Dynamics 365 Team Members ライセンス

多くの組織では、ユーザーの大半は基幹業務システムのデータまたはレポートを使用したり、—タイム シートの入力や HR レコードの更新などの単純な作業を行ったりすることがあるものの、—ユーザー機能のすべてを必要としていません。 Dynamics 365 Team Members ライセンスは、そのようなユーザーを対象としています。

Dynamics 365 Team Members ライセンスは、指名ユーザー ライセンスの一種で、職務内容が機能に必ずしも関連付けられないものの、基幹業務システムの基本的な機能を使用する必要があるユーザー向けに設計されています。 このライセンスは、Team Members エクスペリエンスに組み込まれた指定のシナリオを通じて、ユーザーに対する軽量なアクセスを提供します。

Dynamics 365 の顧客エンゲージメント アプリ (Dynamics 365 Sales、Dynamics 365 Customer Service、Dynamics 365 Field Service、Dynamics 365 Marketing、Dynamics 365 Project Service Automation) には、以下の指定されたアプリのセットを通じて、この Team Members エクスペリエンスが提供されます。

注意

2018 年 10 月以降に購入した既存の Team Members ライセンスを持つユーザーは、この指定されたアプリ セットに制限されるため、当該ユーザーは顧客サービス ハブ、営業ハブ、カスタム アプリをご利用いただけなくなります。

新しい Dynamics 365 Team Members ライセンスの早期アクセス フェーズでは、新しいライセンスを持つユーザーは、指定された Team Members アプリに加えて、既存のすべてのアプリをご利用いただけるようになります。 ただし、2020 年リリース ウェーブ 1 ビルドでライセンス適用が有効になると、当該ユーザーは顧客サービス ハブ、営業ハブ、カスタム アプリなど、使用を許可されていないアプリをご利用いただけなくなります。 Team Members シナリオをテストし、必要に応じてすべてのカスタマイズ内容を指定されたアプリに移行することをお勧めします。

スムーズな移行を支援するため、2020 年 4 月 1 日以前に作成したすべての顧客組織インスタンスは、2021 年 1 月 31 日までの猶予期間を追加で付与されます。

Dynamics 365 Team Members サブスクリプションはカスタム アプリケーションへのアクセスを提供しません。また、Microsoft Dynamics 365 ライセンス ガイド に記載されたシナリオ以外を対象としません。

ランタイム エクスペリエンスの変更

この新しいユーザー エクスペリエンスを示すため、顧客サービス アプリのユーザーを対象とした次のシナリオを検討しましょう。 (このエクスペリエンスは、営業ハブとプロジェクト リソース ハブのアプリ シナリオでも一貫しています。)

より上位の Dynamics 365 Enterprise ライセンスまたは Dynamics 365 Customer Engagement プランを保有しているユーザーには、新たに導入された 顧客サービス向け Team Members アプリに加えて、顧客サービス ハブ アプリが表示されます。

Dynamics 365 アプリ

Dynamics 365 Team Member ライセンスのみを保有しているユーザーには、顧客サービス向け Team Members アプリのみが表示されます。

Dynamics 365 Team Members アプリのみ

ブックマークやその他のリンク共有を介して、ユーザーがアクセス権限を持たない他のアプリ (顧客サービス ハブまたは営業ハブ) にアクセスしようとすると、ユーザーはアプリにアクセスするためのライセンスを所持していないことを通知するエラー メッセージが表示されます。

カスタマイズの制限

Team Members アプリは、Common Data Service で構築された他のモデル駆動型アプリと同様に、組織の業種や分類、そして組織独自の業務プロセスに合わせてカスタマイズできます。 ただし、このようなカスタマイズは ライセンス ガイド に記載された Dynamics 365 Team Members の使用権に準拠する必要があります。 アプリをカスタマイズする際に、追加のエンティティを 15 個追加できます。 これらの追加エンティティとして、任意の Common Data Service コア エンティティを指定することも、カスタムエンティティを作成することもできます。

よく寄せられる質問

管理センターで 2020 年リリース ウェーブ 1をオプトインしました。 Team Members ライセンスを持つユーザーは、なぜまだカスタムアプリや他の Dynamics 365 アプリ (営業ハブや顧客サービス ハブなど) を参照できるのですか。

早期アクセス中の顧客は施行が適用されるまで、お客様はアプリを並行して実行でき、Team Members ライセンスを持つユーザーはすべてのアプリにアクセスできるようになります。 施行されるエクスペリエンスを早期に検証する場合は、組織レベルまたはインスタンス レベルで有効にできます。 これにより新しい Team Members アプリを評価して移行の作業を行う間、ビジネスの中断を防ぐことができます。 ただし必要に応じて Microsoft サポート チームにリクエストを送信することで、組織のインスタンスに対してこの施行動作を選択的に有効化できます。

Team Members ライセンスを施行することで、ライセンス ガイドで指定される作成、更新、削除、その他の操作が制限されますか。

2020 年リリース ウェーブ 1 に含まれるライセンスの施行では、Team Members エクスペリエンスを提供して、操作方法を Team Members アプリに合わせることに重点を置いています。 アカウントの更新や、アプリ モジュールでのサポート案件の編集などの特定の権限は、このリリースのライセンスの施行に含まれません。

記事でご案するとおり、この変更によって影響を受ける顧客組織の既存のすべてのインスタンスには、2021 年 1 月 31 日まで、自動的に追加の支払猶予期間が付与されます。 これは対応が不要ということですか。

