Social Engagement のライセンスの管理

Microsoft Office 365 管理センターを使って、Microsoft Social Engagement のユーザー ライセンスとその他のサービスを管理できます。 このトピックでは、ユーザーに Microsoft Social Engagement へのアクセス権を付与する手順について説明します。
以下のタスクは、組織の Office 365 管理者が行う必要があります。

組織を準備する

サービスを既存の Office 365 サブスクリプションに追加するための詳細な手順については、「Office ヘルプ: サブスクリプションの管理」を参照してください。

Microsoft Dynamics 365 の客様は、Microsoft Dynamics 365 の価格設定とライセンスに関するページで、組織に Microsoft Social Engagement ユーザー ライセンスの利用資格があるかどうかをご確認ください。

学校または職場の組織に Office 365 サブスクリプションがまだない場合、組織の Office 365 テナントを作成する必要があります。

Office 365 での新しい組織のサインアップ

  1. Office 365 にサインアップします。

  2. ウィザードに従って、組織と管理者アカウントを作成します。

  3. オプションで、アクセス権を与える予定のユーザーの数を選びます。

  4. オプションで、投稿のクォータを拡張するアドインを選びます。

  5. Social Engagement のプロビジョニングを開始する購入プロセスを完了します。

プロビジョニング プロセスを完了するには数分かかります。完了後に Social Engagement を使い始めることができます。 Social Engagement インスタンスの準備ができると、詳細なアクセス方法が示された電子メールが届きます。 これで、サインインして Social Engagement をセットアップする準備ができました。

ユーザーへのライセンスの割り当て

Social Engagement ライセンスをユーザーに割り当てることで、ユーザーが Social Engagement を使用できるようにします。 管理者は常に、特定の機能を使うためのユーザーのアクセス許可を変更することができます。

  1. Office 365 ポータルで、[ユーザー] > [アクティブなユーザー] をクリックし、ユーザーを選びます。

  2. [ライセンス] タブで、[Microsoft Social Engagement] チェック ボックスをオンにします。

  3. [保存] [保存] ボタン をクリックします。

ユーザーからライセンスを削除する

Office 365 ユーザー アカウントを作成するとき、通常はユーザーにライセンスの割り当てを行って特定の機能を使えるようにします。

サブスクリプション内のユーザーから割り当てられたライセンスを削除すると、そのユーザーに割り当てられていたライセンスは別のユーザーに割り当てるために自動的に利用可能になります。 Office 365 で管理する他のアプリケーション (Microsoft Exchange Online や Microsoft SharePoint など) に対するユーザーのアクセスを継続する場合は、ユーザーを削除しないでください。 代わりに、ユーザーに割り当てられている Social Engagement ライセンスを削除してください。
ユーザーのライセンスを Social Engagement から削除すると、関連するカスタム設定、アラーム、所有または共有しているストリームがすべて削除されます。 削除したカスタム設定は復元できません。 削除されたユーザーが所有していた検索トピックは残ります。

  1. Office 365 ポータルで、[ユーザー] > [アクティブなユーザー] をクリックし、ユーザーを選びます。

  2. [ライセンス] で、[Microsoft Social Engagement] チェック ボックスをオフにします。

  3. [保存] [保存] ボタン をクリックします。

ライセンスを購入するか他の Office 365 プランを追加する

ライセンスや他のプランの購入とサブスクリプションへの追加はいつでも実行できます。 ライセンスを購入するか他の Office 365 プランをサブスクリプションに追加するには、会社のアカウントのグローバル管理者または支払い管理者である必要があります。
詳細: Microsoft Dynamics 365 の価格設定とライセンス

追加ライセンスの購入

  1. Office 365 管理センター で、[サービスの購入] をクリックします。

  2. 購入する Microsoft Social Engagement アドインまたはユーザー ライセンスを選び、[今すぐ購入] ボタン [今すぐ購入] ボタン をクリックします。

  3. 注文するライセンスの数を選んで、注文をカスタマイズします。 必要な数のライセンスが揃ったら、[今すぐチェックアウト] をクリックします。

  4. チェックアウト手順に従って、購入を確認します。

プライバシーに関する声明

Microsoft Social Engagementでは、ユーザーがページ間を移動する際に、各ページで毎回サインインせずに済むように、セッション Cookie が使用されます。 以降のセッションの認証を省力化するために、ユーザーの意向に応じて、Cookie を使用して資格情報を保存する場合があります。
Microsoft Social Engagement の運用にはセッション Cookie が不可欠です。これらの Cookie を拒否することはできません。 ただし、サインイン Cookie は、ユーザーから要求された場合にのみ保存されます。

お客様が Microsoft パートナーを指定した場合 (パートナーの依頼または見積もりに応えて Microsoft Social Engagement を試用または購入した、あるいは Social Engagement の使用または管理を支援するパートナーを指定したなどにより)、Microsoft はお客様の指示に従いパートナーがお客様情報を使用できるようにします。

Social Engagement から Azure Event Hubs への接続を有効にすると、オートメーション ルールを使用したイベント ハブへのソーシャル データのストリームを許可したことになります。 Social Engagement からストリームされたソーシャル データは、事前に構成された期間 Azure Event Hubs に保存され、イベント ハブをリスニングできる任意のアプリケーションでアクセス、保存、処理することができます。

Social Engagement から送信されるソーシャル データには、ソーシャルの投稿に関する情報 (作成者と本文) や、言語、場所、センチメント、タグなどの拡充された情報が含まれることにご注意ください。Event Hubs に送信されるソーシャルの投稿の詳細については、JSON のスキーマ定義を参照してください。

関連項目

Social Engagement に関する入門情報
アクセス許可とユーザー ロールの割り当て
Social Engagement と Dynamics 365 の統合
Social Engagement と他のドメインの接続