コンテンツ スニペットの使用によるコンテンツのカスタマイズ

コンテンツ スニペットは、開発者がページ テンプレートに配置できる編集可能なコンテンツの一部で、これによってページ レイアウトのどの部分にも簡単にカスタマイズ可能なコンテンツを挿入することができます。 スニペットのコンテンツを Web に対するインターフェースを持つポータルに表示する役割を担うスニペット コントロールは、開発者によって aspx ページに配置されます。

スニペットの編集

スニペットは、フロント サイドまたは Dynamics 365 インターフェースのどちらかによって編集できます。 スニペットの主な能力は、(ページの主コピー以外の) コンテンツの一部を要約し個別に編集して、実質的にサイト上のすべての静的コンテンツを完全に管理しフロント サイドで編集可能にし、なおかつ Dynamics 365 によりサポートされているという事実です。

フロント サイド編集エンジンを使用した編集

スニペットをフロント サイドを使用して編集するには、ユーザーは、[コンテンツ スニペットの管理] のアクセス許可が true に設定されている Web サイト アクセス許可レコードに関連付けられた Web ロールと関連付けられている必要があります。

フロント サイドで編集するには、スニペット要素をポイントして [編集] ボタンをクリックします。 スニペットを編集するには Web サイト アクセス許可が必要です。 詳細: ポータル用 Web ページへのアクセス コントロール

スニペットを編集する際には、コンテンツを迅速に編集することができる簡単なテキスト ボックスが表示されるか、ページのコピーを編集する場合のように完全なエディターが表示されます。 これら 2 つのインターフェースのうちどちらが表示されるかは、スニペットの編集の種類によって決定されます。またその編集の種類によってスニペットに格納できるコンテンツの種類 (完全な、様式化された HTML コンテンツかプレーン テキストか) も決定されます。 開発者がコンテンツ スニペットのコントロールをポータルの Visual Studio プロジェクトのページ テンプレートに追加する場合、スニペットにはテキストあるいは HTML どちらかの編集の種類を割り当てることができます。

Dynamics 365 を使用して編集

  1. ポータル > コンテンツ スニペットに移動します。
  2. 新しいスニペットを作成する: [新規] を選択します。
  3. 既存のスニペットを編集する: グリッド内の既存の [コンテンツ スニペット] をダブルクリックして選択します。

以下のフィールドに値を入力:

Name 内容
Name 開発者は名前を使用してポータルのコード内のページ テンプレートにスニペットの値を配置できます。
Web サイト スニペットに関連付けられている Web サイトです。
ポータルに表示されるスニペットのコンテンツです。 この中には、プレーン テキストまたは HTML マークアップを格納することができます。

関連項目

ポータルを準備する方法
ポータル コンテンツ エディターに関する入門情報
コンテンツを公開するためにフロント サイド編集エンジンを使用する
動的コンテンツの追加およびカスタム テンプレートの作成