Social Engagement と他のドメインの接続

Microsoft Social Engagement と、互換性のある他のアプリケーション (Microsoft Dynamics 365 など) との通信を有効にするには、Social Engagement データに対する要求を許可されているドメインを一覧に追加します。 一覧からドメインを削除すると、通信は許可されません。

ドメインを追加または削除するには、または Social Engagement を別のアプリケーションに接続するには、Social Engagement 管理者であることが必要です。

許可されているドメインの一覧に、以下の値を入力できます。

  • フル ドメイン名: 指定したドメインと Social Engagement ソリューションとの通信を有効にします。入力例: app.contoso.com

  • ワイルドカードを使用したドメイン名: 入力したドメインのすべてのサブドメインと、Social Engagement ソリューションとの通信を有効にします。入力例: *.contoso.com

  • ホスト名: ユーザー定義のホスト名と Social Engagement ソリューションとの通信を有効にします。入力例: http://hostname

重要

ドメイン名から末尾のスラッシュを削除してください。

ドメインの追加

  1. [設定] > [接続] > [許可されているドメイン] に移動します。

  2. 入力フィールドにドメイン名を入力し、[追加] ボタン [新規] または [追加] ボタン をクリックします。

ドメインの削除

  1. [設定] > [接続] >[許可されているドメイン] に移動します。

  2. 削除するドメインを見つけ、[削除] ボタン [削除] ボタン をクリックして、削除を確認します。

構成ページへのソリューション URL の追加

[許可されているドメイン] ページの [ソリューションの URL] ウィンドウに、Social Engagement のこのインスタンスに接続するための URL が表示されています。

ソリューションの URL をコピーし、Social Engagement に接続するアプリケーションの構成ページに貼り付けます。

注意

Social Engagement への接続を予定しているアプリケーションのドメイン名またはホスト名を、許可されているドメインの一覧に必ず追加してください。

所有しているドメインのみがデータを要求できるようにするために、許可されているドメインの一覧に組織のドメインを追加することをお勧めします。 許可されているドメインの一覧に特定のドメインを追加すると、許可されているドメインから *.dynamics.com が自動的に削除されます。

関連項目

Microsoft Social Engagement の管理
Social Engagement に関する入門情報
ソーシャル会話への接続