ファセット検索を使用してポータル検索を向上させる

ポータルのコンテンツは、そのコンテンツの特性に基づいたフィルターを用いて検索できます。 ファセット ポータル検索を使用すると、顧客はこの機能によって実装されたフィルターを通して従来の検索よりも早く目的のコンテンツを見つけられます。

標準のファセット検索はポータルで有効になっています。 それをコントロールしたり有効にするには、次の手順に従います。

  1. Dynamics にログインし、[ポータル] > [Web サイト] > [サイト設定] へ移動します。
  2. 「Search/FacetedView」 という名前のサイト設定を検索して選択します。
  3. [] を [True] に変更してファセット検索を有効にするか、[False] に変更にして無効にします。

ファセット ビューを 1 つ無効にするには:

  1. Dynamics にログインして [ポータル] > [Web テンプレート] に移動します。
  2. 無効にするビューを選択 (ナレッジ マネージメント ー 評価の高い記事)
  3. ページの上部にある [非アクティブ化] ボタンをクリックします。

ファセット ビューのレコードの種類の一部としてエンティティをグループ化する

[Search/RecordTypeFacetsEntities] サイト設定で類似したエンティティを一緒にグループ化して、ユーザーが検索結果を論理的にフィルタリングできるようになります。 たとえば、フォーラム、フォーラムの投稿、およびフォーラムのスレッド用のオプションを別々にせずに、これらのエンティティをフォーラムのレコードの種類の下にグループ化します。

Dynamics 365 で [ポータル] > [Web サイト] > [サイトの設定] に移動して [Search/RecordTypeFacetsEntities] サイト設定を開きます。

異なるエンティティが [フォーラム:] という語で始まることに注意してください。 これは属するグループの名前が最初の値となっているためです。 この語はポータルで使用されている言語に基づいて翻訳されることになります。

ファセット検索を使用してサポート情報の検索結果を向上させる

ファセット検索を使用するとポータルの左側に検索フィルターが表示され、フォーラム、ブログ、またサポート情報記事などの項目から選べるようになります。 特定の検索タイプにはより多くのフィルターが追加されます。 たとえば、サポート情報記事はレコードの種類、修正日、評価、また製品によってフィルタリングできるので、顧客が必要なコンテンツを見つけやすくなります。 また右側には、顧客が選択する関連性や (サポート情報記事に特有の) 表示回数に基づいて結果を並べ替えるドロップダウン ボックスもあります。 以下は、使用可能なフィルターの一部の例を示した画面キャプチャです。

フィルターを使用して検索結果を向上させる