検索トピックへのルールの追加

検索トピックは、分析に使用できるデータを定義します。 1 つの検索トピックに追加できる検索ルールの数に制限はありません。 各ルールでは、データ セットの分析に使用できる投稿が選択されます。 検索トピックはいつでも更新でき、新しいルールを追加したり、既存のルールを変更したりできます。

Social Engagement は以下の検索ルールをサポートします。 検索トピックを作成または修正するには、Social Engagement 管理者またはパワー アナリストであることが必要です。

ヒント

このトピックは、検索の設定方法に関するチュートリアルの一部です。 詳細: ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定

検索トピックへのルールの追加

検索を有効にして投稿を収集するには、1 つ以上のルールを検索トピックに追加します。

重要

キーワード、対象語句、除外語句は 128 文字以下で指定する必要があります。 1 つの検索ルールに対して、キーワードと対象語句は最大 15 個、除外語句は最大 25 個まで追加できます。

通常、ルールを追加すると、検索結果の投稿数が増えます。 増えた投稿数は、投稿のクォータに加算されます。 変更した検索トピックはすべて、保存する前に検証する必要があります。 新規または更新済みの検索トピックの結果を頻繁に検証し、関係のあるデータが収集されること、およびクォータ制限に準拠していることを確認するようお勧めします。 詳細: 投稿のクォータの管理

新しいルールの追加

  1. [検索設定] に移動します。

  2. 検索トピックの一覧で、ルールを追加する検索トピックを選択します。

  3. [ルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ウィンドウを開きます。

  4. 追加するルールの種類を選択します。

  5. 必要に応じて新しいルールの値を定義します。

  6. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] をクリックして、検索トピックにルールを追加します。

    重要

    ソリューションが新しいルールに使用できるクォータを確認し、それに従ったメッセージを表示します。 新しいルールに対してクォータが少ない場合は、ルールを保存できません。

  7. 検索トピック ウィンドウで、[保存] ([保存] ボタン) をクリックして検索トピックをアクティブにするか、[追加] をクリックして別のルールをトピックに追加します。

    詳細: 電子ブックのダウンロード

キーワード ルールの追加

キーワード、対象語句、除外語句からルールを作成し、ルールで検索するソースと言語を定義します。 これは検索トピックでルールを定義する最も一般的な方法であり、結果として通常は多数の投稿が取得されます。

新しいキーワード ルールの追加

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [キーワード ルール] をクリックします。

  5. キーワードを入力し、投稿を検索するときに使用する対象語句、除外語句、フィルターを選択します。

  6. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] を選択して、検索トピックにルールを追加します。

    重要

    ソリューションが新しいルールに使用できるクォータを確認し、それに従ったメッセージを表示します。 新しいルールに対してクォータが少ない場合は、ルールを保存できません。

  7. 検索トピック ウィンドウで、[保存] ([保存] ボタン) をクリックしてルールをアクティブにします。

検索するキーワードの追加

キーワードでは、リスニングする語句を定義します。 キーワードは厳密な一致ですが、大文字と小文字は区別されません。 キーワードのバリエーションを含めることをお勧めします。 たとえば、キーワードで phone と指定し、投稿に出現する単語が phones であった場合は、結果が検索ルールで選択されず、分析に表示されません。 各キーワードでは、コンマは OR の役割をします。 複数の検索語句を追加した場合、検索ルールでは列記されている語句の少なくとも 1 つが検索されます。 求める結果が返される確率を高めるには、頭字語と一般的な短縮形を追加することを考えてください。

キーワードを定期的に見直すことが重要です。 キーワードで得られる結果が多すぎる場合は、対象語句と除外語句を追加したり、キーワードの数を減らすことによって、検索ルールの絞り込みを考慮してください。

詳細: 検索ルールを設定し直す

例として、Contoso が製造した製品についての投稿をリスニングするとします。 "製品名, #prodname, 製品の名前" のようなキーワードを検索ルールに追加できます。 これらのキーワードの 1 つに言及しているすべての投稿が、検索ルールから得られます。

