ブログの管理

Microsoft Dynamics 365 およびポータル内のブログのコメントおよびブログの投稿両方を管理する方法を学びます。

Dynamics 365でのブログの管理

Dynamics 365 ユーザーは、ポータル カスタマイズが Dynamics 365 の組織にインポートされると、ポータル タブでブログ レコードを管理できます。

ポータルでブログを管理

ブログ作成者アクセス許可を持つポータルのユーザーは、ポータルのインライン編集インターフェイスを使用してブログを編集または削除することができます。 ポータル担当者に必要なアクセス許可が割り当てられている場合、ポータルにサイン インすると、インラインの編集用インターフェイスが自動的に表示されます。 なお、ブログはポータル編集インターフェイスから編集または削除ができますが、Dynamics 365 で作成し、最初の構成を行なう必要があります。

ブログを編集するには、ブログのホーム ページに移動し、編集ツールバーの [編集] ボタンをクリックします。

ブログの投稿を編集する

ブログを削除するには、確認ダイアログで [削除] ボタンをクリックし、[はい] をクリックします。

注意

ブログを削除すると、すべての関連付けられた投稿とコメントも削除されます。

セキュリティ

ブログへの [読み取り] アクセスは、ブログの親ページに対する読み取りアクセス権から継承されます。 ユーザーが親 Web ページ を読み取ることができる場合、ブログの公開されたすべての投稿を参照できます。 ポータル用 Web ページへのアクセスの制御 を参照してください。

ブログへの [変更/書き込み] アクセスは、作成者のロールの関連付けによって制御されます。 この関連付けで、ブログで作成者の許可を付与する Web ロールを指定します。 これらのロールのいずれかに関連付けられたポータル ユーザーには、新しい投稿の作成、自分自身の投稿の編集および削除、ブログ自体の属性および設定を編集するためのアクセス許可が付与されます。 「ポータルの Web ロールの作成」 を参照してください。

注意

ブログの投稿の特定の作成者のみフロント サイドのポータル編集インターフェイスを通じてその投稿を編集、または削除することができます。 投稿の作成者は自分自身の非公開の記事は表示できますが、他の作成者のものは表示できません。

ブログ属性と関連付け

下の表は、ブログ エンティティの標準属性および関連付けを説明したものです。

多くのコンテンツ用や表示用の属性の表示方法が、使用しているページ テンプレートによって管理されていることに特に注意する必要があります。

名前 内容
名前 ブログのタイトルです。
Web サイト ブログが属する Web サイトです。
親ページ Web サイトのコンテンツ階層内で、ブログの親に当たる Web ページ。
部分 URL このブログのポータル URL を構築するのに使用される URL パスの一部。
メモ: 部分 URL の値は URL パス セグメントとして使用されます。 そのため、"?"、"#"、"!"、"%" などの無効な URL パスの文字を含めることはできません。 ポータル URL は、部分 URL の値をスラッシュ (/) で区切って生成されるため、一般にスラッシュが含まれないようにする必要があります。
部分 URL の値を文字、数値、ハイフン、アンダースコアに制限することが推奨されます。 例えば、"press-releases"、"Users_Guide"、"product1" です。
ホーム テンプレート ブログのホームおよびメイン ページの表示に使用するページ テンプレートです。 このテンプレートは通常、ブログの最新の投稿を表示するために使用されます。
投稿テンプレート ブログの個別の投稿に移動する際に、表示に使用されるページ テンプレートです。 このテンプレートには通常、投稿に関連付けられているコメントを表示する責任もあります。
アーカイブ テンプレート アーカイブのビューの表示に使用するページ テンプレート (つまり、ブログのホーム ページには表示されていない投稿)。 このテンプレートには通常、複数の責任があります。
特定のカレンダー月のすべての投稿を表示します。
  • 特定のタグに関連付けられたすべての投稿を表示します。
  • 特定の作成者のすべての投稿を表示します。
概要 ブログの説明を指定する HTML コンテンツです。
コメント ポリシー ブログの投稿のコメントをどのように処理するかを指定するオプションです。
ブログの投稿 ブログに関連付けられたすべての投稿を指定する関連付けです。
作成者のロール ブログで作成者の許可を付与する Web ロールを指定する関連付けです。 これらのロールのいずれかに関連付けられたポータル ユーザーには、新しい投稿の作成、自分自身の投稿の編集および削除、ブログ自体の属性および設定を編集するためのアクセス許可が付与されます。

