Lifecycle Services (LCS) のシステム診断

重要

Dynamics 365 for Finance and Operations は Dynamics 365 Finance、および Dynamics 365 Supply Chain Management でライセンスされています。 これらのライセンスの変更の詳細については、Dynamics 365 licensing 更新 を参照してください。

Microsoft Dynamics Lifecycle Services で、システム診断は管理者が 1 つまたは複数の Microsoft Dynamics AX 環境の正常性を監視および把握するのに役立ちます。 次のタスクを実行するように構成できるローカルにインストールされたコンポーネントがあるクラウド ベースのツールです。

  • オンプレミスの Microsoft Dynamics AX 環境を検出 (データベースのインスタンスおよび Microsoft Dynamics AX Application Object Server (AOS) インスタンス)。
  • 検出された環境からデータを収集します。
  • 収集したデータでルールを実行します。
  • ダッシュボードの規則違反を報告します。
  • レポートを提供します。

データは、事前定義されたスケジュールで実行されるジョブを使用して収集されます。 次の図は、システム診断プログラムとローカルにインストールされたコンポーネントがどのようにやり取りするかを示しています。 システム診断サービス

システム診断サービス (Lifecycle Services) システム診断では、Microsoft Dynamics AX の次のバージョンがサポートされています。

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R2
  • Microsoft Dynamics AX 2012 Feature Pack
  • Microsoft Dynamics AX 2012
  • Microsoft Dynamics AX 2012 R3

必要条件

システム診断を使用する前に、次の作業を行う必要があります。

  • Diagnostic サービスのインストーラーをダウンロードして実行します。
  • 検出ウィザードを実行します。
  • データの収集をスケジュールまたは実行します。

はじめに

次のトピックでは、システム診断をインストールして使用する方法について説明します。