キーワード ルールへの対象の追加

より関連性の高い投稿を取得できるように対象語句を追加して検索を絞り込みます。 対象語句は単語 AND と考えることができます。 キーワードの少なくとも 1 つを含み、かつ、対象語句の少なくとも 1 つを含む場合にのみ投稿が選択されるように、検索がフィルター処理されます。 対象語句は大文字と小文字が区別されません。

製品についての投稿をリスニングするときは、製造元のポートフォリオに含まれる製品に投稿が関係していることを確認します。 違うスペルのブランド名や会社名を追加するとよいでしょう。 たとえば、Contoso の製品に言及している投稿を検索するには、対象語句に #contoso, Contoso, @contoso のような名前を追加します。 このようにすると、キーワードの 1 つおよび対象語句の 1 つに言及しているすべての投稿が、この検索ルールによって見つかります。

検索ルールを設定するときは、次のオプションから選択することにより、キーワードと対象語句が投稿内でどれくらい近くに出現する必要があるかを指定できます。

  • [文]: キーワードと対象語句は同じ文に出現する必要があります。

  • [段落]: キーワードと対象語句は同じ段落に出現する必要があります。

  • [投稿]: キーワードと対象語句は同じ投稿に出現する必要があります。

最初は既定のオプション ([段落]) を使用することをお勧めします。 検索トピックで得られる無関係の結果が多すぎる場合は、[文] オプションを選択して絞り込みます。 このようにすると、異なる文にある対象語句とキーワードのすべての組み合わせがキーワード ルールによって選択されなくなるため、関連する投稿も除去される可能性があることに注意してください。

対象語句は、検索結果の投稿数を減らし、クォータを超えないようにするための有効な方法です。

キーワード ルールからの語句の除外

特定の語句のために、関係のない投稿が結果に大量に含まれてしまうことがあります。 除外語句を使用することで、検索を絞り込み、結果を向上させることができます。 除外する語句をコンマで区切って入力すると、それらの語句を含む投稿が検索で無視されます。 除外語句は大文字と小文字が区別されません。 除外語句に追加するすべての語句について、キーワードのいずれかと一致していても、除外語句のいずれかを含む投稿は選択されないように、検索がフィルター処理されます。 除外語句は AND NOT と考えることができます。

たとえば、Contoso 製品の周囲の割引 (discounts) またはサービス (offers) には関心がないものとします。 discounts または offers を含む結果を避けるには、これらの語句を検索ルールの除外語句に追加します。 少なくとも 1 つの除外語句とキーワードの両方を含む投稿はすべて、このルールによる検索結果に含まれなくなります。

複数の語句を除外するには、それらの語句を同じ検索ルールに追加する必要があります。 1 つのルールが Contoso を検索して discounts を除外し、別のルールが Contoso を検索して offers を除外するものである場合、検索トピックは Contoso に言及していて discountsoffers の両方を含むすべての投稿のみを除外します。 Contoso を検索して discounts, offers を除外するルールの場合は、検索トピックは Contoso に言及していて discounts または offers のどちらかを含むすべての投稿を除外するため、求める結果になります。

ヒント

ブロックされたコンテンツの一覧に語句を追加することにより、1 つのステップですべてのアクティブな検索ルールから語句を除外できます。 詳細: 検索結果の質の管理

除外語句は、検索結果の投稿数を減らし、投稿のクォータを超えないようにするための有効な方法です。 ただし、関連する投稿が検索から漏れないように、除外語句は慎重に選択してください。

キーワード、対象語句、除外語句での特殊文字の処理

ソーシャル リスニングを適切に行うには、正確な検索が不可欠です。 特殊文字は、ブランドや製品名において連結文字の形式でよく使用されます Social Engagement は、特殊文字 +、&、/、- を検索ルールにおける独立したエンティティとして解釈します。

