サービス カレンダーの外観の構成

次の方法でサービス カレンダーの外観と動作を制御できます。

時間ブロックの外観の設定

サービス カレンダーでは、表示されるブロックの外観を制御できます。 また、特定のエンティティの種類およびステータス コードの表示に使用する色を制御できます。

表示名が “AppointmentBookConfig” の CSS Web リソースを作成します。 CSS Web リソースで、次の命名規則を使用して CSS クラスを定義します。

[div.ganttBlock<entitylogicalname>Status<statuscode>]

次の例は、CSS クラスを定義する方法を示しています。

div.ganttBlockserviceappointmentStatus1  
{  
    border: 1px solid #FF0000;  
    FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr='#FF0000',endColorstr='#FF0000');  
    background: -moz-linear-gradient(top,  #FF0000 0%, #FF0000 100%);  
    background: -webkit-linear-gradient(top,  #FF0000 0%,#FF0000 100%);  
    background: -ms-linear-gradient(top,  #FF0000 0%,#FF0000 100%);  
    background: linear-gradient(top,  #FF0000 0%,#FF0000 100%);  
}   
  
div.ganttBlockserviceappointmentStatus2  
{  
    border: 1px solid #00FF00;  
    FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr='#00FF00',endColorstr='#00FF00');  
    background: -moz-linear-gradient(top,  #00FF00 0%, #00FF00 100%);  
    background: -webkit-linear-gradient(top,  #00FF00 0%,#00FF00 100%);  
    background: -ms-linear-gradient(top,  #00FF00 0%,#00FF00 100%);  
    background: linear-gradient(top,  #00FF00 0%,#00FF00 100%);  
}  
  
div.ganttBlockserviceappointmentStatus3  
{  
    border: 1px solid #0000FF;  
    FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr='#0000FF',endColorstr='#0000FF');  
    background: -moz-linear-gradient(top,  #0000FF 0%, #0000FF 100%);  
    background: -webkit-linear-gradient(top,  #0000FF 0%,#0000FF 100%);  
    background: -ms-linear-gradient(top,  #0000FF 0%,#0000FF 100%);  
    background: linear-gradient(top,  #0000FF 0%,#0000FF 100%);  
}   
  
div.ganttBlockserviceappointmentStatus4  
{  
    border: 1px solid #FFFF00;  
    FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr='#FFFF00',endColorstr='#FFFF00');  
    background: -moz-linear-gradient(top,  #FFFF00 0%, #FFFF00 100%);  
    background: -webkit-linear-gradient(top,  #FFFF00 0%,#FFFF00 100%);  
    background: -ms-linear-gradient(top,  #FFFF00 0%,#FFFF00 100%);  
    background: linear-gradient(top,  #FFFF00 0%,#FFFF00 100%);  
}   
  
div.ganttBlockserviceappointmentStatus6  
{  
    border: 1px solid #FF00FF;  
    FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr='#FF00FF',endColorstr='#FF00FF');  
    background: -moz-linear-gradient(top,  #FF00FF 0%, #FF00FF 100%);  
    background: -webkit-linear-gradient(top,  #FF00FF 0%,#FF00FF 100%);  
    background: -ms-linear-gradient(top,  #FF00FF 0%,#FF00FF 100%);  
    background: linear-gradient(top,  #FF00FF 0%,#FF00FF 100%);  
}   
  
div.ganttBlockserviceappointmentStatus7  
{  
    border: 1px solid #00FFFF;  
    FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr='#00FFFF',endColorstr='#00FFFF');  
    background: -moz-linear-gradient(top,  #00FFFF 0%, #00FFFF 100%);  
    background: -webkit-linear-gradient(top,  #00FFFF 0%,#00FFFF 100%);  
    background: -ms-linear-gradient(top,  #00FFFF 0%,#00FFFF 100%);  
    background: linear-gradient(top,  #00FFFF 0%,#00FFFF 100%);  
}  
  
div.ganttBlockserviceappointmentStatus8  
{  
    border: 1px solid #7F7F7F;  
    FILTER: progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(GradientType=0,startColorstr='#7F7F7F',endColorstr='#7F7F7F');  
    background: -moz-linear-gradient(top,  #7F7F7F 0%, #7F7F7F 100%);  
    background: -webkit-linear-gradient(top,  #7F7F7F 0%,#7F7F7F 100%);  
    background: -ms-linear-gradient(top,  #7F7F7F 0%,#7F7F7F 100%);  
    background: linear-gradient(top,  #7F7F7F 0%,#7F7F7F 100%);  
}  
  

スムーズ スクロールの制限の設定

サービス カレンダーに表示されるブロック数を基にスムーズ スクロールを使用する場合に、制限を設定することができます。

SmoothScrollLimit 要素に指定されている数を超えるブロックをサービス カレンダーに表示する場合は、スクロールを行わず、単に最初の予定にジャンプするよう動作が変更されます。 サービス カレンダーを最初に表示する場合や行が選択されている場合は、サービス カレンダーの最初の予定まで自動的にスクロールされます。

この値を設定するには、ソリューションの一部として ISV.Config ファイルをエクスポートし、SmoothScrollLimit 要素を /ImportExportXml/IsvConfig/configuration/ServiceManagement/AppointmentBook/SmoothScrollLimit のように配置する必要があります。

既定値は 2000 です。 変更を有効にするには、この値を編集し、ソリューションを再インポートして発行する必要があります。

検証チャンク サイズの設定

サービス カレンダーのスケジュール エラーを確認するために一度にサーバーに渡される予定またはサービス活動の数を指定できます。

この値を設定するには、ソリューションの一部として ISV.Config ファイルをエクスポートし、ValidationChunkSize 要素を /ImportExportXml/IsvConfig/configuration/ServiceManagement/AppointmentBook/ValidationChunkSize のように配置する必要があります。 この要素は、既定では ISV.Config ファイルに含まれないため、AppointmentBook 要素の子として追加する必要があります。

ISV.Config をエクスポートする

ソリューションをエクスポートする場合は、ソリューションのエクスポートダイアログ ボックスの設定のエクスポートオプション ページを使用します。 オプションとして ISV Config を選択します。 IsvConfig ノードの子として ImportExportXml 要素が含まれます。

関連項目

エンティティ ビューのカスタマイズ
ISV Configuration File Schema
カスタマイズMicrosoft Dynamics 365 Customer Engagement
アンマネージド ソリューションの作成、エクスポート、またはインポート
カスタマイズ ファイルの編集のサポート
カスタマイズの公開
ISV Configuration File Schema