Dynamics 365 での営業案件の作成、編集、および配布

パートナー ポータルで営業案件を使用して、フォローアップ可能な営業潜在顧客のパートナーに通知できます。 既存の顧客に対する営業案件、または新規顧客からの営業案件を取得すること、またそれらをパートナーに配布することにより、新しい財源を生み出したり、既存の顧客との関係を強化できます。

特定のパートナーに対して営業案件を配布することは、顧客の特定の必要に関する正しい知識とスキルを持つ営業担当者に顧客をつなげる助けにもなります。

営業案件の作成

  1. [営業] > [営業案件] に移動します。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [営業案件] ページの [概要] 領域で、営業案件に関するトピックと連絡先情報を入力します。 営業案件の通貨も変更できます。
  4. [顧客状況]、[顧客ニーズ]、および [提案されたソリューション] フィールドで詳細を追加します。
  5. [保存] をクリックします。

営業案件の配布

営業案件を手動で配布するか、または指定したパートナーを割り当てるシステムを使用して、自動的に営業案件を適切なパートナーのアカウントに配布できます。

営業案件を割り当てるパートナーが判明している場合、営業案件を手動で配布します。 営業案件を手動で配布することにより、顧客のニーズに最適なパートナーに営業案件が確実に割り当てられます。

営業案件を手動で配布する

  1. [営業] > [営業案件] に移動します。
  2. 編集する営業案件をクリックします。
  3. [営業案件] ページの [パートナーの詳細] 領域で、[パートナー] フィールドで営業案件を配布するパートナー アカウントを入力します。
  4. 配布する営業案件の [状態] を [出荷済み] に変更します。
  5. [保存] をクリックします。

営業案件を複数パートナーに分配

  1. [営業] > [営業案件] に移動します。
  2. 編集する営業案件をクリックします。
  3. [パートナー パイプライン] セクションの [全般] タブで、[パートナー共同作業] チェック ボックスを選択します。
  4. [パートナー共同作業の取引先企業] セクションまで下方向にスクロールし、[+] ボタンを押して営業案件を配布するパートナーを追加します。
  5. 配布する営業案件の [状態] を [承諾済み] に変更します。
  6. [保存] をクリックします。

パートナーが営業案件の進行状況を表示できるようにする

営業案件がパートナーに配布されると、ポータルでその営業案件の詳細および進行状況を表示できるようになります。 パートナーは、ポータルの [営業案件] タブで営業案件を表示できます。 承認する必要のある営業案件はそのページの [配布済み営業案件] セクションにあり、承認済みの営業案件は [管理対象の営業案件] セクションにあります。

パートナーが互いに共同作業する方法

パートナーが共同作業する営業案件における最も顕著な違いの 1 つは、その営業案件はクローズすることも拡張することもできなくなるということです。 ただし、営業案件を表示するオプションのほとんどは同じです。 これには、他のパートナーが表示できるタイムラインにメモを追加することも含まれています。 パートナーが他のパートナーに営業案件を割り当てることはできないことに特に注意する必要があります。

パートナー ダッシュボードには、現在の管理対象また配布済みの営業案件のデータが含まれています。

営業案件がパートナーに適切に配布されると、その営業案件の情報はポータル上でパートナーのダッシュボードに表示されます。 ダッシュボードの最も重要な要素の 2 つは、配布済みの営業案件と管理対象の営業案件です。 配布済みの営業案件とはパートナーにまだ承認されていない営業案件のことで、管理対象の営業案件とは承認された営業案件のことです。 この違いのため、ダッシュボードの管理対象の営業案件部分では、パートナーがその営業案件で共同作業しているかどうかを含め、営業案件についてのより多くの情報が得られます。

新規または既存の営業案件の取引を登録

パートナーはポータル上で行った営業案件の取引を登録してその営業案件について独占権を得ることができます。 パートナーはまずポータル上で作成した営業案件に移動し、ページの下部にある [登録] ボタンを探します。 これにより、Dynamics の営業案件で表示できる取引登録要求を作成します。

パートナーにより登録された営業案件の承認

ポータルを経由してパートナーが営業案件を作成すると、その営業案件はオープンしている営業案件として Dynamics 365 に表示されます。 [営業] > [営業案件] を通って営業案件に移動すると Dynamics で作成された他の営業案件と同じように機能します。 営業案件を承認するには、状態を [承諾済み] に変更します。