ソーシャル メディアの会話をリスニングするための検索の設定

自社のブランド、ビジネス、製品、競合企業に関するソーシャル メディアの会話に耳を傾けましょう。 ソーシャル メディアで顧客やその他の人々への関与を成功させるための最初の手順は、検索トピックを設定して、適切な会話を確実に収集することです。 これらの会話を収集したら、検索を微調整し、データを分析して、最も重要な情報にドリルダウンできます。

重要

ソーシャル データを取得するには、少なくとも 1 つのアクティブな検索トピックが必要です。 分析でデータが表示されない場合は、検索トピックが正しく構成されていることを確認してください。 新しい検索トピックを作成してから最初の投稿が [分析] に表示されるまで、しばらく時間がかかります。 新しく作成した検索トピックの結果を表示できるように、[分析] で期間を必ず [今日] に設定してください。

チュートリアル: 検索トピックの作成、設定し直し、分析

ステップ 説明 関連するヘルプ トピック
ステップ 1 検索トピックを作成し、検索を論理的に構築するカテゴリを割り当てます。 検索トピックの作成または削除

および

カテゴリでのトピックの整理
ステップ 2 検索トピックにルールを追加して、パブリック ソーシャル メディアで収集するデータを定義します。 検索トピックへのルールの追加
ステップ 3 検索トピックを検証して結果をプレビューし、検索トピックによるソリューションの投稿クォータへの影響を推定します。 検索トピックへのルールの追加
ステップ 4 検索トピックで最初のデータが収集されたら、結果の分析を始めます。 ウィジェットを使用したソーシャル データの分析
ステップ 5 関連性のある投稿だけを収集するために、検索トピックを定期的に最適化します。 検索結果の質の管理

および

検索ルールを設定し直す

検索トピックへのアクセス

組織のソリューション内で検索トピックにアクセスするには、[検索設定] に移動します。

ヒント

[検索設定] で検索ボックスの検索トピックとカテゴリ名をフィルター処理したり、検索トピックを作成するときやカスタム ソース内で言語とソースをフィルターとして適用できます。 検索トピックをアルファベット順、投稿数順、またはカテゴリ別に並べ替えることもできます。

検索ルールで利用できる言語

Microsoft Social Engagement には、検索ルールで一致する投稿を探すことができる幅広い言語セットが用意されています。 ただし、センチメント分析は、検索言語のサブセットで利用できます。 対象言語について詳しくは、「翻訳ガイド」をダウンロードしてご確認ください。

プライバシーに関する声明

Microsoft Social Engagement は、広範囲のさまざまなお客様が利用できる、ホストされたオンライン サービスを提供します。ソフトウェア アプリケーション内は、次のソーシャル機能コンポーネントで構成されています。
ソーシャル メディア監視 – 公共のネットワークやサード パーティによって管理される管理ネットワークで、公開されているソーシャル コミュニケーションをリスニングしたり監視したりできます。
ソーシャル分析 - 一般に公開されているドキュメントや投稿と関連するクエリを識別、コンピューティング、予測する機能。
Microsoft Social Engagement を通じて、Twitter、Facebook、Tumblr、YouTube、およびブログなどのサード パーティのサービスにアクセスできる場合があり、プライバシーに関する方針が Social Engagement とは異なる場合があります。 お客様のそうしたサービスの使用と、お客様がそれらのサービスに提供した情報には、それぞれのサービスに固有のプライバシーに関する声明が適用されます。 このような接続を確立すると、ソーシャル コンテンツの取得に使用した検索クエリや、IP アドレスなどの特定のデータが、それらのサービスと共有される可能性があります。 他のプライバシーに関する声明をよくお読みいただくことをお勧めします。 また、Microsoft Online Services の使用条件もご確認いただくようお勧めします。

関連項目

検索トピックの作成または削除
検索トピックへのルールの追加