Lifecycle Services (LCS) での方法

LCS の方法では、さらなる反復可能で予測可能な実装プロジェクトを保証するために使用できるツールが提供されます。 いずれかの既成の方法を使用するか、自分の方法を作成することができます。 方法を使用すると、進捗状況を容易に追跡およびレポートすることができます。

方法には Visual Studio Team Foundation Services に関連付けられているフェーズを含めることができ、フェーズにはタスクを含めることができます。組織の内部または外部で、タスクと方法の両方を Lifecycle Services のツールおよび Web サイトに格納されているリソースとドキュメントと関連付けることができます。

主な機能

すぐに利用できる方法を使用
  • Sure Step Agile 基本の手法 Sure Step Agile は、計画フェーズと複数のスプリントを提供します。
  • 既定既存のプロジェクトが方法論に強制されないように、既定が使用可能です。 既定の手法では構造は提供されせん。
方法の作成 組織内のすべてのユーザーは、プロジェクトで使用する方法を作成できます。
組織の間で共有する方法の変更または作成 方法を共有するには、組織の管理者権限を持つユーザーがログインし、Lifecycle Services のホームページから Manage Methodologies を使用して、組織のメンバーが作成した方法を奨励します。

その他のリソース

Lifecycle Services のセキュリティのコンフィギュレーション