ソーシャル センターでのライブ データ ストリームの追跡

ソーシャル メディアは、速いペースで変化しています。 常に最新状況を把握して効率的に共同で作業するには、個人のストリームが役に立ちます。 ストリームを管理して、他のユーザーとストリームを共有し、新しい投稿や更新された投稿をリアルタイムで常に把握できます。 新規の投稿は、検索トピックによって最近選択され、ソリューションに表示されるように処理された投稿です。 最新の投稿は、メタデータが最近変更された投稿です (たとえば、ラベルが追加された、投稿に返信が届いたなど)。 ストリームでフィルターを使ってデータ セットを定義し、最も関連性の高い投稿を検出できます。

ストリームを表示するには、[ソーシャル センター] に移動します。

ソーシャル センターのストリームはユーザー固有です。つまり、各ユーザーに表示されるストリームは、そのユーザーが所有しているストリームと、他のユーザーが共有したストリームのみです。 ユーザーは、対話ロールに応じてストリームを作成、編集、共有、または削除することや、ストリームの投稿と対話することができます。 詳細: ユーザー ロールについて投稿を使用したビジネス目標の推進

ストリームには過去 14 日以内の投稿が表示されます。 以前の投稿でストリームのフィルターに一致するものを確認する場合は、ストリーム下部の [分析で以前の投稿を開きます] 現在のフィルターを使うその他のオプション をクリックします。 これにより、延長された期間の同じデータ セットが [分析] で開きます。 または、表示する投稿の期間を必要に応じて変更できます。 詳細: Social Engagement の他の領域でデータ セットを開く

注意

Social Engagement Professional ユーザー ライセンスを所有している場合、ソーシャル センターで 2 つまでのストリームを管理できます。 この数は、他のユーザーが共有したストリームと自分が所有するストリームの両方を含みます。 詳細: Social Engagement と Office 365 の統合

ストリームの構成

新しいストリームを作成して重要性の高い投稿を追跡します。 各ストリームは、ストリームを構成するときに定義できるデータ セットに基づいて管理されます。 新しい投稿の受信をリアルタイムに把握し、それらの投稿をストリームから直接処理することができます。

たとえば、[受信トレイ] というストリームを作成し、すべての検索トピックで自分に割り当てられている投稿を確認できます。 つまり、すべての検索トピックに対して、現在サインインしているユーザーを値とする [担当者] フィルターが適用されます。 このフィルターと一致する投稿がストリームに表示されます。

ストリームの構成

  1. ソーシャル センターに移動します。

  2. 右端のストリームまでスクロールし、[ストリームの追加] ボタン 追加ボタン をクリックします。

  3. ストリームの名前を入力します。

  4. 定義済みのデータ セットと一致しなくなった投稿をストリームでどのように扱うかを選択することもできます。

    • 最新のストリームを処理する場合は、[投稿を自動的に非表示にする] をクリックします。 投稿が更新されてストリームのデータ セットと一致しなくなった場合、その投稿は表示されなくなり、通知は行われません。

    • 投稿がデータ セットに一致しなくなり、間もなくストリームから表示されなくなるとき、事前に通知を受け取るには、[投稿を非表示にするときに通知する] をクリックします。

  5. 色を選び、並べ替えのオプションを調整します。 (任意)

  6. [共有] で、このストリームを共有するユーザーを組織から選択します。 (任意)

  7. [フィルター] セクションで、このストリームに表示するデータ セットを定義します。 詳細: フィルターを使用した関連データの表示

  8. [保存] ボタン [保存] ボタン をクリックします。

ストリームの共有

所有しているストリームを共有して、組織のチーム内でシームレスな共同作業を実現できます。

ストリームを共有するユーザーまたはグループには、構成したとおりのデータが常に表示されます。 共有ストリームのデータ セットを変更した場合は、ストリームの共有相手に表示されるデータも変更されます。

所有しているストリームの共有

  1. ソーシャル センターに移動します。

  2. 共有するストリームまでスクロールします。

  3. ストリームのヘッダー領域にある [その他のオプション] その他のオプション をクリックし、[設定] 構成ボタン をクリックします。

  4. [共有] で、[追加] ボタン 追加ボタン をクリックします。

  5. [共有] ダイアログ ボックスで、[種類] ドロップダウン リストから [ユーザー] または [グループ] を選びます。

    グループについて詳しくは、「Social Engagement で Office 365 グループと連携する」を参照してください。

  6. このストリームを共有する組織のユーザーまたはグループを選び、[追加] をクリックします。

  7. [保存] ボタン [保存] ボタン をクリックします。

重要

[すべてのユーザーと共有済み] をオンにすると、組織内のすべてのユーザーに対して、ソーシャル センターのページにこのストリームが表示されます。 ストリームを非表示にする方法はないため、このオプションは慎重に使うことをお勧めします。

ストリームの編集

ストリームに表示するデータを絞り込むには、またはストリームの設定を変更するには、ストリームの構成を更新します。

所有しているストリームの編集

  1. ソーシャル センターに移動します。

  2. 編集するストリームを見つけます。

  3. ストリームのヘッダー領域にある [その他のオプション] その他のオプション をクリックし、[設定] 構成ボタン をクリックします。

  4. ストリームを必要に応じて編集します。

  5. [保存] ボタン [保存] ボタン をクリックします。

重要

他のユーザーと共有しているストリームのデータ セットを編集すると、他のユーザーが共有しているストリームに表示されるデータに直接影響します。 変更は変更を保存した時点で反映され、同じストリームに接続している他のユーザーに構成変更通知が送信されます。

ストリームの削除

たとえば、特定のイベント用に利用していたストリームが今後は必要なくなった場合など、ソーシャル センターからストリームを削除できます。 他のユーザーと共有しているストリームを削除すると、他のユーザーからもストリームが削除されることにご注意ください。 ストリームを実際に削除する前に、削除することを同僚に知らせてください。

所有しているストリームの削除

  1. ソーシャル センターに移動します。

  2. 削除するストリームを見つけます。

  3. ストリームのヘッダー領域にある [その他のオプション] その他のオプション をクリックし、[設定] 構成ボタン をクリックします。

  4. [削除] ボタン 削除ボタン をクリックします。

  5. 削除を確認します。

次のステップ

関連項目

ソーシャル ネットワークでの対応
フィルターを使用した関連データの取得
投稿に関する作業
投稿を使用したビジネス目標の推進