データ セットに使うその他のオプション

通常、検索トピックからは、特定の時点で分析しようとするよりも多くのデータが集まります。 Microsoft Social Engagement で最も関連性の高い投稿を取得するためにデータを絞り込む際、多くの場合はデータ セットが正確で詳細な分析の鍵になります。 詳細: データ セットを使用する分析のベースラインの設定

Social Engagement の一部の領域では、時間を節約するために特定のデータ セットを別の領域にコピーできます。 たとえば、大量の投稿を表示するストリームがソーシャル センターにあるとします。 それらの投稿を [分析] 領域で分析し、フィルター機能を使って情報にドリルダウンすることにしました。 重要な投稿のセットを見つけ、同様の新しい投稿の有無を確認することを選びます。 データ セットをメッセージ センターに渡すと、1 回クリックするだけで通知を作成できます。

次の表は、データ セットを受け渡しできる Social Engagement の領域を示しています。

領域 ストリームを作成する 分析で表示する/開く 通知を作成する アクティビティ マップを作成する オートメーション ルールを作成する
ソーシャル センター -- はい はい はい はい
分析 いいえ -- はい はい はい
アクティビティ マップ いいえ はい いいえ -- いいえ
オートメーション ルール いいえ はい いいえ いいえ --

別のアプリケーション領域にデータ セットを渡すには

  1. [現在のフィルターを使うその他のオプション] ボタン [現在のフィルターを使うその他のオプション] をクリックします。

    • [分析]: ナビゲーション バーの下のフィルター セクションにあります。

    • [ソーシャル センター]: ストリームのヘッダーにあります。

    • [アクティビティ マップ]: フィルター セクション (KPI の横) にあります。

    • [オートメーション ルール]: オートメーション ルールの一覧とルールの詳細ウィンドウにあります。

  2. 作業する領域に応じて、次のオプションの中から選ぶことができます。

注意

ナビゲーション バーを使ってアプリケーションの別の領域に切り替えると、フィルターはリセットされます。 フィルターを維持するには、可能な場合は上記の方法に従ってデータ セットを別の領域に渡してください。

関連項目

ウィジェットを使用したソーシャル データの分析
フィルターを使用した関連データの取得
ウィジェットに対するビジュアル フィルターの適用