で、認証なし を選択し、すべてのユーザーにデバッグを許可する の横のチェックボックスをオンにします。Under Tools > Options, select No Authentication and check the box next to Allow any user to debug.

匿名構成を示すリモートデバッガープロパティ

また、信頼されていないアプリケーションが Win32 コンテナーで実行されるようにするには、Windows 10 を構成する必要があります。You also need to configure Windows 10X to allow untrusted applications to run in the Win32 container. この設定は [アプリ] の下にあります。This setting is under Apps. [検証済みおよび信頼できるアプリからすべてのアプリにインストールするアプリを選択してください] のドロップダウンリストを変更します (推奨しません)Change the dropdown under Choose which apps to install from Verified and reputable apps to All apps (not recommended).

C++ プロジェクトC++ projects

パッケージ化C++されていないプロジェクトでは、Visual Studio C++プロジェクトシステムに組み込まれているリモートデバッグ機能を使用する必要があります。Non-packaged C++ projects should use the remote debugging feature built into the Visual Studio C++ project system. この構成は、Visual Studio 2017 と2019の両方でサポートされています。This config is supported on both Visual Studio 2017 and 2019.

  • エミュレーターを起動し、Windows デバイスポータル (WDP) を開きます。Launch the emulator and open Windows Device Portal (WDP). WDP を起動するためのリンクは、エミュレーターの [その他のツール] ウィンドウの [診断] タブにあります。The link to launch WDP is in the Diagnostics tab of the emulator's Additional Tools window.

  • WDP のナビゲーションメニューから [エクスプローラー] を選択します。Select File explorer from the navigation menu in WDP.

  • DevelopmentFilesという名前のフォルダーをクリックします。Click the folder named DevelopmentFiles. これは、プロジェクトがデバッグのために配置される場所です。This is where your project is deployed for debugging.

  • [ディレクトリパス] に、このフォルダーの完全なパスが表示されます。Under Directory path, you'll see the full path of this folder. この値をコピーして貼り付けます。Copy and paste this value.

    wdp 完全なディレクトリパスを表示しています

  • ソリューションでC++プロジェクトを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。In your solution, right-click your C++ project and select Properties.

  • [デバッグ] セクションで、作業ディレクトリ配置ディレクトリの両方を、WDP からコピーしたパスに設定します。Under the Debugging section, set both Working Directory and Deployment Directory to the path you copied from WDP.

  • Remote Commandをこのパスに、実行可能ファイルの名前を設定します。Set Remote Command to this path, plus the name of your executable.

  • リモートサーバー名を、実行中のエミュレーターの IP アドレスに設定します。Set Remote Server Name to the IP address of the running emulator.

構成は次の例のようになります。Your configuration should look similar to this example:

c++ デバッグ構成の例

  • C++ C/ > コード生成で、ランタイムライブラリマルチスレッドデバッグ (/MTd) に設定します。Under C/C++ > Code Generation, set Runtime Library to Multi-threaded Debug (/MTd).
  • F5 キーを押して、プロジェクトをリモートデバッガーに配置します。Press F5 to deploy your project to the remote debugger.
    (アプリの [スタート] メニューアイコンは表示されません。(You won't see a Start menu icon for your app. アプリにインストーラーがあると、アプリが正常にインストールされると、開始アイコンが作成されます。Once your app has an installer, a Start icon will be created when the app is installed normally.)

.NET プロジェクト.NET projects

パッケージ化されていない .NET プロジェクトのサポートは近日対応予定です。Support for non-packaged .NET projects is coming soon. それまで、しばらくお待ちください。Stay tuned!

ヒントTips

  • 再起動を回避するために、エミュレーターは稼働したままにします。Leave the emulator up and running to avoid restart. エミュレーターのプレビューは、デスクトップクラスのコンピューターで開始するのに時間がかかります。The emulator preview takes a while to start on a desktop class machine.
  • エミュレーターのWindows デバイスポータルを使用して、次のことを行います。Use the emulator's Windows Device Portal to:
    • コンテンツをライブラリと LocalAppData にデプロイします。Deploy content to your libraries and LocalAppData.
    • 実行中のプロセスを管理します。Manage running processes.
    • Win32 コンテナー内のリモートデバッグアプリ。Remote debug apps in Win32 containers.
  • [電源] ボタンを使用すると、エミュレーターを再起動するよりも "再起動" が速くなり、エミュレーター内にインストールしたものなど、状態が失われることはありません。You can use the power button to "reboot" faster than restarting the emulator and you won't lose your state, such as things you've installed inside the emulator.
  • VisualStudio の更新によってエミュレーターが失われる場合があります。これを復元するには、Visual Studio のローカルアプリデータフォルダー (C:\Users\<user>\AppData\Local\Microsoft\VisualStudio\{ad75a28f}\CoreCon) の CoreCon キャッシュを削除します。VisualStudio updates can lose the emulator – to restore it, delete the CoreCon cache in Visual Studio's local app data folder (C:\Users\<user>\AppData\Local\Microsoft\VisualStudio\{ad75a28f}\CoreCon).

エミュレーターでアプリにスパンするSpan your app in the emulator

エミュレーターでアプリをスパンするには、アプリ画面の上部にあるタイトルバーからデバイスの中央にアプリをドラッグします。To span your app in the emulator, drag the app from the title bar at the top of the app screen towards the middle of the device. 背景が両方の画面でぼやけている場合は、アプリをリリースします。When the background turns blurred across both screens, release the app.

エミュレーターでアプリをスパンする手順

バグとフィードバックの送信Submitting bugs and feedback

フィードバックが必要です。We need your feedback! アプリのテスト中に Windows 10 でバグが発生した場合は、エミュレーターのフィードバックハブからフィードバックをお送りください。If you run into bugs in Windows 10X while testing your apps, please file feedback from Feedback Hub in the emulator. これにより、適切なログとその他のトラブルシューティングデータが収集されます。This will ensure the appropriate logs and other troubleshooting data is collected. Windows 10 からフィードバックを直接送信できない場合は、エミュレーターマネージャーの [ヘルプ] メニューを見て、windows 10 デスクトップ PC のフィードバックハブに移動します。If you can't submit feedback directly from Windows 10X, just look under the Help menu in the emulator manager to jump to Feedback Hub on your Windows 10 desktop PC.

注意

Microsoft Emulator と Windows 10 のエミュレーターイメージは、パブリックプレビューとして提供されています。The Microsoft Emulator and Windows 10X Emulator image are being provided as a public preview. これは、開発者が Windows 10 用のアプリケーションをビルド、テスト、デバッグ、強化するためのアクセス権を開発者に提供し、これらの領域のフィードバックに焦点を当てることができるようにする開発者向けツールの早期リリースです。This is an early release of the developer tools geared towards providing developers access to build, test, debug, and enhance their applications for Windows 10X and focus on feedback in these areas will be prioritized.