ソーシャル投稿から Dynamics 365 レコードを作成

Microsoft Social Engagement で見つかった投稿を Dynamics 365 インスタンスに送信してレコードを作成します。 たとえば、投稿をカスタマー サービス向けのサポート案件や営業チーム向けのリードに自動的に変換できます。 ソーシャル活動を作成するとき、投稿の作成者が Dynamics 365 にソーシャル プロファイルを持っていない場合は、システムによってソーシャル プロファイルと取引先担当者レコードが作成され、ソーシャル プロファイルが取引先担当者レコードにリンクされます。 Dynamics 365 にレコードが作成されると、このレコードの詳細を Social Engagement で表示できます。
Social Engagement と接続するようにオンラインおよびオンプレミスの Dynamics 365 インスタンスを構成する方法については、「Dynamics 365 との接続を確立するための前提条件」を参照してください。

レコードの詳細の指定

Dynamics 365 内のレコードがソーシャル投稿から作成された場合に Dynamics 365 のレコードの詳細に表示される情報を定義できます。 選択内容に応じて、Dynamics 365 フィールドには接続されているインスタンスと選択されたエンティティに関する情報が表示されます。 ソーシャル活動レコードの種類または Dynamics 365 のレコード作成および更新ルール機能については、「MSDN: SocialActivity エンティティのメッセージとメソッド」、「CRM ヘルプとトレーニング: CRM にレコードを自動的に作成または更新するルールをセットアップする」を参照してください。

Social Engagement で同じエンティティが投稿から作成された場合に [Dynamics 365 レコードの詳細] に表示する、Dynamics 365 エンティティのフィールドを定義します。 Social Engagement でエンティティの詳細を定義するときに [Dynamics 365 レコードの詳細] に表示するフィールドを追加します。

レコードの詳細に表示するフィールドの定義または編集

  1. Social Engagement で、[設定] > [接続] > Microsoft Dynamics 365 に移動します。

  2. [Microsoft Dynamics 365 接続] ウィンドウで、エンティティの詳細を定義する Dynamics 365 インスタンスを選択します。

  3. [Dynamics 365 インスタンス] ウィンドウの [レコードの詳細] でレコードの種類を選択します。

  4. [エンティティの詳細] ウィンドウで、選択したエンティティの [Dynamics 365 レコードの詳細] フォームに表示する Dynamics 365 フィールドを選択します。 または、[追加] [追加] ボタン をクリックして他のフィールドを追加します。

  5. フィールドの順序を変更するには、上矢印 Dynamics 365 のエンティティの属性を上へ または下矢印 Dynamics 365 のエンティティの属性を下へ を使います。フィールドを削除するには、[削除] ボタン [削除] ボタン を使います。

    エンティティの詳細

    重要

    エンティティを使用しているアクティブなオートメーション ルールがある場合、そのエンティティを削除することはできません。 最初に、そのエンティティを使っているすべてのオートメーション ルールを非アクティブ化または削除する必要があります。 詳細: オートメーション ルールを使用した投稿のルーティング

  6. 変更を適用するには、[Dynamics 365 インスタンス] ウィンドウで [保存] [保存] ボタン をクリックします。

Social Engagement の投稿をソーシャル活動に変換する

  1. Social Engagement で、[分析] ページの [投稿] をクリックして投稿リストを表示します。

    --または--

    Microsoft Social Engagement > [ソーシャル センター] に移動してストリームを表示します。

  2. Dynamics 365 でソーシャル アクティビティ レコードに変換する投稿に移動し、[Dynamics 365 にリンク] Social Engagement の [Dynamics 365 にリンク] ボタン をクリックします。

    Social Engagement の [Dynamics 365 にリンク] ボタン

  3. 利用できるインスタンスから選択し、作成するレコードの種類を [エンティティ] ドロップダウン リストから選択します。 [エンティティ] ドロップダウンリストには、[Dynamics 365 レコードの詳細] セクションの [Dynamics 365 インスタンス] パネルで構成したエンティティのみが表示されます。 インスタンスで単一のエンティティが構成されている場合は、そのエンティティが既定で選択されます。

