ポータルの Web フォーム サブグリッドを構成します

Web フォームのサブグリッドはエンティティ フォームのサブグリッドと同じ方法で構成されます。 まず、サブグリッドがある Web フォーム ステップのメタデータ レコードを作成し、構成メタデータを追加します。

ポータルのマネージド フォームへのサブグリッドの追加は簡単です。—標準の Dynamics 365 フォーム デザイナーを用いて管理している Dynamics 365 フォームにサブグリッドを追加するだけです。 グリッドは Dynamics 365 フォーム デザイナーで指定されているビューを使用し、Dynamics 365 でオプションが選択されている場合は関連するレコードだけを表示しますが、オプションで検索バーを表示し、さらには ポータルのエンティティのアクセス許可 を考慮します。 読み取り専用レコードの一覧を表示する最も簡単な方法です。 作成、更新、削除などのグリッドの操作を有効化するには、メタデータ構成を使用してそれらの操作を構成する必要があります。

サブグリッド メタデータをフォームへ追加する

エンティティ フォームにサブグリッド メタデータを追加するには、作業中の Dynamics 365 ポータルでのエンティティ フォームおよびユーザー定義ロジックの定義レコードの上部のドロップダウンまたはメイン フォーム上のサブグリッドを使用して、[エンティティ フォーム メタデータ] に移動します。

新しいレコードを追加するには、[新しいエンティティ フォーム メタデータを追加] をクリックします。

既存のレコードを編集するには、グリッドのレコードをダブル クリックします。 サブグリッドを種類の値として選択すると、別の属性「サブグリッド名」が表示されます。

名前 内容
サブグリッド名 エンティティの関連 Dynamics 365 フォームのサブグリッドの一意の名前です。

フォーム エディターで [サブグリッド] をダブルクリックすると、プロパティ ウィンドウが表示されます。 この中には、エンティティ フォームのメタデータ レコードの [サブグリッド名] フィールドへの割り当てに使用される [名前] フィールドがあります。

サブグリッド メタデータを追加

有効なサブグリッド名を指定すると、サブグリッド構成の設定が表示されます。 既定では、[基本設定] だけが表示されます。 [詳細設定] を選択して、追加の設定を表示します。

既定では、ほとんどの設定は折りたたまれ、表示領域を節約します。 [] をクリックすると、セクションを展開して追加のオプションを見ることができます。 セクションを折り畳むには [] をクリックします。

属性

名前 内容
基本設定
表示操作 エンティティ セットに適用可能な操作の操作ボタンを追加することができ、それがサブグリッドの上に表示されます。 実行できる操作は次のとおりです。
  • 作成操作
  • ダウンロード操作
  • 関連付け操作
これらのオプション の 1 つをクリックすると、その操作の構成領域が表示されます。 各操作の詳細については、以下を参照してください。
項目の操作 個々のレコードに適用可能なアクションのアクション ボタンを追加することができ、関連する特権が ポータルのエンティティのアクセス許可を使用するレコード ベースのセキュリティの追加 の手順によって許可されていれば、それがサブグリッドの各行に表示されます。 実行できる操作は次のとおりです。
  • 詳細操作
  • 編集操作
  • 削除操作
  • ワークフロー アクション
  • 関連付け解除操作
これらのオプション の 1 つをクリックすると、その操作の構成領域が表示されます。 各操作の詳細については、以下を参照してください。
列属性の上書き グリッド内の個々の列の表示設定を上書きできます。
  • 属性: 上書きする列の論理名。
  • 表示名: 既定の表示名を上書きする新しい列のタイトル
  • 幅: 既定の表示列を上書きする列の (パーセントまたはピクセル単位による) 幅 「グリッド列の幅スタイル」も参照してください。 列の設定を上書きするには、[] をクリックして詳細を入力します。
詳細設定
メッセージの読み込み中 サブグリッドの読み込み中に表示される既定の HTML メッセージを上書きします。
エラー メッセージ サブグリッドの読み込み中にエラーが発生した場合に表示される既定の HTML メッセージを上書きします。
アクセス拒否メッセージ ユーザーがサブグリッドに関連付けられているエンティティの種類を読み込む アクセス許可 を持っていない場合に表示される既定の HTML メッセージを上書きします。
空のメッセージ 関連するサブグリッドにデータがない場合に表示される HTML メッセージを上書きします。
検索ダイアログ ユーザーが [関連付けアクション] を有効化した際に表示されるダイアログの設定を制御します。
詳細フォーム ダイアログ ユーザーが [詳細アクション] を有効化した際に表示されるダイアログの設定を制御します。
フォームの編集ダイアログ ユーザーが [編集アクション] を有効化した際に表示されるダイアログの設定を制御します。
フォームの作成ダイアログ ユーザーが [作成アクション] を有効化した際に表示されるダイアログの設定を制御します。
削除ダイアログ ユーザーが [削除アクション] を有効化した際に表示されるダイアログの設定を制御します。
エラー ダイアログ 操作中にエラーが発生した場合に表示されるダイアログの設定を制御します。
CSS クラス グリッドおよびアクション ボタンを含むサブグリッド領域全体を格納している HTML 要素に適用される CSS クラスを指定します。
グリッドの CSS クラス サブグリッドの HTML <テーブル> 要素に適用される CSS クラスを指定します。
グリッド列の幅スタイル [列属性の上書き] の [] の値が、ピクセルまたはパーセントのどちらの単位で指定されるかを構成します。