例: 語句 City Power & Light を検索すると、空白のすべての組み合わせでこの語句に言及している投稿が選択されます。 次のいずれかの語句 (大文字と小文字は区別されません) を含む投稿が、検索によって選択されます。

  • City Power & Light (特殊文字の前後に空白)

  • City Power& Light (特殊文字の後に空白)

  • City Power &Light (特殊文字の前に空白)

  • City Power&Light (特殊文字の前または後に空白なし)

その他の特殊文字

Twitter および Instagram では、作成者は #hashtags と @メンションを定常的に使用します。 Twitter 作成者も $stocktweets を使用します。 これらの特殊文字は、#hashtags、$stocktweets、または @メンションを明示的に検索するときに使用します。 Social Engagement は、これらの用語が検索ルールに追加された場合は固有のエンティティとして解釈します。

たとえば、#contoso という語を検索すると、ハッシュタグの正確な一致を含む結果だけが選択されます。

トピック名、キーワード、対象語句、除外語句での制限事項

検索トピックごとに作成できる検索ルールの数に制限はありませんが、語句の長さと数には制限があります。

  • 検索トピック名の最大文字長: 35

  • キーワード、対象語句、除外語句ごとの最大文字長: 128

  • 検索ルールごとのキーワードの最大数: 15

  • 検索ルールごとの対象語句の最大数: 15

  • 検索ルールごとの除外語句の最大数: 25

Facebook ページ ルールの追加

Facebook ページで行われるすべての会話を追跡します。 Facebook ページでの会話はコンテキスト前途をフォローするのが普通であり、特定の投稿だけを見ることはありません。 Facebook ページを検索トピックに追加すると、Facebook ページのすべての投稿 (対象者とページからの投稿や、ページと対象者からのコメントなど) を確実に取得し、Social Engagement でさらに処理することができます。

新しい Facebook ページ ルールの追加

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [Facebook ページ ルール] をクリックします。

  5. 入力フィールドに Facebook ページの URL を入力するか、またはキーワードで Facebook ページを検索します。

  6. 結果の一覧で、追加する Facebook ページを選択します。

    または

    追加したソーシャル プロファイルから Facebook ページを選択します。

    注意

    各ページの横にある [追加] ([追加] ボタン) をクリックして、1 つのステップで複数の Facebook プロファイルまたはページをルールに追加することもできます。

  7. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] をクリックして、検索トピックにルールを追加します。

  8. 検索トピック ウィンドウで、[保存] ([保存] ボタン) をクリックしてルールをアクティブにします。

Twitter ルールの追加

Twitter での会話をフォローし、ツイート、参照投稿、返信、またはリツイートを検索するための Twitter ルールを検索トピックに追加します。

新しい Twitter ルールの追加

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [Twitter ルール] をクリックします。

  5. 検索フィールドに、追跡する Twitter@ユーザー名を入力します。

    ソーシャル プロファイルに Twitter プロファイルを追加していない場合は、先に Twitter にサインインしてから Twitter で検索を実行する必要があります。

  6. 結果の一覧で、追加する Twitter プロファイルを選択します。

    または

    既に追加してあるソーシャル プロファイルから Twitter プロファイルを選択します。 詳細: ソーシャル プロファイルの管理

    注意

    各プロファイルの横にある [追加] ([追加] ボタン) をクリックして、1 つのステップで複数の Twitter プロファイルをルールに追加することもできます。

  7. このルールに追加するメッセージの種類を選択します。

  8. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] をクリックして、検索トピックにルールを追加します。

  9. 検索トピック ウィンドウで、[保存] ([保存] ボタン) をクリックしてルールをアクティブにします。

Instagram ルールの追加

Instagram アカウントから投稿を収集するルールを作成します。

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [Instagram ルール] をクリックします。

  5. 検索フィールドに、追跡する Instagram@ユーザー名を入力します。

    注意

    各プロファイルの横にある [追加] ([追加] ボタン) をクリックして、1 つのステップで複数の Instagram アカウントをルールに追加することもできます。

