Lifecycle Services (LCS) のプロジェクト

この記事では、Microsoft Dynamics Lifecycle Services (LCS) のプロジェクトに関する情報を提供します。 いくつかの重要な機能について説明し、プロジェクト方法のロールについても説明します。

プロジェクトは、LCS でのエクスペリエンスの主要開催者です。 プロジェクトに関連する手法は、プロジェクトに含まれる既定のフェーズとタスクを決定します。

主な機能

機能 説明
対象者を招待します。 顧客とパートナーは、お互いにプロジェクトへの参加を呼びかけることができます。 見込顧客も招待することができます。 クラウド駆動のサポートを使用する場合は、Microsoft のサポート エンジニアを招待することもできます。
所有権を変更します。 必要に応じてプロジェクトの所有権を変更することができます。 たとえば、パートナーから顧客へ、または顧客の異なる人へ所有権を変更できます。

ご自分の実装プロジェクトの方法に従う必要があります。 方法フレームワークは、実装をガイドするように設計されています。 LCS でアクションを実行する際は、フェーズとタスクを完了としてマークすることができます。 ロックされた方法タスクは、前提条件を完了した後に完了としてマークすることができます。 ロック アイコンをクリックして、タスクを完了とマークする前に何を終了する必要があるか知ることができます。 方法論のフェーズとタスクに従って作業すると、環境を構成できるようになります。

プロジェクトの削除

LCS を開くと、最新のプロジェクトに関する表示が得られます。 「すべてのプロジェクト」オプションをクリックします。 次に、リスト スタイル内のすべてのプロジェクトが表示されます。 プロジェクトを選択し、Trashbin アイコンをクリックします。 関連するすべての情報を含むプロジェクトは削除されます。