Dynamics 365 と Social Engagement 間の接続の管理

このトピックでは、Dynamics 365 と Social Engagement との接続の設定を変更する方法と、変更した場合の結果について説明します。

次の場合、Social Engagement の投稿と Dynamics 365 レコードとのリンクが切断されることがあります。

  • 関連付けられた Dynamics 365 インスタンスが Social Engagement で無効化または削除されている場合。

  • 関連付けられた Dynamics 365 インスタンスにダウンタイムが発生しているか、インスタンスが期限切れになっている場合。

  • Dynamics 365 インスタンスは有効化されているが、Dynamics 365 レコードがソーシャル活動との関連付けを解除されたか、Dynamics 365 で削除された場合。または、Social Engagement で、リンクされた Dynamics 365 レコードが Social Engagement の投稿とのリンクを解除された場合。 詳細: リンクされた Dynamics 365 レコードを投稿から削除する

前提条件

  • 以下のタスクを実行するには、Social Engagement で管理者のロールを持っている必要があります。

  • Social Engagement と Dynamics 365 の間に接続が既に確立され、機能している必要があります。

確立された接続を編集する

Dynamics 365 (オンライン) インスタンスを Social Engagement に接続すると、そのインスタンスが [設定] > [接続] > [Microsoft Dynamics 365] の一覧に表示されます。

Microsoft Dynamics 365 の接続

[Dynamics 365 インスタンス] ウィンドウを開くには、接続に関連付けられている行をクリックします。

Dynamics 365 インスタンスの詳細

  • 名前: Dynamics 365 でソーシャル活動を作成するときに、この接続のインスタンスをすばやく識別するための名前を示します。 表示名は、Social Engagement 管理者が接続の設定中に名前を変更していない限り、Office 365 の組織名と一致します。 詳細: TechNet: インスタンスのプロパティの編集

  • Dynamics 365 インスタンス: Dynamics 365 インスタンスの URL。

  • 組織の言語: Dynamics 365 インスタンスの組織の言語を示します。

  • 接続日: Dynamics 365 と Social Engagement の間に接続が確立された日時を示します。

  • 既定として設定: ソーシャル投稿から Dynamics 365 レコードへの新しいリンクの作成時に既定で選択されるインスタンスを選ぶことができます。

  • インスタンスの有効化: ソーシャル投稿から Dynamics 365 レコードへの新しいリンクの作成を一時的に無効にすることを選択できます。 詳細: ソーシャル投稿から Dynamics 365 レコードを作成

  • 最新の情報に更新: Social Engagement でその Dynamics 365 接続に関連付けられた、すべての Dynamics 365 エンティティのメタデータを更新できます。

    メタデータに対して必要な変更を行い、[保存] をクリックして変更を適用します。

Social Engagement で使用する既定の Dynamics 365 インスタンスを変更する

組織で複数の Dynamics 365 インスタンスを保持している場合、Social Engagement を複数のインスタンスに接続できます。 この場合、最も頻繁に使用されるインスタンスを、Dynamics 365 で新しいレコードを作成する際の既定の接続として設定できます。 ユーザーは新しい Dynamics 365 レコードを作成するときに別のインスタンスを選択できます。

  1. Microsoft Social Engagement で、[設定] > [接続] > Microsoft Dynamics 365 に移動します。

  2. [Microsoft Dynamics 365 接続] ウィンドウで、既定として設定するインスタンスを選択します。

  3. [Dynamics 365 インスタンス] ウィンドウで、[既定として設定] オプションをオンに設定します。

  4. [保存] [保存] ボタン をクリックして変更を適用します。

接続を削除した場合の結果

接続した Dynamics 365 インスタンスで新しいレコードを作成する必要がなくなった場合、Social Engagement の投稿と Dynamics 365 のレコードとの間で既に確立済みの接続をいつでも削除できます。 Dynamics 365 インスタンスで一時的に新しいレコードが作成されないようにする場合は、接続を削除することなく、あるインスタンスへの接続を無効にすることもできます。

