フィルターを使用した関連データの表示

フィルターを使ってデータを再整理すると、最も関連性のあるデータのビューが得られるように分析を絞り込むことができます。 どの投稿を選んで分析で利用できるようにするかを検索トピックで定義した、絶え間なく続くデータのストリームがあるとします。 表示されるデータをフィルターで絞り込み、限定されたデータ セットにすることができます。 データをドリルダウンしてアプリケーション内を移動するときは、フィルターの適用と解除が自動的に行われます。


データ セットを使用する分析のベースラインの設定

データ セットは Microsoft Social Engagement の重要な概念であり、現在の分析でフォーカスする投稿のセットを定義します。 データ セットは、[分析]、[アラート]、[ソーシャル センター] で使われ、データの表示を最も柔軟に操作できます。

分析フォーカスとフィルターのパラメーターを指定してデータ セットを作成できます。

  1. 分析フォーカス: フィルター セクションの左側にあるドロップダウン リストから [すべての検索トピック]、検索トピックのカテゴリ、または 1 つの検索トピックを選びます。 これにより、関心のある検索トピックを定義します。

  2. アクティブなフィルター: フィルター セクションで、必要なフィルターをすべて設定します。 複数のフィルターを適用して、データ セットを絞り込むことができます。

    Social Engagement でのデータ セットの作成

データのドリルダウンとウィジェットからのフィルターの適用

Microsoft Social Engagement ウィジェットには、データ セットを絞り込むためのドリルダウン機能があります。 データ ポイントを選ぶと、より詳細なデータを表示できます。

ドリルダウンすることでアプリケーションを操作すると、該当するページにリダイレクトされ、フィルター セクションのフィルターが更新されます。 たとえば、[分析] > [ソース] をクリックし、ソース履歴ウィジェット (2 日以上にまたがります) でデータ ポイントを選択した場合、[ソース] ページのウィジェットは選んだソースに対してフィルターを適用し、期間は選んだデータ ポイントの期間に更新されます。

注意

[分析] 領域のページ ([ソース]、[センチメント]、[場所] など) を切り替えても、適用したフィルターは維持されます。 ナビゲーション バーを使って Social Engagement の別の領域に (たとえば [分析] から [ソーシャル センター] または [設定] に) 移動すると、すべてのフィルターがリセットされます。

他のアプリケーションでデータ セットを使用できるようにするには、[現在のフィルターを使うその他のオプション] ボタン 現在のフィルターを使うその他のオプション を使います。 詳細: データ セットに使うその他のオプション

データをドリルダウンするためのエントリ ポイントは多数あります。 ドリルダウン機能を使うには、データ ポイントをクリックします。 詳細: ウィジェットに対するビジュアル フィルターの適用

使用可能なフィルターの一覧については、「フィルターについて」をご覧ください。


組み合わせたフィルターの競合の回避

フィルター オプションを組み合わせて選んだ場合、フィルターの競合によって投稿数がゼロのデータ セットになることがあります。 特定の組み合わせが必要な場合、または競合するためにその組み合わせは不可能である場合は、該当するフィルターの横に通知が表示されます。 たとえば、リーチ フィルターを利用できるソースは、ニュースと Twitter だけです。 この場合、ソースとしてビデオだけを選ぶと、リーチ フィルターを選んでも期待する結果は得られません。 また、一部のフィルターは、適用できない特定の領域には表示されません。

注意

センチメントの状態、担当者、ラベル、Dynamics 365 にリンク、ユーザー定義タグの各フィルターは、アラート、アクティビティ マップ、オートメーション ルールには表示されません。

フィルターの追加、編集、削除

フィルターを使ってデータ セットをカスタマイズします。 アプリケーションをドリルダウンするか、フィルター セクションにフィルターを追加することで、分析にフィルターを追加します。

フィルターの追加

  1. ドリルダウンするには、ウィジェットでデータ ポイントを選びます。該当するフィルターが適用されます。 詳細: ウィジェットに対するビジュアル フィルターの適用

    または

    ナビゲーション バーの下のフィルター セクションにある [フィルター] ボタン フィルター ボタン をクリックします。

  2. 追加するフィルターを展開します。

  3. オプションを選び、[適用] ボタン 適用ボタン をクリックします。

フィルターの編集

  1. ナビゲーション バーの下のフィルター セクションにある [フィルター] ボタン フィルター ボタン をクリックします。

    または

    フィルター セクションでアクティブなフィルターを選びます。

  2. オプションを調整し、[適用] ボタン 適用ボタン をクリックします。

フィルターの削除

  1. アクティブなフィルターをすべて削除するには、[すべてのフィルターを削除] すべてのフィルターを削除ボタン をクリックします。

    または

    フィルター セクションでアクティブなフィルターを選びます。フィルターの詳細が表示されます。

  2. アクティブなフィルターの横にある [削除] ボタン 削除ボタン をクリックするか、フィルターの詳細での選択を解除します。

分析時間の編集

データ セットを分析する開始日と終了日を選びます。

  1. [分析] 領域で、[期間を変更します] を選択します。

  2. 期間として [今日][先週]、または [先月] を選ぶか、[ユーザー定義期間] を定義します。

関連項目

ウィジェットを使用したソーシャル データの分析
ウィジェットに対するビジュアル フィルターの適用
アラートを使った最新情報の取得
ソーシャル センターでのライブ データ ストリームの追跡
フィルターについて