作成アクション

[作成アクション] を有効化するとサブグリッドの上にボタンが表示されますが、そのボタンをクリックすると、ユーザーが新規レコードを作成できる エンティティ フォーム のあるダイアログが表示されます。

作成操作の設定

件名 内容
基本設定
エンティティ フォーム 新規レコードの作成に使用される エンティティ フォームおよびユーザー定義ロジック を指定します。 ドロップダウンには、サブグリッドのエンティティ種類用に構成されているすべてのエンティティ フォームが表示されます。
メモ: サブグリッドのエンティティの種類にエンティティ フォームがない場合、ドロップダウンには何も表示されません。 作成操作用のエンティティ フォームが用意されていない場合この操作は無視され、サブグリッドのエンティティ フォームにボタンは表示されません。
詳細設定
ボタンのラベル サブグリッドの上の [作成アクション] ボタンに表示される HTML ラベルを上書きします。
ボタンのツールヒント [作成操作] ボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

作成フォーム ダイアログの (詳細) 設定

件名 内容
メッセージの読み込み中 ダイアログの読み込み中に表示されるメッセージを上書きします。
敬称 ダイアログのタイトル バーに表示される HTML を上書きします
解除ボタン スクリーン リーダー テキスト ダイアログの閉じるボタンに関連付けられるスクリーン リーダーのテキストを指定します。
サイズ 作成フォーム ダイアログのサイズを指定します。 オプションは [既定値]、[大きい]、[小さい] です。 作成フォーム ダイアログの既定サイズは「大」です。
CSS クラス 出力されるダイアログに適用される CSS クラスを指定します。
タイトルの CSS クラス 出力されるダイアログのタイトル バーに適用される CSS クラスを指定します。

ダウンロード アクション

[ダウンロード アクション] を有効化するとサブグリッドの上にボタンが表示されますが、このボタンをクリックすると、サブグリッドから Excel (.xlsx) ファイルにデータをダウンロードします。

ダウンロード アクションの設定

件名 内容
基本設定
なし
詳細設定
ボタンのラベル サブグリッドの上の [ダウンロード アクション] ボタンに表示される HTML ラベルを上書きします。
ボタンのツールヒント [ダウンロード操作] ボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

関連付けアクション

[関連付けアクション] を有効化するとサブグリッドの上にボタンが表示されますが、そのボタンをクリックすると、該当するエンティティの種類に対する「Append」および「AppendTo」特権が ポータルのエンティティのアクセス許可を使用するレコード ベースのセキュリティの追加 によって許可されている場合、現在 Dynamics 365 ポータルでのエンティティ フォームおよびユーザー定義ロジックの定義 によって表示されているエンティティ レコードに関連付けるために選択可能なエンティティの表を開きます。

関連付けアクションの設定

件名 内容
基本設定
ビュー 適切なエンティティの一覧を検索して表示するために使用される [ビュー (保存済みクエリ)] を指定します。
メモ: サブグリッドのエンティティの種類に保存済みクエリがない場合、ドロップダウンには何も表示されません。 「関連付け操作」用のビューが用意されていない場合この操作は無視され、サブグリッドのエンティティ フォームにボタンは表示されません。
詳細設定
ボタンのラベル サブグリッドの上の [関連付けアクション] ボタンに表示される HTML ラベルを上書きします。
ボタンのツールヒント [関連付け操作] ボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

