システム エンティティ メッセージの編集

適用対象: Dynamics 365 for Customer Engagement (on-premises) アプリ バージョン 9.x

一部のシステム エンティティの既定の表示名は、ユーザー インターフェイスのテキストおよびエラー メッセージで使用されます。 表示名を変更した場合は、既定の表示名を使用するメッセージも更新する必要があります。 たとえば、表示名を "取引先企業" から "会社" に変更した場合は、古い名前を使用するエラー メッセージがまだ表示されます。

ソリューション エクスプローラーでは、エンティティの下にメッセージノードが表示される場合、元のエンティティ表示名への参照を含む特定のテキストを編集できます。 このテキストの編集は簡単です。 メッセージを開くと、次の 3 つのフィールドのあるフォームが表示されます。

フィールド 説明
既定の表示文字列 元のテキストを表示します。
カスタム表示文字列 表示文字列を変更するには、このテキストを編集します。
コメント 任意。 変更内容とその理由に関するコメントが含まれます。

メッセージ テキストの一部にはプレースホルダーを持ったものがあります。 これらのプレースホルダーは、かっこ付きの数値です。 例: {0}。 これらのプレースホルダーにより、テキストをメッセージに挿入できます。 メッセージを編集する場合は、これらのプレースホルダーを保持していることを確認します。

関連項目

エンティティの作成または編集