分析、集計の測定、および KPI モデリング

重要

Dynamics 365 for Finance and Operations は Dynamics 365 Finance、および Dynamics 365 Supply Chain Management でライセンスされています。 これらのライセンスの変更の詳細については、Dynamics 365 licensing 更新 を参照してください。

このトピックでは、組込みビジネス インテリジェンス (BI)、集計測定値、分析コード、データ エンティティ、集計プログラミング モデルについて説明します。

埋め込まれたビジネス インテリジェンス

埋め込みビジネスインテリジェンス (BI) という用語は、直感的で流動的なビジュアライゼーションを使用してタスクに関連するインサイトを提供するエクスペリエンスを指し、ユーザーはより多くの情報を得てより的確な選択をすることができます。 たとえば、レンタカー組織のレンタル係は、顧客の予約時に顧客の以前のレンタル設定を表示します。 この場合、係員は顧客がこれまでに選択した車両と色を確認できるため、顧客が満足すると思われる選択肢を提案することができます。 組み込み型 BI は、ユーザー インターフェイス全体で使用されます。 技術レベルで、豊富な視覚エフェクトを構築するには強力なチャート フレームワークと、可変性の高い視覚化の表示を可能にする集約データに効率的にアクセスする方法が必要です。 Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations がこれら両方の要件を満たすことで、アプリケーション開発者はリッチで深く埋め込まれた BI 有効なシナリオを構築できるようになります。

分析視点はどこにありますか

分析視点は、レポートの観点からデータを表示するように設計されている概念でした。 分析視点は、分析シナリオの過去の 3 つのリリースにわたって発展してきました。

バージョン 説明
Microsoft Dynamics AX 4.0 分析視点は、アドホック レポート モデルのモデル化機能を提供しました。
Microsoft Dynamics AX 2009 分析視点は、モデリング分析キューブのサポートを追加しました。
Microsoft Dynamics AX 2012 分析視点モデリング機能は、豊富なモデリング サポートおよびアプリケーション オブジェクト ツリー (AOT) とのより深い統合を通じて改良されました。
Finance and Operations アプリ 分析視点は、データ アクセス フレームワークで最上位の市民権を得ています。 X++ または C# コードを介して、またモデル駆動型の方法で消費することができます。

分析視点はアプリケーション エクスプローラーの分析コレクション内に存在します。 分析視点では、重要なアップグレードが行われ、次の強化点が組み込まれています。

  • 新しい集計モデルをモデリングして、既存の集計モデルをアプリケーション エクスプローラー内のスター スキーマとしてカスタマイズすることができます。
  • アプリケーション エクスプローラーの主要業績評価指標 (KPI) のモデリングがサポートされます。
  • 集計モデルを参照することによりデータ エンティティをモデリングすることができます。 データ エンティティは、OData エンドポイントとして PowerBI などの外部レポート ツールに公開することができます。 また、データ エンティティを使用することもできます。
  • X++ または C# コードを使用して、プログラミング モデルで集計モデルを直接使用することができます。 集計データを使用するために MDX コードを書き込む必要がなくなりました。
  • 集計データはアプリケーション データ アクセス内で最上位の市民権です。 その動作は、詳細なデータの動作に似ています。 たとえば、集計データは拡張データ型 (EDT) および列挙で強化され、アプリケーション セキュリティの概念を使用してセキュリティを確保できます。
  • 集計データ インフラストラクチャは、環境内で完全に維持されます。 既定では、集計の測定はリアルタイムです。 システム管理者は、スケジューリングや外部ツールの複雑さを処理することなく、利用可能なリソースとビジネス ニーズに基づいて、集計データとコントロールの遅延を管理できます。
  • 開発者は既存のビジネス モデルを再利用し、モデリング プロセスを迅速かつ容易にすることができます。

Dynamics AX 2012 およびそれ以降の視点を使って生成されたプロジェクトは、同等の Finance and Operations メタデータにアップグレードすることができます。

