グローバル オプション セットを作成または編集する (ピックリスト)

このトピックの適用対象は Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) です。このトピックの Power Apps バージョンについては、こちらを参照してください: オプション セットの作成

オプション セットはエンティティに含めることができるのフィールドの種類です。 オプション セットは一連のオプションを定義します。 オプション セットはフォームに表示されるとき、ドロップダウン リスト コントロールを使用します。 [高度な検索] で表示する場合は、候補リスト コントロールを使用します。 オプション セットは、開発者には候補リストと呼ばれることがあります。

オプション セットを定義して、そのオプション セット内 (ローカル) で定義されている一連オプションを使用するか、ほかのオプション セット フィールドで使用できる他のネットワーク (グローバル) で定義されているオプション セットを使用できます。 グローバル オプション セットは、複数のエンティティに適用できる標準的な一連カテゴリがある場合に便利です。 同じ値の 2 つの異なるオプション セットを維持するのは困難です。それらのオプション セットが同期されていないと、特に 1 対多エンティティ関係のエンティティ フィールドでマッピングしているときにエラーが発生します。 詳細: エンティティ フィールドのマッピング

グローバル オプション セットの構成

グローバル オプション セットの作成

  1. 設定 > カスタマイズ > システムのカスタマイズ に順に移動します。

  2. ソリューション エクスプローラーで、オプション セット を選択します。

  3. [操作] ツール バーで、新規 を選択します。

  4. 表示名 およびオプションで 説明 を入力します。

    名前 フィールドは、入力した 表示名 の値に基づいて生成されます。

    名前 フィールドの値には、作業中のソリューションのソリューション発行者のカスタマイズの接頭辞が含まれます。 カスタマイズの接頭辞が重要な場合は、このグローバル オプション セットに必要なカスタマイズの接頭辞が存在するソリューションのコンテキストで作業していることを確認します。 カスタマイズされた接頭辞の変更方法については、ソリューション発行者の接頭辞を変更する を参照してください。

    名前 フィールドの値は一意である必要があります。 生成された値が既存のグローバル オプション セットと同じ場合は、保存する前に変更する必要があります。

  5. フィールドの 説明 とは違い、グローバル オプション セットの 説明 値は、フィールドがフォーム内で使用されているときツールヒントとしては表示されません。 この説明は、グローバル オプションの一覧にのみ表示されます。 説明を使用して、このグローバル オプション セットを作成した理由とその用途について情報を提供できます。

注意

外部型名 および 外部値 フィールドは、仮想エンティティを使用する場合のみ使用できます。 仮想エンティティを使用していない場合は、これらのフィールドを空白のままにできます。 詳細については 外部データ ソースからのデータを格納する仮想エンティティの作成および編集 を参照してください。

  1. ツール バーで、グローバル オプション セットを保存するには 保存 を選択します。 それから、以下の指示に従いオプション セットのオプションを編集できます。

グローバル オプション セットの編集

  1. システムのカスタマイズ を選択します。

  2. ソリューション エクスプローラーで、オプション セット を選択します。

  3. 既存のオプション セットを開くには、それをダブルクリックします。

  4. 表示名 または 説明 フィールドは編集できますが、オプションを編集するのが、グローバル オプション セットを編集する最も一般的な理由です。

オプション セットのオプションの編集

オプション セクションでは、オプションが表示される順番を作成、編集、削除、変更できます。

新しいオプションを作成する
  1. 緑色の + アイコンを選択して、オプションを作成します。

  2. 作成する各オプションは、品目ラベル 値と、10,000 から始まり追加する各オプションごとに増加する を持ちます。

    ラベル には、表示するテキストを入力します。

    を編集できますが、自動生成された値をそのまま使用することをお勧めします。 値はオプション内で一意である必要があります。

    各オプションの 説明 は、アプリケーションを使用しているユーザーに表示されません。 ここにカテゴリの定義を入力して、後にこのオプション セットを編集する他の担当者が、このオプション セットを追加した目的を容易に理解できるようにします。

既存のオプション セットを編集する
  • 既存のオプションを編集するには、新しいオプションを作成する場合のように、ラベル説明 の値を変更できます。
オプションの削除
  • オプションを削除するには、削除するオプションを選択し、削除アイコンを選択します。

    重要

    エンティティ レコードで既に使用されているオプションを削除すると、そのレコードのデータ値は無効になります。 確信がない場合は、高度な検索を使用して、削除しようとする値へ設定されているレコードがあるかを確認します。 削除しようとするオプションに設定されている場合、オプションを削除する前にデータを変更する必要があります。 オプションを削除すると、そのオプション セットを持つレコードをクエリするのに高度な検索を使用できません。

オプションが使用される順序を変更する
  • 選択されたオプションを上下に移動するには、オプションツール バーで緑の矢印を使用します。

    ラベル値に従ってそれぞれの方向にオプションを並べ替えるには、昇順または降順並べ替えボタンを使用します。

グローバル オプション セットの使用

グローバル オプション セットを使用するには、フィールド エディターのフィールドを作成するか、または編集します。

  1. システムのカスタマイズ を選択します。

  2. ソリューション エクスプローラーで、エンティティを選択し、フィールド を選択します。

  3. 編集するフィールドを選択するか、新規 を選択して新しいフィールドを作成します。

  4. フィールド エディターの、既存のオプション セットの使用はい を選択します。

    新しいフィールドを作成する場合、最初に データの種類オプション セット を選択します。

  5. オプション セット ドロップダウン メニューで項目を選択します。

  6. すべての入力を終了したら、保存して閉じる を選択します。

注意

フィールド エディターは [フォーム] からも使用できます。 エンティティを選択し、フォーム を選択します。 フィールドを選択し、プロパティの変更 を選択します。 ダイアログ ボックスで 詳細 タブを選択し、編集 を選択します。

ソリューション エクスプローラーに表示されるオプション セットに加えて、いくつかのシステム グローバル オプション セットもあります。 これらのオプション セットがニーズを満たす場合に使用できますが、カスタマイズは不可能です。

注意

システム グローバル オプション セットのオプションは更新や新しいバージョンにより変更されるため、要件がアプリケーションがこれらの値を使用する方法と一致していることが定かでない場合、それらを使用しないようにお勧めします。

グローバル オプション セットを選択する以外に、そのフィールドの 既定値 となるオプションを選択することもできます。

関連項目

エンティティおよびメタデータの概要
エンティティの作成および編集
エンティティ関係の作成および編集
フィールドの作成および編集

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。