Dynamics 365でブログの投稿を管理

Dynamics 365 ユーザーの場合、対象となるブログのエディターを起動し、関連するブログ投稿へ移動することで管理できます。

ポータルでブログの投稿を管理

ブログの作成者の権限を持つポータルのユーザーは、ポータルのインライン編集インターフェイスを使用してブログの投稿を管理することができます。 ユーザー アカウントに必要なアクセス許可が割り当てられている場合、ポータルにサイン インすると、インラインの編集用インターフェイスが自動的に表示され、ブログに移動します。

新しいブログの投稿を作成するには、ブログのホーム ページに移動して、編集ツールバーの [新規] > [ブログの投稿] をクリックします。 ブログの投稿エディター ダイアログが表示されます。

ブログの投稿を編集する

目的の編集を実行し、[保存] をクリックして保存します。

ブログの投稿を編集するには、ブログの投稿のページに移動し、編集ツールバーの [編集] ボタンをクリックします。 ブログの投稿エディター ダイアログが表示されます。 目的の編集を実行し、[保存] をクリックして保存します。

ブログの投稿の作成、または編集時に [部分 URL] フィールドが空白のままの場合、自動的に生成されます。 自動生成された部分 URL は yyyy-mm-dd-post-title 形式になっていますが、yyyy-mm-dd の部分は投稿の [日付] の年、月、日で、残りは URL に適切な形式に変換された投稿の [タイトル] です。

投稿エディターの [タグ] フィールドはタグ名のオートコンプリートを提供し、投稿を既存のタグに関連付けます。 単純に新しいタグの名前を入力することもできます。 タグ名を終了して新しく開始するには、Tab キーか Enter キーまたは , をタイプします。 タグを削除するには、タグ名の横の x をクリックするか、Backspace キーを押します。

ブログの投稿を削除するには、確認ダイアログで [削除] ボタンをクリックし、[はい] をクリックします。

注意

  • ブログの投稿を削除すると、関連付けられたコメントも削除されます。
  • ブログの投稿の作成者のみフロント サイドのポータル編集インターフェイスを通じてその投稿を編集、または削除することができます。 投稿の作成者は自分自身の非公開の記事は表示できますが、他の作成者のものは表示できません。