    インスタンスとエンティティの選択

  4. レコードに関連する追加情報を最大 250 文字で [メモ] 欄に入力し、[作成] をクリックします。

    投稿に [リンク済] ボタン Social Engagement の [Dynamics 365 にリンク] ボタン とリンク先の Dynamics 365 (オンライン) インスタンスの名前が表示されます。

    Social Engagement の投稿のリンク先ボタン

ヒント
  • Dynamics 365 (オンライン) で特定のデータ セットに一致するソーシャル投稿からレコードを自動的に作成するために、オートメーション ルールを作成できます。 詳細: オートメーション ルールを使用した投稿のルーティング
  • リンク先の Dynamics 365 (オンライン) インスタンスに Social Engagement を無効にするシステム設定がある場合、リンクの作成は失敗し、このようなエラー メッセージが表示されます: "Dynamics 365 で Social Engagement からソーシャル データを受信できません"。 Dynamics 365 (オンライン) 管理者に連絡し、Social Engagement を無効にするシステム設定を確認してください。 詳細: TechNet: ソーシャル データのコントロール
  • Dynamics 365 (オンライン) でソーシャル活動の受信が許可されていれば、受信したソーシャル活動から Dynamics 365 (オンライン) エンティティを作成するためのルールが構成されていない場合でも、リンク操作は成功します。 ただし、Social Engagement でリンクの詳細を開くと、ソーシャル活動についての詳細のみが表示されます。 この状況が発生した場合は、Dynamics 365 (オンライン) 管理者にお問い合わせください。 詳細: CRM ヘルプとトレーニング: CRM にレコードを自動的に作成または更新するルールをセットアップする

リンクした投稿からレコードを自動的に作成するように Dynamics 365 を構成する

既定では、Social Engagement から投稿がリンクされると、Dynamics 365 にソーシャル活動エンティティが作成されます。 Dynamics 365 で、このエンティティを別の種類のレコードに変換できます。 このプロセスを自動化するには、Dynamics 365 で自動レコード作成ルールを設定します。作成したルールに基づいて、受信するソーシャル活動からレコードを自動的に作成することができます。

ソーシャル活動レコードの種類または Dynamics 365 のレコード作成およびルール更新の機能の詳細については、「MSDN: SocialActivity エンティティのメッセージとメソッド」、「CRM ヘルプとトレーニング: CRM にレコードを自動的に作成または更新するルールをセットアップする」を参照してください。

ソーシャル活動の作成時に Dynamics 365 に送信されるデータについて

ソーシャル活動を作成すると、Social Engagement でソーシャル ペイロードが JSON オブジェクトとしてソーシャル活動の [追加のパラメーター] フィールドに送信されます。 ペイロードは、ルールの条件を定義するチャネル プロパティや、作成または更新するレコードのプロパティを設定する条件を定義するチャネル プロパティとして使用できます。 詳細: CRM ヘルプとトレーニング: CRM にレコードを自動的に作成または更新するルールをセットアップする ペイロードには、Dynamics 365 がツイートや Facebook の投稿を処理するために必要な、最も重要なフィールドが含まれます。 それらのフィールドには、送信された投稿に関する情報が含まれています。作成者、コンテンツ、元の投稿の URI、Social Engagement での投稿の URI、その他の投稿メタデータです。 投稿のソースに基づいて、ペイロードのコンテンツは変わる可能性があります。

Dynamics 365 のソーシャル活動には、ソーシャル ペイロードを Social Engagement からの JSON として受信する [追加のパラメーター] フィールドがあります。

Social Engagement で [追加のパラメーター] を管理するために Dynamics 365 にチャネル プロパティを設定する方法の詳細については、「CRM ヘルプとトレーニング: CRM にレコードを自動的に作成または更新するルールをセットアップする」を参照してください。

