Social Engagement のブラウザー設定を最適化する

だれもが日常生活において、Web アプリケーションでの作業やインターネットの閲覧に、お気に入りのブラウザーを使っています。 Microsoft Social Engagement のいくつかの機能については、ブラウザーの設定がユーザー エクスペリエンスに影響します。 このトピックでは、スムーズに作業できるように、お勧めのブラウザー設定について説明します。

ポップアップ ブロッカーの管理

投稿を Microsoft Dynamics 365 にリンクするときや、ソーシャル プロファイルを追加するとき、ソーシャル投稿に対応するとき、および特定の種類の検索ルールを作成するときは、ブラウザーの新しいウィンドウが自動的に開かれる必要があります。 その際、ブラウザーのポップアップ ブロッカーが起動する場合があります。

ヒント

Social Engagement ソリューションの URL を信頼済みサイトの一覧に追加し、ポップアップを許可することをお勧めします。

多くのブラウザーでは、ポップアップ発生時の新しいタブまたはページの既定の開き方を選ぶことができます。 ブラウザーがポップアップを新しいタブで開くように設定されている場合、一部の機能が動作しない可能性があります。

ヒント

ポップアップを新しいウィンドウで開くようにブラウザーを構成することをお勧めします。

よく使われているブラウザーでポップアップ ブロッカーを管理する方法の詳細については、以下のリンクを参照してください。

InPrivate で作業または匿名を維持する

多くの場合、いつも使っているブラウザーを "プライベート モード" で使用すると、セッションの Cookie に関する問題を回避できます。 このモードでは、ログオン先のサイトやアプリケーションに対して、他のセッションで保存された Cookie からの影響を受けることなく新たなセッションを確立できます。

関連項目

Social Engagement から Dynamics 365 への投稿のリンク
ソーシャル プロファイルの管理
投稿を使用したビジネス目標の推進
検索トピックへのルールの追加