ブログ投稿属性と関連付け

下の表は、ブログの投稿エンティティの標準属性および関連付けを説明したものです。

多くのコンテンツ用や表示用の属性の表示方法が、使用しているページ テンプレートによって管理されていることに特に注意する必要があります。

名前 内容
敬称 ブログの投稿のタイトルです。
ブログ 投稿が属するブログです。
部分 URL このブログの投稿のポータル URL を構築するのに使用される URL パスの一部。
メモ: 部分 URL の値は URL パス セグメントとして使用されます。 そのため、"?"、"#"、"!"、"%" などの無効な URL パスの文字を含めることはできません。 ポータル URL は、部分 URL の値をスラッシュ (/) で区切って生成されるため、一般にスラッシュが含まれないようにする必要があります。
部分 URL の値を文字、数値、ハイフン、アンダースコアに制限することが推奨されます。 例えば、"press-releases"、"Users_Guide"、"product1" です。
作成者 "取引先担当者" レコードによって表される投稿の作成者です。
日付 ポータルに表示される、投稿の公開日です。 この値が、最も新しい投稿から最も古い投稿を表示できるビューでの投稿の並べ替え方法を決定します。 この値は、投稿が実際にポータルに表示されるかどうかとその時期を制御しません。
概要 投稿の短い概要または抜粋を説明する HTML コンテンツです。 その場合、これは投稿の内容としてブログ テンプレート、Syndication フィードに使用され、コンテンツ全体は投稿 URLでのみ使用可能です。
コピー 投稿の HTML コンテンツ全体です。
公開済み ポータルで投稿を表示するかを決定します。 オンの場合、投稿はブログの読み取りアクセス権を持つすべてのユーザーに表示されます。 オフの場合、投稿の作成者のみポータルで投稿をプレビューできます。
コメント ポリシー 投稿のコメントをどのように処理するかを指定するオプションです。
ブログの投稿のコメント 投稿に関連付けられたすべてのコメントです。
Web ファイル 投稿に関連付けられたすべてのファイルです。
タグ 投稿に関連付けられたすべてのタグです。

ポータルでブログの投稿のコメントを管理

ブログの作成者の権限を持つポータルのユーザーは、ポータルのインライン編集インターフェイスを使用してブログのコメントを管理することができます。 コンテンツを公開するためにフロント サイド編集エンジンを使用する を参照してください。 ユーザー アカウントに必要なアクセス許可がある場合、ポータルにサイン インすると、インラインの編集用インターフェイスが自動的に表示され、ブログの投稿に移動します。

ブログの投稿のコメントを編集または削除するのに使用するユーザー インターフェイスの正確な外観は、投稿の表示に使用されているページ テンプレートにより決定されますが、一般的に各コメントの横にインラインに配置されたリンクやボタンが関係します。 [編集] をクリックするとコメント エディターが起動し、コメント モデレーターがコメントのコンテンツの編集や承認ステータスを切り替えることができます。

ブログの投稿のコメント属性および関連付け

下の表は、ブログの投稿のコメント エンティティの標準属性および関連付けを説明したものです。

多くのコンテンツ用や表示用の属性の表示方法が、使用しているページ テンプレートによって管理されていることに特に注意する必要があります。

名前 内容
名前 コメントの内容を示す名前です。 これは通常、ポータル アプリケーションによって自動的に生成されます。
ブログ投稿 コメントが属するブログの投稿です。
作成者 "取引先担当者" レコードによって表されるコメントの作成者です。 これは、コメントが認証されたポータルのユーザーによって送信された場合は事前設定されます。
著者名 コメントの作成者の表示名です。 これは通常、コメントに関連付けるポータル ユーザーの取引先担当者レコードがなく、一般的にコメントの作成者自身により送信される、匿名送信のシナリオで使用されます。
作成者の電子メール コメントの作成者の電子メール アドレスです。 これは通常、コメントに関連付けるポータル ユーザーの取引先担当者レコードがなく、一般的にコメントの作成者自身により送信される、匿名送信のシナリオで使用されます。
作成者の URL コメントの作成者の Web サイトの URL - 独自のブログまたは個人用の Web サイトの場合があります。 これは通常、コメントに関連付けるポータル ユーザーの取引先担当者レコードがなく、一般的にコメントの作成者自身により送信される、匿名送信のシナリオで使用されます。
投稿日 ポータルに表示される、コメントが送信されたときのタイム スタンプです。 この値が、コメントの表示の並べ替え方法を決定します。 この値は、コメントがポータルに表示されるかどうかもその時期もコントロールしません。
内容 コメントの HTML コンテンツ全体です。
承認済み ポータルでコメントを表示するかを決定します。 オンの場合、コメントはブログの投稿の読み取りアクセス権を持つすべてのユーザーに表示されます。 オフの場合、投稿の作成者のみポータルでコメントをプレビューできます。

関連項目

ポータル コンテンツ エディターに関する入門情報
動的コンテンツの追加およびカスタム テンプレートの作成