物理的場所を追加する

地理位置情報 は、オブジェクトの現実世界の物理的位置 ID です。 地理位置情報は、位置合わせのシステムの使用と密接に関係するが、一連の位置調整よりも、意味のある場所 (例、住所) を決定することに重点を置いています。 地理位置情報の通知は、特定の場所の緯度と経度の調整を意味することもあります。

管理フォームは、マップのピンとして既存の場所を表示するかユーザーが場所を特定できるようにするかのマップ コントロールを、表示できるように設定することができます。

フォーム内の位置データ

フォームまたは住所ライン フィールドが編集可能でフィールドが空白な場合は、ページが読み込まれると、ユーザーが自分の位置情報を共有したいかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。 位置の共有を選択すると、マップは現在検出された場所で更新されます。 ユーザーはピンをドラッグすることで、ピンの位置を調整することができます。 ユーザーがそれらの位置を共有しないことを選択すると、提供されたフィールドに手動で場所を指定することができ、マッピング サービスがクエリされ、場所を探し、緯度と経緯を更新し、それに応じて地図上のピンを再配置します。

物理的場所を追加する

位置機能を管理対象フォームに追加するには、次のタスクを完了しなければなりません。

[フォームのカスタマイズ]

フォーム デザイナーを使いながら、Dynamics 365 エンティティ フォームを追加し、次の変更を行います。

  1. 新規セクションを作成し、例えば マップ のような適切なラベルを作ります。 このセクションにはマップが含まれます。
  2. セクション名を、section_map または section_map で終わる名前を設定します。例えば、contoso_section_map です。 この名前は、フォーム エンジンがこの名前のセクションを検索して、いつマップを表示するか決定するため重要です。
  3. 書式設定された住所を格納する新規または既存のフィールドを追加し、前の手順で作成された [マップ] セクションに追加します。
  4. 新規セクションを作成し、例えば 位置 のような適切なラベルを作ります。 このセクションに選択された位置の住所フィールドが含まれます。
  5. 前の手順で作成された [位置] セクションに、必要な住所フィールドを追加します。
    • 住所
    • 市区町村
    • 都道府県
    • 国/地域
    • 郵便番号
    • 緯度
    • 経度

生成されたフォームは次のようになります。 これらのフィールドに異なる表示名を選択できます。 これらのセクションは、任意の方法でレイアウトを選ぶこともできます。

カスタム地理位置情報フォーム

サイトの設定

管理されたフォームのマップ機能を持つ地理位置情報には、マッピング サービス REST エンドポイント でリクエストを完了するための設定が必要です。 次のサイト設定は、位置サービスの設定に使用されます。

Name Value
Bingmaps/credentials Bing マップ API への要求を認証するための一意のキーです。 www.bingmapsportal.com にアクセスして Bing マップ アカウントを作成し、キーを入手します。 必須。
Bingmaps/restURL Bing マップ REST API への URLです。 省略可。 値が特定されない場合は、初期設定 http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Locations が使用されます。

フィールドの構成

マップ コントロールには、さまざまな場所フィールドの IDs が何であるかを示す追加の設定が必要で、それにより値を割り当てたり、値を取得したりすることが可能です。 その構成は、管理されたフォームの種類によって異なります。