  6. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] をクリックして、検索トピックにルールを追加します。

プライベート メッセージ ルールの追加

Social Engagement ユーザーが追加されたソーシャル プロファイルで送受信するプライベート メッセージの詳細を見るには、検索トピックにプライベート メッセージ ルールを作成します。 ソーシャル プロファイルの所有者がプライベート メッセージのデータ取得を許可している場合、すべてのソーシャル プロファイルのプライベート メッセージ ルールを作成できます。

重要

プライベート メッセージ ルールを追加すると、選択したプロファイルに送信されたすべてのプライベート メッセージ (メッセージが 1 つの画像のみである場合を除く) が、組織の Social Engagement ソリューションに表示されます。 Social Engagement を使用して送信される場合、ソリューションのすべてのユーザーがプライベート メッセージとその返信を見ることができます。
新しいプライベート メッセージ ルールを追加すると、過去 14 日間のすべてのプライベート メッセージが Social Engagement によって取得され、月単位の投稿のクォータに加算されます。

新しいプライベート メッセージ ルールの追加

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [プライベート メッセージ ルール] をクリックします。

  5. プライベート メッセージを分析で使用できるようにするソーシャル プロファイルを選択します。 選択できるのはプライベート メッセージのデータ取得を所有者が明示的に許可しているソーシャル プロファイルだけであることに注意してください。 各プロファイルの横にある [追加] ([追加] ボタン) をクリックして、1 つのステップで複数のソーシャル プロファイルをプライベート メッセージ ルールに追加することもできます。

    注意

    システムがプライベート メッセージで言語を特定できない場合、または特定された言語を Social Engagement がサポートしていない場合、これらのプライベート メッセージは [グローバル設定] > [検索言語] で最初に選択した検索言語にマップされます。 投稿の識別された言語を変更することはできません。 テキスト コンテンツは、言語の識別にとって重大です。 画像のみを含むプライベート メッセージは、Social Engagement によって取得されません。

  6. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] をクリックして、検索トピックにルールを追加します。

  7. 検索トピック ウィンドウで、[保存] ([保存] ボタン) をクリックしてルールをアクティブにします。

カスタム ソース ルールの追加

カスタム ソースから投稿を収集するルールを作成します。 カスタム ソース投稿に含まれるキーワードに一致するキーワード ルールを作成することもできます。 詳細: キーワード ルールの追加

新しいカスタム ソース ルールの追加

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [ルールの追加] ウィンドウで [カスタム ソース ルール] をクリックして、検索トピックにルールを追加します。

  5. 結果の一覧で、カスタム ソース グループを選択し、[続行] をクリックします。

    注意

    各プロファイルの横にある [追加] ([追加] ボタン) をクリックして、1 つのステップで複数のカスタム ソースをカスタム ソース ルールに追加することもできます。

  6. 検索トピック ウィンドウで、[保存] ([保存] ボタン) をクリックしてルールをアクティブにします。

YouTube ルールの追加

YouTube チャンネルからビデオの投稿とコメントを収集します。

注意

新しい YouTube ルールを追加した後、最初のビデオとコメントが取得されるまで数時間かかる場合もあります。 コメントのデータ取得は、前月にユーザー活動があったビデオに重点を置いています。

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [YouTube ルール] をクリックします。

  5. 検索フィールドで、追跡する YouTube チャンネル名を入力するか、一覧から YouTube プロファイルを選択します。

    注意

    各チャンネルの横にある [追加] ([追加] ボタン) をクリックして、1 つのステップで複数の YouTube チャンネルをルールに追加することもできます。

  6. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] をクリックして、検索トピックにルールを追加します。

