検索ルールを設定し直して関連コンテンツを検索する

最も関連性の高い投稿を取得するために、定期的に結果を分析して検索クエリを最適化します。 探しているコンテキストに無関係な投稿が検索で返される場合があります。 たとえば、Microsoft Windows オペレーティング システムについて検索するために "Windows" を検索キーワードにしている場合、家の窓も検索される可能性があります。 この場合は、オペレーティング システムを確実に検索するために、"OS" やそれに類似した用語を追加することを検討します。

ヒント

このトピックは、検索の設定方法に関するチュートリアルの一部です。 詳細: ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定

用語とソースは変化します。 新しい省略形が一般的になることや、指定したトピックに関するニュースが、違う単語を使って別の方法で定義されることがあります。 お勧めの方法は、新しい重要な投稿を注意深く読み、新しく登場してきたトピックや表現の変化を特定することです。

注意

このタスクを実行するには、Social Engagement の管理者またはパワー アナリストである必要があります。

  1. [検索設定] に移動します。

  2. 検索トピックの一覧で設定し直すトピックを探し、一覧のエントリを選択します。

  3. キーワード、対象、除外を見直します。 指定した用語の同義語、別のスペル、入力ミス、省略形、単数形と複数形を追加します。

  4. [保存] [保存] ボタン をクリックして、編集内容と更新した検索トピックを適用します。

    変更した検索トピックを保存するとすぐに、Social Engagement で、更新したルールを使用して投稿の検索が開始されます。 [分析] で分析期間を [今日] に設定すると、更新したルールに基づく最初の結果が数分後に表示されます。 新しく取得された投稿を確認するには、[投稿] ビューを開きます。

注意

検索トピックを更新すると、以前の構成に一致していた既存の投稿はデータベースに残りますが、分析は更新した構成に適応します。 既存のデータに変更が反映されるまで数時間かかることがあります。

検索ツールを設定し直すことに加えて、[ブロックされたコンテンツ] に項目を追加すると、特定の用語やドメインについてのデータ取得をブロックすることができます。 詳細: 検索結果の質の管理

プライバシーに関する声明

Microsoft Social Engagement は、広範囲のさまざまなお客様が利用できる、ホストされたオンライン サービスを提供します。ソフトウェア アプリケーション内は、次のソーシャル機能コンポーネントで構成されています。
ソーシャル メディア監視 – 公共のネットワークやサード パーティによって管理される管理ネットワークで、公開されているソーシャル コミュニケーションをリスニングしたり監視したりできます。
ソーシャル分析 - 一般に公開されているドキュメントや投稿と関連するクエリを識別、コンピューティング、予測する機能。
Microsoft Social Engagement を通じて、Twitter、Facebook、Tumblr、YouTube、およびブログなどのサード パーティのサービスにアクセスできる場合があり、プライバシーに関する方針が Social Engagement とは異なる場合があります。 お客様のそうしたサービスの使用と、お客様がそれらのサービスに提供した情報には、それぞれのサービスに固有のプライバシーに関する声明が適用されます。 このような接続を確立すると、ソーシャル コンテンツの取得に使用した検索クエリや、IP アドレスなどの特定のデータが、それらのサービスと共有される可能性があります。 他のプライバシーに関する声明をよくお読みいただくことをお勧めします。 また、Microsoft Online Services の使用条件もご確認いただくようお勧めします。

関連項目

検索トピックへのルールの追加
検索トピックの作成または削除
ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定