検索トピックの作成または削除

リスニングするオンライン情報の種類を明確に理解して始めることが重要です。 新しい検索トピックを設定し、各トピックに、対象者がパブリック ソーシャル メディア投稿で話し合っている内容を検索するためのルールを 1 つ以上追加します。 また、作成した検索トピックを編集したり、必要なくなったトピックを削除することもできます。

ヒント

このトピックは、検索の設定方法に関するチュートリアルの一部です。 詳細: ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定

検索トピックの作成

注意

このタスクを実行するには、Social Engagement の管理者またはパワー アナリストである必要があります。 詳細: ユーザー ロールについて

  1. [検索設定] に移動します。

  2. [検索トピック] ウィンドウで、[検索トピックを追加します] [追加] ボタン をクリックして [新しい検索トピック] ページを開きます。

  3. [名前] テキスト ボックスに検索トピックの名前を入力し、トピックのカテゴリを確認します。

    注意

    検索トピックの名前は 35 文字以下です。 検索トピック名は参照のためだけのものであり、実際の検索には含まれません。 検索トピック名は、検索トピックをすばやく探して利用または再利用するための、検索トピックのタイトルのようなものです。

  4. 別のユーザーをこの検索トピックの所有者にする場合は、検索トピック所有者の横の [所有者の編集] [編集] ボタン をクリックし、検索ボックスにユーザーの名前を入力するか、下の一覧で名前をクリックします。

  5. [ルール] で、[ルールの追加] [追加] ボタン をクリックして [ルールの追加] ページを開きます。

  6. 作成するルールの種類を選択した後、必要な情報を指定します。 詳細: ソースごとの処理対象を確認する

  7. [続行] をクリックして、結果の数を予測し、このルールと一致する投稿のプレビューを確認します。

  8. 別の検索ルールをトピックに追加します (任意)。

  9. [検索トピック] ウィンドウで、[保存] [保存] ボタン をクリックして検索トピックを保存し、データの取得を開始します。

    注意

    新しく作成したトピックに対して最初の投稿が取得されるまで、しばらく時間がかかります。 どれだけ遅延するかはトピック全般の容量によっても異なります。 たとえば、容量の大きいトピックは、容量の小さいトピックよりも短時間で結果が出ます。 新しいトピックを設定し、投稿を期待しているときは、必ず [分析] で確認し、期間を [今日] に設定してください。

検索トピックの編集

関連する投稿を探して、最新のビジネス要件を得られるように、検索トピックとそれに関連するルールをいつでも変更できます。 ときどき検索トピックのルールを更新して、関連のある情報だけが収集されるようにすることを強くお勧めします。

注意

管理者はソリューション内のすべての検索トピックを編集できますが、パワー アナリストは自分が所有する検索トピックだけを編集できます。

  1. [検索設定] に移動します。

  2. 検索トピックの一覧で、編集するトピックをクリックします。

  3. ルールの一覧で、編集するルールをクリックします。

  4. 更新したルールを検証し、[保存] [保存] ボタン をクリックして検索トピックを更新します。


検索トピックの所有権の管理

組織の管理者は、検索トピックの所有者を変更でき、すべての検索トピックが適切なユーザーによって所有されていることを確認できます。 パワー アナリストのロールを持つユーザーは、所有している検索トピックのみを編集できます。ただし、管理者はこのようなユーザーの権限を引き上げることができます。そのために管理者は、パワー アナリスト ロールのユーザーに、各自が管理している検索トピックや他のユーザーに代わって作成した検索トピックの所有権を付与します。

  1. [検索設定] に移動します。

  2. 検索トピックの一覧で、編集するトピックをクリックします。

  3. [検索トピックの設定] ウィンドウで、検索トピック所有者の横の [所有者の編集] [編集] ボタン をクリックします。

    注意

    検索トピックの所有者を編集するには、管理者のロールを持っている必要があります。

  4. 検索ボックスにユーザー名を入力するか、検索ボックスの下にある一覧で名前をクリックします。

  5. [保存] [保存] ボタン をクリックして検索トピックを更新します。

検索トピックの削除

重要

管理者は、いつでも検索トピックを削除できます。 パワー アナリストは、自分が所有する検索トピックだけを削除できます。

  1. [検索設定] に移動します。

  2. 検索トピックの一覧で、削除するトピックの横にある [削除] ボタン [削除] ボタン をクリックして、削除を確認します。

    注意

    検索トピックを削除すると次のような影響があります。

    • 削除されるトピックのデータ取得がすぐに停止します。
      • 自動電子メール通知が、その検索トピックを作成したユーザーに送信されます。
      • その検索トピックは、ユーザー インターフェイスに表示されなくなります。
      • そのトピックに基づくアラートとストリームがアクティブではなくなります。
      • 検索トピックを削除してもクォータは同じままです。 削除した検索トピックがクォータに計上されないように、削除したトピックに含まれていたキーワードをブロックされたコンテンツに追加する必要があります。 詳細: 投稿のクォータの管理

プライバシーに関する声明

Microsoft Social Engagement は、広範囲のさまざまなお客様が利用できる、ホストされたオンライン サービスを提供します。ソフトウェア アプリケーション内は、次のソーシャル機能コンポーネントで構成されています。
ソーシャル メディア監視 – 公共のネットワークやサード パーティによって管理される管理ネットワークで、公開されているソーシャル コミュニケーションをリスニングしたり監視したりできます。
ソーシャル分析 - 一般に公開されているドキュメントや投稿と関連するクエリを識別、コンピューティング、予測する機能。
Microsoft Social Engagement を通じて、Twitter、Facebook、Tumblr、YouTube、およびブログなどのサード パーティのサービスにアクセスできる場合があり、プライバシーに関する方針が Social Engagement とは異なる場合があります。 お客様のそうしたサービスの使用と、お客様がそれらのサービスに提供した情報には、それぞれのサービスに固有のプライバシーに関する声明が適用されます。 このような接続を確立すると、ソーシャル コンテンツの取得に使用した検索クエリや、IP アドレスなどの特定のデータが、それらのサービスと共有される可能性があります。 他のプライバシーに関する声明をよくお読みいただくことをお勧めします。 また、Microsoft Online Services の使用条件もご確認いただくようお勧めします。

Microsoft Social Engagement は、顧客検索の構成およびデータ キュレーションをテナント別のデータベース (顧客データ) に保管します。 顧客データは内部アプリケーションのサーバー側にキャッシュされ、ソリューション パフォーマンスを最大限に高めることのみを目的とした、共通検索インデックス作成を可能にします。
インデックス キャッシュ データ (顧客データ) へのアクセスは、内部アプリケーションによって排他的に処理され、ユーザーは内部アプリケーション内のインデックス キャッシュ データに対して対話的なアクセスまたは変更ができません。 サブスクリプションの使用許諾契約の終了後、顧客のインデックスでキャッシュされたデータは、データ保持ポリシーに基づいて 180 日後に削除されます。

すべての新規または変更された検索トピック構成について、サードパーティのソーシャル コンテンツ プロバイダーを利用して初期見積もりを実行し、提供された検索トピック構成で獲得できる投稿量を評価します。 この目的のために、キーワード フィルター、包括フィルター、除外フィルター、適用言語フィルターがサードパーティのソーシャル プロバイダーに送信されます。

関連項目

ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定
検索トピックへのルールの追加