検索ダイアログの (詳細) 設定

件名 内容
敬称 ダイアログのタイトル バーに表示される HTML を上書きします
プライマリ ボタン テキスト ダイアログの プライマリ ボタンに表示される HTML を上書きします。
閉じるボタン テキスト ダイアログの閉じるボタン (キャンセル) に表示される HTML を指定します。
解除ボタン スクリーン リーダー テキスト ダイアログの閉じるボタンに関連付けられるスクリーン リーダーのテキストを指定します。
サイズ 関連付けダイアログのサイズを指定します。 オプションは [既定値]、[大きい]、[小さい] です。 関連付けダイアログの既定サイズは「大」です。
CSS クラス 出力されるダイアログに適用される CSS クラスを指定します。
タイトルの CSS クラス 出力されるダイアログのタイトル バーに適用される CSS クラスを指定します。
主ボタンの CSS クラス ダイアログの プライマリ ボタンに適用される CSS クラスを指定します。
閉じるボタンの CSS クラス ダイアログの閉じるボタン (キャンセル) に適用される CSS クラスを指定します。
レコード タイトルの選択 [レコード選択] 領域のタイトルに表示される HTML を上書きします。
既定のエラー メッセージ 選択したエンティティの関連付け中にエラーが発生した場合に表示されるメッセージを上書きします。
グリッドのオプション エンティティ グリッドの外観の設定を指定します。 オプションについては、以下を参照して下さい。

検索ダイアログ (詳細) のグリッド オプションの設定

件名 内容
メッセージの読み込み中 エンティティのグリッドの読み込み中に表示されるメッセージを上書きします。
エラー メッセージ エンティティのグリッドの読み込み中にエラーが発生した場合に表示される既定の HTML メッセージを上書きします。
アクセス拒否のメッセージ エンティティのグリッドを表示するためのエンティティのアクセス許可をユーザーが持っていない場合に表示されるメッセージを上書きします。
空の場合のメッセージ 現在のエンティティ フォームに関連付けられるエンティティがない場合に表示されるメッセージを上書きします。
CSS クラス 関連グリッド領域に適用される CSS クラスを指定します。
グリッドの CSS クラス 関連グリッドの <テーブル> 要素に適用される CSS クラスを指定します。

詳細アクション

[詳細アクション] を有効化すると、サブグリッドの選択行のレコードにデータ バインディングされている読み取り専用の エンティティ フォーム が表示できます。

詳細操作の設定

件名 内容
基本設定
エンティティ フォーム 選択したレコードの詳細を表示するために使用する エンティティ フォーム を指定します。 ドロップダウンには、サブグリッドのエンティティ種類用に構成されているすべてのエンティティ フォームが表示されます。
メモ: サブグリッドのエンティティの種類にエンティティ フォームがない場合、ドロップダウンには何も表示されません。 詳細操作のエンティティ フォームが用意されていない場合この操作は無視され、サブグリッドにボタンは表示されません。
詳細設定
レコード ID クエリ文字列パラメーター名 選択したエンティティ フォームで表示するエンティティを選択するために使用されるクエリ文字列のパラメーター名を指定します。 この名前は、エンティティ フォームのレコード ID のクエリ文字列パラメータ名と一致している必要があります。 ここでも、エンティティ フォームの構成でも、このフィールドの既定値は「id」です。
ボタンのラベル サブグリッドの行に表示されるこのアクションの HTML ラベルを上書きします。
ボタンのツールヒント サブグリッドの行に表示されるこの操作のボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

詳細フォーム ダイアログの (詳細) 設定

件名 内容
メッセージの読み込み中 ダイアログの読み込み中に表示される HTML を上書きします。
敬称 ダイアログのタイトル バーに表示される HTML を上書きします。
解除ボタン スクリーン リーダー テキスト ダイアログの閉じるボタンに関連付けられるスクリーン リーダーのテキストを指定します。
サイズ 詳細ダイアログのサイズを指定します。 オプションは [既定値]、[大きい]、[小さい] です。 詳細ダイアログの既定サイズは「大」です。
CSS クラス 出力されるダイアログに適用される CSS クラスを指定します。
タイトルの CSS クラス 出力されるダイアログのタイトル バーに適用される CSS クラスを指定します。

編集アクション

[編集アクション] を有効化すると、ポータルのエンティティのアクセス許可を使用するレコード ベースのセキュリティの追加 によって「書込み」特権が許可されていれば、サブグリッドの選択行のレコードにデータ バインディングされている編集可能な エンティティ フォーム を表示できます。

編集操作アクションの設定

件名 内容
基本設定
エンティティ フォーム 選択したレコードの編集に使用される エンティティ フォーム を指定します。 ドロップダウンには、サブグリッドのエンティティ種類用に構成されているすべてのエンティティ フォームが表示されます。
メモ: サブグリッドのエンティティの種類にエンティティ フォームがない場合、ドロップダウンには何も表示されません。 編集操作のエンティティ フォームが用意されていない場合この操作は無視され、サブグリッドにボタンは表示されません。
詳細設定
レコード ID クエリ文字列パラメーター名 選択したエンティティ フォームで編集するエンティティを選択するために使用されるクエリ文字列のパラメーター名を指定します。 この名前は、エンティティ フォームのレコード ID のクエリ文字列パラメータ名と一致している必要があります。 ここでも、エンティティ フォームの構成でも、このフィールドの既定値は「id」です。
ボタンのラベル サブグリッドの行に表示されるこのアクションの HTML ラベルを上書きします。
ボタンのツールヒント サブグリッドの行に表示されるこの操作のボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