  • 接続された Dynamics 365 インスタンスが複数ある場合は、1 つの接続を削除しても、他の接続を引き続き使用できます。

  • 接続された Dynamics 365 インスタンスが 1 つである場合、そのインスタンスを削除できますが、Social Engagement 内から Dynamics 365 レコードに投稿をリンクすることはできなくなります。

  • 特定の接続を削除すると、その Dynamics 365 インスタンスを指すリンクが含まれていたすべての投稿で、そのリンクが削除されます。 それらの投稿は、Dynamics 365 へのアクティブなリンクを持たない他の投稿と同じように表示され、有効になっている他の Dynamics 365 インスタンスにリンクできます。 詳細: Dynamics 365 (オンライン) と Social Engagement を接続する

  • 接続が再度確立されない限り、削除された Dynamics 365 インスタンス内に新しい Dynamics 365 レコードを作成することはできません。

注意

Social Engagement の投稿にあるリンクを削除しても、Dynamics 365 レコードやソーシャル活動には一切影響しません。

既存の接続を削除する

重要

接続されている Dynamics 365 に投稿をリンクするアクティブなオートメーション ルールが存在する場合、接続を削除することはできません。 最初に、その接続を使っているすべてのオートメーション ルールを非アクティブ化または削除する必要があります。 詳細: オートメーション ルールを使用した投稿のルーティング

  1. Microsoft Social Engagement で、[設定] > [接続] > Microsoft Dynamics 365 に移動します。

  2. [Microsoft Dynamics 365 接続] の一覧で、接続されているインスタンスを見つけます。

  3. [Dynamics 365 へのこの接続を削除します] ボタン 削除ボタン をクリックします。

  4. 削除を確認します。

接続を無効にした場合の結果

接続した Dynamics 365 インスタンスで今後新しいレコードを作成する必要がない場合は、Social Engagement の投稿と Dynamics 365 のレコードとの間で既に確立済みの接続をいつでも削除できます。 Dynamics 365 インスタンスで一時的に新しいレコードが作成されないようにする場合は、接続を削除することなく、あるインスタンスへの接続を無効にすることもできます。

  • 接続された Dynamics 365 インスタンスが複数ある場合は、1 つの接続を無効にしても、他の接続を引き続き使用できます。

  • 接続された Dynamics 365 インスタンスが 1 つである場合、そのインスタンスを無効にできますが、Social Engagement 内から新しい外部リンクを作成することはできなくなります。

  • 投稿がインスタンスの無効になった接続にリンクされている場合、投稿は存続しますが、Dynamics 365 レコードに関する詳細は利用できません。 インスタンスを有効にして Dynamics 365 インスタンスに対する外部リンクを引き続き作成し、更新されたレコードの詳細を表示できます。 詳細: Dynamics 365 と Social Engagement 間の接続の設定

注意

既存の接続を無効にしても、Dynamics 365 インスタンスには影響しません。

次の表で、関連付けられた Dynamics 365 インスタンスの状態が変化したときの、Social Engagement 投稿への影響を要約します。

Social Engagement 内の関連付けられた Dynamics 365 インスタンスの状態 Dynamics 365 レコードが Social Engagement 投稿にリンクされている場合の影響 Dynamics 365 レコードが Social Engagement 投稿にリンクされていない場合の影響
削除済み - Social Engagement 投稿は再びリンクすることができます。
- Social Engagement 投稿を別のインスタンスにリンクし直し、前に削除された Dynamics 365 インスタンスを Social Engagement 内で再度関連付けした場合は、元のリンクを検索しないでください。また、確立されたリンクを変更しないでください。
- Social Engagement 投稿をリンクし直さず、削除済みの Dynamics 365 インスタンスを再度関連付けした場合は、元のリンクを確立します (Dynamics 365 のソーシャル活動が利用可能な場合)。
- Dynamics 365 インスタンスは無効とマークされ、Dynamics 365 リンクの作成時にインスタンスのリストで利用できなくなります。
- Social Engagement から、ユーザーが選択した有効になっているインスタンスへのリンクが可能です。
無効 - Social Engagement 投稿のリンクは保持され、リンクの読み込みが失敗するためエラー メッセージが表示されます。
- Dynamics 365 インスタンスは Social Engagement 内で無効とマークされます。
- Social Engagement で、ユーザーは投稿のリンクを解除でき、投稿は別の有効な Dynamics 365 インスタンスにリンクできるようになります。
同上。
ダウンタイム 同上。 同上。
期限切れ - Social Engagement 投稿のリンクは保持され、リンクの読み込みが失敗するためエラー メッセージが表示されます。
- Dynamics 365 インスタンスは無効とマークされます。
- Social Engagement で、ユーザーは投稿のリンクを解除でき、投稿は別の有効な Dynamics 365 インスタンスにリンクできるようになります。
同上。