集計の測定および集計分析コード

集計の測定は対応する分析コードと共に測定コレクションを含むモデルです。 測定値は、販売の合計や注文数などの集計数です。 分析コードは、測定の分析に役立つ製品、仕入先、顧客などのスライサーです。 たとえば、販売の合計の測定は、製品、地域、および顧客別で解析されない限り、役に立ちません。 集計測定は AX 2012 分析キューブの発展です。 キューブが多次元オンライン分析処理 (OLAP) テクノロジに基づいたのに対して、集計の測定は基になるテクノロジを抽象化します。 したがって、基礎となる実装テクノロジーについて多くのことを知る必要はなくなりました。 また、基礎となるテクノロジ インフラストラクチャは、開発者がプログラムを書き直す必要はなく、メモリ内のリアルタイム テクノロジの改善を利用することができます。 集計分析コードは実装間で共有されます。 集計測定は、関連する集計分析コードに関連付けられます。 たとえば、販売の合計は顧客、製品、および販売地域の分析コードに関連付けられます。 ただし、販売の合計は、仕入先および倉庫分析コードに関連付けられません。 集計分析コードおよび集計測定は Visual Studio ツールを使用してモデル化されます。 アップグレード ツールにより、顧客およびパートナーは、既存の Dynamics AX 2012 キューブを製品の新しいバージョンに移行することができます。

データ エンティティの集計

モデル駆動方式を使用して、集計の測定と集計分析コードを直接参照することにより、データ エンティティを作成できます。 これらは、集計データ エンティティと呼ばれます。 集計データ エンティティは、レポート用に使用される読み取り専用データ エンティティです。 グラフやその他のクライアント コントロールを作成するときに集計データを使用するには、集計データをフォームにデータ ソースとして追加します。 また、C# または X++ コードで集計データのエンティティをプログラムで利用することができます。

集計のプログラミング モデル

集計プログラミング モデル により、開発者は、X++ または C# コードのいずれかを使用してプログラムを使用して集計データを使用できます。 集計プログラミング モデルを使用して取得したデータは、フォームおよびレポートのデータ ソースとして使用できます。 開発者は、分析視点でモデル化された集計データを AXQuery オブジェクトに追加できます。 開発者は、既存の集計データ エンティティを使用して、集計データ エンティティには存在しないフィルタおよび追加の列を追加することによって拡張できるクエリを作成することもできます。 一括移動は、集計のプログラミング モデルに関連付けられている機能です。 クエリがカーネルによって実行されると、開発者は、1 行ずつ繰り返さなくても、すべてのレコードを一時テーブルまたは通常のテーブルに移動できます。 一括移動は、集約モデルから一時テーブルにデータを移動する非常に効率的な方法を提供します。

メソッドの式

メソッドの式は、データ エンティティのフィールドの定義に使用される豊富な計算を構築するためのプログラミング モデルです。 メソッドの式は、AX 2012 のビューで導入された計算列の機能を向上させます。 メソッドの式では、C# または X++ のプログラミング言語を使用して式を作成できます。 また、MDX を使用して以前コード化された集計データで計算を作成することもできます。 メソッドの式は、プログラム全体で共有することができます。

メモリ内でのほぼリアルタイムな集計測定

集計の測定が Microsoft SQL Server 非集合縦棒ストア インデックス (NCCI) に配置されます。 そのため、Azure DB として Microsoft SQL Server 2016 に組み込まれているインメモリ コンピューティング (IMC) エンジンを利用することができます。 集計測定の IMC エンジンは送信先としてインメモリ、ほぼリアルタイム (IM NRT) 集計測定と呼ばれます。 これらの集計測定値では、Microsoft SQL Server Analysis Services (SSAS) サーバーを使用する必要はありません。 これらのモデルにはデータの更新が含まれていないため、送信されるクエリは運用データベース内の最新のデータ状態を反映します。 ほぼリアルタイムと呼ばれるのはそのためです。

KPI のモデリングおよびカスタマイズ

AX 2012 およびそれ以前のバージョンでは、KPI とビジネス指標をネイティブの SQL Server 開発ツールを使用してモデル化する必要がありました。 ユーザーは KPI または業務概要 Web パーツを使用して業務インジケーターにロール センターを固定できますが、KPI 定義を目標のように変更することはできません。 ユーザーは開発者によりビルドされ公開された KPI 定義を変更するために、リッチ クライアントのフォームを使用できます。 集計測定値に含まれる集計データを使用して、新しい KPI を定義することもできます。 開発者は、Microsoft Visual Studio で KPI の定義をモデル化して、プロジェクトまたは独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) ソリューションと共に、顧客に出荷することができます。 KPI を定義した後、ユーザーは実行時にカスタマイズできます。