LinkedIn ページ ルールの追加

管理している LinkedIn 組織ページから投稿とコメントを収集できます。

  1. [検索設定] に移動します。

  2. ルールを追加する検索トピックを選択するか、新しい検索トピックを作成します。

  3. [ルール] で、[新しいルールの追加] ([追加] ボタン) を選択して [ルールの追加] ページを開きます。

  4. [LinkedIn ページ ルール] を選択します。

  5. 追跡する対象の LinkedIn 組織ページを選び、[追加] を選択して、選んだ組織ページを検索ルールに追加します。

    注意

    組織ページをルールに追加するには、組織ページをあらかじめソーシャル プロファイルに追加しておく必要があります。

  6. [ルールの追加] ウィンドウで [続行] を選択して、検索トピックにルールを追加します。

  7. [検索トピック] ウィンドウで、[保存] をクリックして変更を適用し、データの取得を開始します。

プライバシーに関する声明

Microsoft Social Engagement は、広範囲のさまざまなお客様が利用できる、ホストされたオンライン サービスを提供します。ソフトウェア アプリケーション内は、次のソーシャル機能コンポーネントで構成されています。

ソーシャル メディア監視 – 公共のネットワークやサード パーティによって管理される管理ネットワークで、公開されているソーシャル コミュニケーションをリスニングしたり監視したりできます。

ソーシャル分析 - 一般に公開されているドキュメントや投稿と関連するクエリを識別、コンピューティング、予測する機能。

Microsoft Social Engagement を通じて、Twitter、Facebook、Tumblr、YouTube、およびブログなどのサード パーティのサービスにアクセスできる場合があり、プライバシーに関する方針が Social Engagement とは異なる場合があります。 お客様のそうしたサービスの使用と、お客様がそれらのサービスに提供した情報には、それぞれのサービスに固有のプライバシーに関する声明が適用されます。 このような接続を確立すると、ソーシャル コンテンツの取得に使用した検索クエリや、IP アドレスなどの特定のデータが、それらのサービスと共有される可能性があります。 他のプライバシーに関する声明をよくお読みいただくことをお勧めします。 また、Microsoft Online Services の使用条件もご確認いただくようお勧めします。

Microsoft Social Engagement は、顧客検索の構成およびデータ キュレーションをテナント別のデータベース (顧客データ) に保管します。 顧客データは内部アプリケーションのサーバー側にキャッシュされ、ソリューション パフォーマンスを最大限に高めることのみを目的とした、共通検索インデックス作成を可能にします。
インデックス キャッシュ データ (顧客データ) へのアクセスは、内部アプリケーションによって排他的に処理され、ユーザーは内部アプリケーション内のインデックス キャッシュ データに対して対話的なアクセスまたは変更ができません。 サブスクリプションの使用許諾契約の終了後、顧客のインデックスでキャッシュされたデータは、データ保持ポリシーに基づいて 180 日後に削除されます。

すべての新規または変更された検索トピック構成について、サードパーティのソーシャル コンテンツ プロバイダーを利用して初期見積もりを実行し、提供された検索トピック構成で獲得できる投稿量を評価します。 この目的のために、キーワード フィルター、包括フィルター、除外フィルター、適用言語フィルターがサードパーティのソーシャル プロバイダーに送信されます。

Microsoft Social Engagement は、Microsoft Cognitive Services を使用して、Twitter ページと Facebook ページから取得したプライベート メッセージに含まれるコンテンツの言語を検出します。 言語を検出するために、プライベート メッセージのタイトルとコンテンツのみが Microsoft Cognitive Services に送信されます。 プライベート メッセージのタイトルとコンテンツは Microsoft Cognitive Services に保存されません。 Microsoft Cognitive Services のプライバシーに関する声明は、こちらから確認できます: https://www.microsoft.com/trustcenter/cloudservices/cognitiveservices#privacy

関連項目

ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定
検索トピックの作成または削除
投稿のクォータの管理
Social Engagement に関する入門情報