Lifecycle Services (LCS) のダウンロード可能ツール

重要

Dynamics 365 for Finance and Operations は Dynamics 365 Finance、および Dynamics 365 Supply Chain Management でライセンスされています。 これらのライセンスの変更の詳細については、Dynamics 365 licensing 更新 を参照してください。

Lifecycle Services のダウンロード可能なツール

次のツールは、ダウンロードで利用できます。 ツールのドキュメントは、TechNet で使用できます。

Lifecycle Services に移動.

工具 説明
Microsoft Dynamics AX のコード アップグレード サービス

状態: 非推奨

コード アップグレード サービスは使用されなくなりました。 アップグレード分析ツールを使用します。 詳細については、 Lifecycle Services (LCS) におけるアップグレード分析 を参照してください。
Microsoft Dynamics AX の XPO ツールを結合

状態: 完全サポート

次のドキュメントを参照してください: XPO ツール ユーザー ガイドの結合

Microsoft Dynamics AX 2012 結合 XPO のツールは、一連の相互依存関係 XPO ファイルを単一 XPO に結合するコマンド ラインのプログラムです。 たとえば、開発者のチームがアプリケーションの異なる側面にコードの変更を行っている場合、このツールを使用してこれらの変更されたファイルを XPO ファイルにマージすることができます。 AX 2012 R2 では、製品のインストール時に、Microsoft Dynamics AX60Management ユーティリティ フォルダーで Combine XPO ツールを利用できます。 AX 2012 RTM および Feature Pack 用のツールのバージョンは、ダウンロード可能なツールとして入手できます。
Microsoft Dynamics AX 2012 のデータ インポート/エキスポート フレームワーク

状態: 完全サポート

ドキュメントを参照して下さい: データ インポート / エクスポート フレームワークのユーザー ガイド (DIXF、DMF)

データ インポート / エクスポート フレームワークを使用すると、ファイル、Open Database Connectivity (ODBC)、データ ソースおよび Microsoft Dynamics AX テーブルから、Microsoft Dynamics AX にデータをインポートすることができます。 移行できるデータの例には、マスター データ、オープン在庫、および残高が含まれます。 このバージョンのツールは、AX 2012 または Microsoft Dynamics AX 2012 Feature Pack をサポートします。 Microsoft Dynamics AX 2012 R3 で、そのリリースに含まれるデータのインポート/エクスポート フレームワークのバージョンを使用します。 Microsoft Dynamics AX 2012 R2 で、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 の累積更新 7 で利用できるデータのインポート/エクスポート フレームワークのバージョンを使用します。
Microsoft Dynamics AX のインテリジェント データ管理フレームワーク

状態: 完全サポート

ドキュメントを参照してください: Microsoft Dynamics AX Intelligent Data Management Framework (IDMF)

Intelligent Data Management Framework for Microsoft Dynamics AX は、顧客とパートナーが Microsoft Dynamics AX アプリケーションの正常性の評価、現在の使用パターンの分析、データベース サイズの削減を行うのに役立ちます。
Microsoft Dynamics AX 2012 のパフォーマンス ベンチマーク ソフトウェア開発ツールキット (SDK)

状態: ベータ

ホワイト ペーパーを参照してください: Microsoft Dynamics AX 2012 Performance Benchmark SDK

Microsoft Dynamics AX 2012 Performance Benchmark SDK は、カスタム実装を忠実に再現するベンチマークを開発するための拡張可能な機能をパートナーや顧客に提供します。
Microsoft Dynamics AX のセキュリティ開発ツール

状態: ベータ

ドキュメントを参照してください: セキュリティ開発ツールのユーザー ガイド

Microsoft Dynamics AX 2012 のセキュリティ開発ツールは、ロール、職務、および特権などのセキュリティ コンポーネントを簡単に管理および維持できるようにすることを目的としています。
Microsoft Dynamics AX のセキュリティ アップグレード アドバイザー ツール

状態: ベータ

ドキュメントを参照してください: セキュリティ アップグレード アドバイザー ツールのユーザー ガイド

セキュリティ アップグレード アドバイザー ツールにより、顧客と開発者は、以前のバージョンの Microsoft Dynamics AX から Microsoft Dynamics AX 2012 にセキュリティ設定をアップグレードできます。 このサービスは、既存のセキュリティ設定をユーザー グループ、メイン メニュー項目、および関連するアクセス レベルからインポートすることにより、新しいシステムの迅速かつ安全な開始を保証できます。 このサービスは、セキュリティ アップグレードのためのワンクリック ソリューションではありません。 代わりに、サービスは反復プロセスを通じてセキュリティをアップグレードする多くの方法の 1 つのデモンストレーションすることを意図しています。 このサービスは、自動化を通じて、開発者がより迅速にアップグレードされたセキュリティ ベースラインに到達するのをサポートします。
Microsoft Dynamics AX 2012 用のテスト データ転送ツール (ベータ)

状態: ベータ

ドキュメントを参照してください: テスト データ転送ツール (ベータ)

テスト データを転送ツール (ベータ) (DP.exe) は、実稼働または非実稼働環境で Microsoft Dynamics AX 2012 ビジネス データベースからデータをエクスポートするコマンド ライン ツールです。エクスポート後には、これを使用して非実稼働環境で Microsoft Dynamics AX 2012 ビジネス データベースにデータをインポートできます。 開発環境またはテスト環境のいずれかにデータをインポートすることができます。