編集フォーム ダイアログの (詳細) 設定

件名 内容
メッセージの読み込み中 ダイアログの読み込み中に表示される HTML を上書きします。
敬称 ダイアログのタイトル バーに表示される HTML を上書きします。
解除ボタン スクリーン リーダー テキスト ダイアログの閉じるボタンに関連付けられるスクリーン リーダーのテキストを指定します。
サイズ 編集ダイアログのサイズを指定します。 オプションは [既定値]、[大きい]、[小さい] です。 編集ダイアログの既定サイズは「大」です。
CSS クラス 出力されるダイアログに適用される CSS クラスを指定します。
タイトルの CSS クラス 出力されるダイアログのタイトル バーに適用される CSS クラスを指定します。

削除アクション

[削除アクション] を有効化すると、ポータルのエンティティのアクセス許可を使用するレコード ベースのセキュリティの追加 によって「削除」特権が許可されていれば、サブグリッドの行に表示されているエンティティを完全に削除できます。

削除アクションの設定

件名 内容
基本設定
なし
詳細設定
確認 ユーザーが削除アクションを有効化した場合に表示される確認の HTML メッセージを上書きします。
ボタンのラベル サブグリッドの行に表示されるこのアクションの HTML ラベルを上書きします。
ボタンのツールヒント サブグリッドの行に表示されるこの操作のボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

削除ダイアログの (詳細) 設定

件名 内容
敬称 ダイアログのタイトル バーに表示される HTML を上書きします。
プライマリ ボタン テキスト ダイアログのプライマリ (削除) ボタンに表示される HTML を上書きします。
閉じるボタン テキスト ダイアログの閉じるボタン (キャンセル) に表示される HTML を指定します。
解除ボタン スクリーン リーダー テキスト ダイアログの閉じるボタンに関連付けられるスクリーン リーダーのテキストを指定します。
サイズ 削除ダイアログのサイズを指定します。 オプションは [既定値]、[大きい]、[小さい] です。 削除ダイアログの既定サイズは「既定」です。
CSS クラス 出力されるダイアログに適用される CSS クラスを指定します。
タイトルの CSS クラス 出力されるダイアログのタイトル バーに適用される CSS クラスを指定します。
主ボタンの CSS クラス ダイアログの主ボタン (削除) に適用される CSS クラスを指定します。
閉じるボタンの CSS クラス ダイアログの閉じるボタン (キャンセル) に適用される CSS クラスを指定します。

ワークフロー アクション

[ワークフロー アクション] を有効化すると、サブグリッド内の選択されたレコードに対するオンデマンド ワークフローを実行することができます。 サブグリッド メタデータにはワークフロー アクションをいくつでも追加できます。

ワークフロー アクションの設定

件名 内容
基本設定
ワークフロー ユーザーがこの操作を有効化した際に実行されるオンデマンド ワークフローを指定します。
メモ: サブグリッドのエンティティの種類にワークフローがない場合、ドロップダウンには何も表示されません。 ワークフロー アクションにワークフローが用意されていない場合この操作は無視され、サブグリッドにボタンは表示されません。
ボタンのラベル サブグリッドの行に表示されるこのアクションの HTML ラベルを設定します。 この設定は必須です。
詳細設定
ボタンのツールヒント サブグリッドの行に表示されるこの操作のボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

関連付け解除アクション

[関連付け解除アクション] を有効化すると、該当するエンティティの種類に対する「Append」および「AppendTo」特権が ポータルのエンティティのアクセス許可を使用するレコード ベースのセキュリティの追加 によって許可されている限り、現在表示している Dynamics 365 ポータルでのエンティティ フォームおよびユーザー定義ロジックの定義 によって表示されているレコードと、サブグリッドの選択行で表示されているレコード間のリンクを削除できます。

関連付け解除アクションの設定

件名 内容
基本設定
なし
詳細設定
ボタンのラベル サブグリッドの行に表示されるこのアクションの HTML ラベルを上書きします。
ボタンのツールヒント サブグリッドの行に表示されるこの操作のボタンの上にマウス ポインタを置いた際に表示されるツールヒントのテキストを上書きします。

関連項目

Dynamics 365 ポータルの構成
Dynamics 365 ポータルでのエンティティ フォームおよびユーザー定義ロジックの定義
ポータルの Web フォームのプロパティ
ポータルの Web フォームの手順
ポータルの Web フォームのメタデータ
ポータルの Web フォームのメモの構成