次の表では、この機能の JSON ペイロードについて説明します。

プロパティ ActivityAdditionalParams 説明 ソースの制限
postmessagetype なし 投稿の種類

0: 公開投稿

1: 非公開投稿
なし
community なし コミュニティの種類

1: Facebook

2: Twitter

0: その他
なし
sentimentvalue なし 投稿のセンチメント値

1: 肯定的センチメント

0: 中立的センチメント

-1: 否定的センチメント

null: 不明なセンチメント
なし
posturl なし 投稿の URL なし
description なし 投稿のコンテンツ

書かれているコンテンツの最大 2000 文字。
なし
subject なし 投稿のタイトル (ある場合)。 ない場合は、投稿のコンテンツの最初の 200 文字です。 なし
postedon なし 作成者によって投稿が公開された日付。 なし
activityaddtionalparams ソーシャル活動の追加パラメーター なし
なし targetEntityName Dynamics 365 内に作成されるエンティティの名前。 投稿を Dynamics 365 にリンクした場合、これには常に socialactivity が設定されます。 なし
なし userPreferredTargetEntity リンクされた投稿の [レコードの詳細] に表示される [エンティティ] ドロップダウン リストでの優先エンティティ。ユーザーによって Social Engagement で定義されます。 これは、Dynamics 365 に定義されたルールによって Dynamics 365 内に作成されるレコードの種類と一致させる必要はありません。 なし
なし socialHandle ソースでの作成者のエイリアスまたはユーザー名。 なし
なし profileName ソースでの作成者のエイリアスまたはユーザー名。 なし
なし profilelink 作成者のプロファイルの URL。 Facebook と Twitter で利用できます。
なし fullName 作成者の名前。 なし
なし community 1: Facebook

2: Twitter

0: その他
なし
なし influencescore 作成者のリーチ スコア (0 ~-99 の範囲)。 値が高ければ高いほど、作成者は大きな影響力を持っています。 なし
なし retweetedBy_displayName 投稿をリツイートした作成者の名前。 投稿がリツイートされる場合のみ利用できます。
なし retweetedBy_externalId 投稿をリツイートした作成者の外部 ID。 投稿がリツイートされる場合のみ利用できます。
なし retweetedBy_screenName 投稿をリツイートした作成者の名前。 投稿がリツイートされる場合のみ利用できます。
なし isretweet 投稿がリツイートされているかどうかを決定します。

true: リツイートされている

false: リツイートされていない
投稿がリツイートされる場合のみ利用できます。
なし MSEbacklinkPost Social Engagement で投稿にアクセスするための URI。 なし
なし Notes ソーシャル活動の作成者が Social Engagement に自由形式のテキストで入力した追加情報。 なし

サンプル ペイロード

Dynamics 365 に送信される一般的な JSON ペイロードをここに指定します。

{
  "postmessagetype": 0,
  "community": 2,
  "sentimentvalue": 1,
  "posturl": "https://www.twitter.com/contoso/stauts/123412341234",
  "description": "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididu...", 
  "subject": "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididu...",
  "postedon": "2016-12-30T08:15:30-05:00",
  "activityadditionalparams": 
  {  
    "targetEntityName": "socialactivity",  
    "userPreferredTargetEntity": "incident",  
    "socialHandle": "Contoso",  
    "profileName": "Contoso",  
    "profilelink": "http://www.twitter.com/Contoso",  
    "fullName": "Contoso",  
    "community": 2,  
    "influencescore": 41.0,  
    "notes": "The customer requested a technician to call back as quickly as possible.",  
    "isRetweet": false,  
    "MSEbacklinkPost": "https://listening-prod.dynamics.com/app/23534544/#postid=45663"  
  }
}  

リンクされた投稿のレコードの詳細を Social Engagement で表示する

投稿が Dynamics 365 のソーシャル活動にリンクされている場合は、[Dynamics 365 レコードの詳細] で関連付けられたレコードを開くことができます。

Social Engagement 内から Dynamics 365 レコードを開く

  1. Social Engagement で、[分析] ページの右側の [投稿] をクリックし、投稿一覧を表示します。

    --または--

    Microsoft Social Engagement > [ソーシャル センター] に移動してストリームを表示します。

  2. 投稿を選択し、[Dynamics 365 にリンク] Social Engagement の [Dynamics 365 にリンク] ボタン をクリックします。 [Dynamics 365 レコードの詳細] ダイアログ ボックスに、関連付けられた Dynamics 365 レコードの詳細がすべて表示されます。

    [Dynamics 365 レコードの詳細]

