Social Engagement でのデータの保持

Microsoft Social Engagement を使用したときに保存されるユーザー データとその保持期間について説明します。 データが Microsoft Social Engagement に保存されるときは、取得された投稿であってもユーザー設定であっても常に、データベースに格納されます。 投稿は最終的に中央のデータ ストアに格納されますが、他のデータはすべてソリューション固有のデータベースに保存されます。

通常の投稿としてのプライベート メッセージおよびダイレクト メッセージの記憶域

少なくとも 1 人のユーザーがソーシャル プロファイルを組織の Social Engagement ソリューションに追加し、このソーシャル プロファイルのプライベート メッセージの取得が許可されている場合、このプロファイルのプライベート メッセージを取得できます。

注意

検索トピックを使用するアクセス許可を持つユーザーは、パブリック検索によって発見されたプライベート メッセージおよび同様の投稿を取得するルールを作成できます。 データベースに格納されたプライベート メッセージは同じ組織内の Social Engagement にアクセスできるすべてのユーザーが見ることができます。

ソーシャル プロファイルが削除されたときのデータの保持

ソリューションでソーシャル プロファイルからプライベート メッセージを取得済みであり、ソーシャル プロファイルが所有者によって削除された場合、削除後直ちに、このプロファイルのすべてのプライベート メッセージはユーザー インターフェイスに表示されなくなります。

ただし、ソリューションがプロビジョニング解除されるか、または投稿が 2 年 (730 日) 以上経過しない限り、ダイレクト メッセージは中央のデータベースに残っています。

プライベート メッセージが削除されたときのデータの保持

ソリューションでソーシャル プロファイルからプライベート メッセージを取得済みであり、ソーシャル プロファイルの所有者がそれらのいずれかのメッセージを削除した場合、削除されたメッセージはそれ以降ユーザー インターフェイスに表示されません。

組織が削除されるかプロビジョニング解除されたときのデータの保持

グローバル管理者が組織の Social Engagement ソリューションをプロビジョニング解除した場合、投稿、検索トピック、ダイレクト メッセージ、ユーザー アクセス許可などのすべての関連データは、組織のサブスクリプションが取り消されてから 180 日後に削除されます。

関連項目

ソーシャル プロファイルの管理
ユーザー ロールについて
投稿に関する作業