次の表で、関連付けられた Dynamics 365 レコードの状態が変化したときの、Social Engagement 投稿への影響を要約します。

関連付けられた Dynamics 365 レコードの状態 Dynamics 365 レコードが Social Engagement 投稿にリンクされている場合の影響 Dynamics 365 レコードが Social Engagement 投稿にリンクされていない場合の影響
Dynamics 365 で、Dynamics 365 レコードとソーシャル活動の関連付けが解除された。 - Social Engagement 投稿とのリンクが切断されます。
- 関連付けられた Social Engagement 投稿は再びリンクすることができます。
なし
Dynamics 365 で、Dynamics 365 レコードが削除された。 同上。 なし
Dynamics 365 で、ソーシャル活動が削除されたが、リンクされたレコードは使用可能。 同上。 なし
Social Engagement で、リンクされた Dynamics 365 レコードと Social Engagement 投稿のリンクが解除された。 詳細: リンクされた Dynamics 365 レコードを投稿から削除する Social Engagement の投稿は再びリンクすることができます。 なし

既存の接続を無効にする

重要

接続されている Dynamics 365 に投稿をリンクするアクティブなオートメーション ルールが存在する場合、接続を無効にすることはできません。 最初に、その接続を使っているすべてのオートメーション ルールを非アクティブ化または削除する必要があります。 詳細: オートメーション ルールを使用した投稿のルーティング

  1. Microsoft Social Engagement で、[設定] > [接続] > Microsoft Dynamics 365 に移動します。

  2. [Microsoft Dynamics 365 接続] の一覧で、接続されているインスタンスを見つけます。

  3. [インスタンスの有効化] オプションをオフに設定します。

  4. [保存] [保存] ボタン をクリックして変更を適用します。

注意

Dynamics 365 インスタンスが期限切れになった場合、またはメンテナンス中の場合、リンクされた Dynamics 365 レコードの詳細は Social Engagement に表示されません。

プライバシーに関する声明

Microsoft Social Engagement から Microsoft Dynamics 365 への接続を有効にすると、投稿またはオートメーション ルールでの個々のアクションを使用して Dynamics 365 にデータが送信されることを許可したと見なされます。
Dynamics 365 は、Microsoft Social Engagement から取得したデータを SocialActivity エンティティおよび SocialProfile エンティティとして保存した後、事前に定義されたルールに基づいて、SocialActivity を別の種類のレコードに変換できます。 Dynamics 365 レコードにアクセスするために必要なアクセス許可を持つ Dynamics 365 ユーザーは、このデータにアクセスし、データを処理することができます。
Microsoft Social Engagement から送信されるデータには、ソーシャル コンテンツと顧客データの両方が含まれることに注意してください。 具体的には、ソーシャルの投稿についてのソーシャル コンテンツ情報 (作成者とテキスト) や、センチメントやタグなどの加工された情報形式での顧客データがあります。 Dynamics 365 に送信されるデータの内容の詳細については、ペイロード プロパティのトピックを参照してください。

関連項目

Social Engagement から Dynamics 365 への投稿のリンク
Dynamics 365 と Social Engagement の接続
ソーシャル投稿から Dynamics 365 レコードを作成
Microsoft Social Engagement の管理