注意

ルールの定義がエラーになり、リンクされたソーシャル活動からエンティティが作成されない場合は、Dynamics 365 管理者にお問い合わせください。

リンクされたレコードを Dynamics 365 で開く

  1. Social Engagement で、[分析] ページの [投稿] をクリックして投稿リストを表示します。

    --または--

    Microsoft Social Engagement > [ソーシャル センター] に移動してストリームを表示します。

  2. 関連付けられたレコードを開く投稿を選択し、[Dynamics 365 にリンク] Social Engagement の [Dynamics 365 にリンク] ボタン をクリックします。

  3. [Dynamics 365 レコードの詳細][レコードを開く] [レコードを開く] をクリックすると、Dynamics 365 のレコードが表示されます。

    Dynamics 365 のエンティティに対して対話型エクスペリエンスが有効になっている場合は、Dynamics 365 にリンクされたソーシャル投稿のレコードを開くと、エンティティが対話型サービス ハブで開かれます。 対話型エクスペリエンスが有効になっていない Dynamics 365 のエンティティは、引き続き Web クライアントで開かれます。 詳細: CRM ヘルプとトレーニング: 新しい対話型サービス ハブのユーザー ガイド

    Social Engagement から Dynamics 365 のレコードを開く

注意

ルールまたはアクティブなルールが存在しない、またはソーシャル活動が定義された条件と一致しない場合、ターゲットの Dynamics 365 レコードは作成されず、[レコードを開く] オプションをクリックすると、Dynamics 365 でソーシャル活動が開きます。 ターゲットの Dynamics 365 レコードが作成されている場合は、[レコードを開く] オプションをクリックすると、ターゲット レコードが開きます。

リンクされた Dynamics 365 レコードを投稿から削除する

リンクされた Dynamics 365 レコードを投稿から削除できます。 リンクされた Dynamics 365 レコードを投稿から削除すると、添付されているメモも削除されることに注意してください。 リンクが無効になった場合や、正しくなくなった場合、または同じ投稿から新しいエンティティ レコードを作成することを検討している場合は、リンクされた Dynamics 365 レコードを投稿から削除します。

注意

リンクを削除した場合、Dynamics 365 内のリンクされたレコードには影響しません。Social Engagement の投稿と Dynamics 365 レコード間のリンクが解除されるだけです。 リンクを削除すると、同じ Social Engagement の投稿と同じ Dynamics 365 レコード間にリンクを再確立する方法はありません。

  1. Social Engagement で、[分析] ページの右側の [投稿] をクリックし、投稿一覧を表示します。

    --または--

    Microsoft Social Engagement > [ソーシャル センター] に移動してストリームを表示します。

  2. 関連付けられたレコードを開く投稿を選択し、[Dynamics 365 にリンク] Social Engagement の [Dynamics 365 にリンク] ボタン をクリックします。

  3. [Dynamics 365 レコードの詳細] で、[削除] をクリックします。

ソーシャル投稿と Dynamics 365 間のリンクの削除

プライバシーに関する声明

Microsoft Social Engagement から Microsoft Dynamics 365 への接続を有効にすると、投稿またはオートメーション ルールでの個々のアクションを使用して Dynamics 365 にデータが送信されることを許可したと見なされます。
Dynamics 365 は、Microsoft Social Engagement から取得したデータを SocialActivity エンティティおよび SocialProfile エンティティとして保存した後、事前に定義されたルールに基づいて、SocialActivity を別の種類のレコードに変換できます。 Dynamics 365 レコードにアクセスするために必要なアクセス許可を持つ Dynamics 365 ユーザーは、このデータにアクセスし、データを処理することができます。
Microsoft Social Engagement から送信されるデータには、ソーシャル コンテンツと顧客データの両方が含まれることに注意してください。 具体的には、ソーシャルの投稿についてのソーシャル コンテンツ情報 (作成者とテキスト) や、センチメントやタグなどの加工された情報形式での顧客データがあります。 Dynamics 365 に送信されるデータの内容の詳細については、ペイロード プロパティのトピックを参照してください。

関連項目

Dynamics 365 と Social Engagement 間の接続の設定
Social Engagement から Dynamics 365 への投稿のリンク
Microsoft Social Engagement の管理