イメージ Web リソース

イメージ Web リソースを使用して、Dynamics 365 for Customer Engagement でイメージを使用できます。

イメージ Web リソースには 5 つの種類があります。

  • PNG 形式
  • JPG 形式
  • GIF 形式
  • ICO 形式
  • ベクター形式 (SVG)

注意

ベクター形式 (SVG) Web リソースは Dynamics 365 for Customer Engagement アプリ バージョン 9.0で追加されました。

イメージ Web リソースの機能

イメージ Web リソースを使用すると、必要な場所にイメージを追加できます。 一般には、以下のもので使用されます。

  • ユーザー定義エンティティのアイコン
  • ユーザー定義のリボン コントロールおよびSiteMapのサブ領域用のアイコン
  • エンティティ フォーム用および Web ページの Web リソース用の装飾的なグラフィック
  • CSS Web リソースが使用するバックグラウンド イメージ

アプリケーションに表示されるすべてのアイコンにベクター形式 (SVG) Web リソースを使用します。 ベクター イメージは、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) (XML ベースのベクター イメージ形式) として定義されます。 他のイメージ Web リソースに対するベクター イメージの利点は、拡大縮小できることです。 サイズ別に複数のイメージを用意するのではなく、1 つのベクター イメージを定義して再利用できます。 これらを新しい EntityMetadata.IconVectorName で使用します IconLargeNameIconMediumName、または IconSmallName プロパティではなく、ユーザー定義エンティティのアイコンを定義するプロパティ。

イメージ Web リソースの制限

他のすべての Web リソースと同様、イメージ Web リソースは Dynamics 365 for Customer Engagement のセキュリティ コンテキストを使用します。 スクリプト Web リソースにアクセスできるのは、必要な特権を持つ、ライセンスを受けた Dynamics 365 for Customer Engagement ユーザーだけです。

Web ページの Web リソースからイメージ Web リソースを参照する

すべての Web リソースは相対 URL を使用して相互に参照できます。 以下の例では、Web ページ (HTML) の Web リソース new_/content/contentpage.htm からイメージ Web リソース new_/Images/image1.png を参照し、次の HTML コードを new_/content/contentpage.htm に追加します。

<img src="../Images/image1.png" />  

Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) フォームからのイメージ Web リソースの参照

イメージをエンティティ フォームに追加する

  1. エンティティのフォーム エディターに移動します。

  2. フォーム内の、イメージを追加する場所をクリックします。

  3. 挿入タブで、Web リソースをクリックします。

  4. 全般タブで、追加する Web リソース イメージを選択します。

  5. Web リソースの名前を指定します。 ラベルや代替テキストも指定できます。

  6. 形式タブで、次の項目を定義できます。

    • イメージが使用する列の数。

    • イメージが使用する行の数、または自動的に展開して使用可能な領域を使用するかどうか。

    • 以下のオプションを使用するイメージのサイズ

      • 使用可能な領域の使用 (サイズに合わせて伸縮)

      • 使用可能な領域の使用 (縦横比を固定)

      • 元の画像サイズ

      • Specific

    • [特定のサイズ] を選択した場合、高さと幅をピクセル単位で入力できます。

  7. OK をクリックします。

  8. フォーム内のイメージをユーザーが表示できるようにするには、変更を保存してフォームを公開する必要があります。

リボン要素またはサイト マップのサブ領域からイメージ Web リソースを参照する

Web リソース イメージを、リボンのアイコンとして、またはサイト マップを使用したアプリケーション ナビゲーションのアイコンとして使用するように指定するには、$webresource: ディレクティブを使用します。 次のサンプルに、リボンのボタンのアイコンを指定する方法を示します。

<Button Id="MyISV.opportunity.form.actions.FlyoutAnchor.Button.1" Image16by16="$webresource:new_/icons/oneIcon16.png" Image32by32="$webresource:new_/icons/oneIcon32.png"/>  

注意

$webresource: ディレクティブを使用してソリューションの依存関係を追加し、参照されているイメージ Web リソースが、他のソリューション コンポーネントで使用されている間は削除されないようにします。

関連項目

Dynamics 365 Customer Engagement (on-premises) の Web リソース
Web ページ (HTML) の Web リソースの使用
スタイルシート (CSS) ウェブ リソースを使用する
スクリプト (JScript) Web リソースの使用
データ (XML) Web リソースの使用
Silverlight (XAP) Web リソースの使用
スタイル シート (XSL) Web リソースの使用