顧客と連絡する。 組織の能力を強化する。 本当の結果を作成する。

ビジネスのスピードと、ビジネスに使用するチャネルの数は、どちらも急速に上昇しています。 従業員と顧客が通信するにはさまざまな方法があり、ソーシャル メディア チャネルは顧客が企業のブランド、従業員、相互に接続するときの顧客体験の主要なコンポーネントです。

ソーシャル メディアはマーケティング部門の少数派になることはありません。 Dynamics 365 の一部である Social Engagement を使用して、広範な従業員の能力を高め、顧客と結び付いてください。 Social Engagement により、営業チーム、顧客サービス エージェント、組織の全員がソーシャル メディアを簡単に利用できます。 サービス エージェントは、選択したチャネル (ソーシャル メディアまたは従来のサービス チャネル) で顧客と連絡を取り、効率よく問題を解決できます。 営業チームは、情報を収集し、新しいリードを生み出し、Social Selling で信頼性を高めることができます。 マーケティング担当者は、ブランドの評判を評価して管理できます。 すべての役割の従業員が、ソーシャル インサイトを活用してお客様の声をよりよく理解できます。 ソーシャル メディアの力を利用して、"いいね" や共有だけではなく、現実的で測定可能な結果を得られます。

analytics-conversation-view-social-engagement

成功事例

Social Engagement を使用してユースケースに対処したお客様の事例を参照してください。

価格設定情報

Social Engagement は、すべての Dynamics 365 Enterprise Edition プランおよびプラン 1 アプリケーション (Sales、Customer Service、Field Service、Project Service Automation) サブスクリプションに含まれます。 したがって、組織のだれでも機能を利用できます。 Dynamics 365 の価格設定とライセンスについて詳しくは、「Dynamics 365 の価格」を参照してください。

入門情報

Social Engagement のセットアップに時間はかかりません。 以下のトピックを読めば短時間で使い始めることができます。

  • Social Engagement に関する入門情報 — Social Engagement に関する重要な情報がわかります。

  • Microsoft Social Engagement の管理 — 管理者であれば、この情報を見直すことで、適切なアクセス許可を持つユーザーをすぐにセットアップできます。 Social Engagement を Dynamics 365 などの他のサービスと統合する方法がわかります。

  • ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定 — ビジネスにとって正しいデータをキャプチャすることは、ソーシャル メディア データの分析を成功させるための非常に重要なステップです。 検索を設定して結果の品質を調整し、ニーズに合わせて検索を整理し、最適な投稿クォータを維持します。

  • ウィジェットを使用したソーシャル データの分析 — さまざまな領域のデータを視覚化して検索結果を分析します。 データ セットを作成するために利用できるフィルターと、さまざまなウィジェットにフィルターを適用する方法を確認できます。

  • ソーシャル ネットワークでの対応 — ソーシャル メディアで他のユーザーとやり取りして、会話が途切れないようにします。 ストリームを作成して、重要な会話をフォローし、Social Engagement から直接投稿に返信します。 ソーシャル プロファイルを使って Social Engagement に接続する方法と、ソーシャル プロファイルをソリューションの他のユーザーと共有する方法がわかります。

  • アラートを使った最新情報の取得 — ソーシャル Web の最新状況を知ることができます。 受信トレイに直接送信されるアラートを設定し、何か重要なことが起こった場合、すぐに知ることができます。

実装のシナリオ

Social Engagement が対処を支援するビジネス シナリオは、多くの異なる実装のシナリオにつながります。 マイクロソフトでは、中核となるビジネス シナリオのうち営業、マーケティング、サービスの 3 つの概要をまとめました。

製品の更新

新機能を導入し、既存の機能を改善し、さまざまな問題を修正するため、頻繁に更新プログラムがリリースされます。

ビデオと電子ブック

公開されているコンテンツの詳細については、ビデオと電子ブックのページを参照してください。

Dynamics 365 の YouTube チャンネルを購読すると、新しいビデオの公開をいち早く知ることができます。

コミュニティの貢献

公開されている他の資料を参照してください。

関連項目

Microsoft Social Engagement に関する FAQ
Microsoft Social Engagement を使用したソーシャル会話への接続