2020 年 4 月 1 日現在、この変更によって影響を受ける既存のすべての顧客組織インスタンスに対して、2021 年 1 月 31 日まで例外が自動的に提供されます。 これにより、ライセンスの施行によって生じる業務上の中断を最小限に抑えることができます。 この追加の猶予期間を活用して、カスタマイズを新しい Team Members アプリに移行することを推奨します。

これらの新しい Team Members アプリをカスタマイズできますか。

はい、これらの新しい Team Members アプリを、他の Dynamics 365 アプリやカスタム アプリと同様にカスタマイズできます。 ただし、ライセンス ガイドに記載されるように、15 以上追加のエンティティを導入することはできません。 この 15 の追加エンティティには、元のアプリ モジュールの一部ではないコア Common Data Service エンティティ、Microsoft が公開したその他のエンティティ、またはカスタム エンティティを含めることができます。 また、ライセンスの適用は、アプリを作成してカスタマイズする時点ではなく、アプリを使用する際に実施します。 従ってこうしたシナリオはライセンス制限の対象でないため、管理者、カスタマイザー、作成者のロールに対するライセンス適用は免除されます。

こうした新しい Team Members アプリのカスタマイズ方法。

Team Members アプリは既存のアプリ モジュールと同様です。 アプリのカスタマイズの詳細については、次の記事を参照してください。

2020 年 4 月のリリース ウェーブ 1 をオプトインした後で、営業向け Team Members アプリ、顧客サービス向け Team Members アプリ、プロジェクト リソース ハブがまだ表示されません。 これらのアプリを表示するにはどうすればよいですか。

次の記事を参照してください。

  • 顧客サービス向け Team Members アプリ: 2020 年リリース ウェーブ 1 を有効化した後、ここに記載される手順に従って顧客サービス向け Team Members をインストールします。
  • 営業向け Team Members アプリ: 初期アクセス中に組織インスタンスに営業ハブがインストールされた場合は、2020 年リリース ウェーブ 1 を有効化すると営業向け Team Members アプリが自動的にインストールされます。 営業ハブが組織インスタンスにインストールされていない場合は、営業ハブをインストールする必要があります。これで、営業向け Team Members アプリが自動的にインストールされます。 この操作は、早期アクセスをオプトインする前または後に行うことができます。 Microsoft は、営業ハブのインストールの有無に関わらず、すべての組織で営業向け Team Members アプリを利用できるように取り組んでいます。
  • プロジェクト リソース ハブ: 現在のプロセスと同様に、プロジェクト リソース ハブは、2020 年リリース ウェーブ 1 のオプトイン状態に関わらず、Project Service ソリューション インストールの一部としてインストールされます。

アプリケーションやセキュリティ ロールで制限をすべて施行しない場合、利用する適切な権限をどのように評価できますか。

Microsoft Power Platform 管理センターからダウンロードしてご利用いただける、Team Members 適合性レポートで確認できます。 分析 セクションの Common Data Service 領域に移動し、ダウンロード を選択してレポートにアクセスします。 フィルターを変更する リンクを使用して 環境日付 でレポートをフィルターします。 このレポートは、一般的なガイダンスとしての使用のみを意図しており、Team Members を使用する権利に従い不適合と見なされるエンティティと操作に関する毎日の概要をキャプチャします。

Team Members ユーザーは、組織のカスタム モデル駆動型アプリケーションにアクセスできますか。

ユーザーの環境 (組織インスタンス) に施行を適用すると、Team Members ライセンスを持つユーザーは Team Members アプリケーションのみにアクセスできます。

顧客がセキュリティ ロールのカスタマイズや変更を行い、追加の権限を追加または削除できますか。

はい、セキュリティ ロールをカスタマイズできます。こうした権限 (営業向け Team Members、顧客サービス向け Team Members、プロジェクト リソース ハブ) はプラットフォームの他のセキュリティ ロールと同様であり、構成を容易にするために提供されます。 ただし、ライセンス ガイドに記載されるように、セキュリティへのすべての変更が Team Members ライセンスの利用権限に準拠することを推奨します。

Team Members ライセンスを持つユーザーが、顧客サービス ハブ、営業ハブ、その他のアプリの URL をブックマークしている場合はどうなりますか。 施行を適用した後、このユーザーはブックマークしたアプリにアクセスできなくなりますか。

Team Members ライセンスを持つユーザーが資格に含まれないアプリにアクセスすると、次のエラーが表示されます。

"無効なライセンス: このアプリにはライセンスが必要であり、このアプリにアクセスする適切なライセンスがありません。 詳細に従って、適切なライセンスを割り当てるよう管理者にお問い合わせください。"

Enterprise ライセンスまたは Pro ライセンスが割り当てられたユーザーは、Team Members アプリにアクセスできますか。

はい、Dynamics 365 ライセンスを持つユーザーは Team Members アプリにアクセスできます。

Team Members が Dynamics 365 のすべてデータを読み取れると使用権限に記載されている場合、Team Members アプリに同梱されていないエンティティを読み取ることができますか。

はい、Team Members アプリをカスタマイズして読み取り専用エンティティを追加できます。 このライセンスの施行は Dynamics 365 データの読み取りを制限しません。 各 Team Members アプリに直接追加できる 15 のエンティティに加え、サブグリッド、ダッシュボード、ルックアップから、追加したエンティティにアクセスできます。

まだレガシー Web クライアント クラシック インターフェイスを使用している場合、この施行を適用できますか。

レガシー Web クライアント (クラシック) インターフェイスを使用するユーザーは、このライセンス適用の対象外です。ただし、この ブログ投稿 が示すように、すべてのお客様が統一インターフェイスに移行する予定です。

統一インターフェイスにまだ移行していない場合は、Team Members アプリの計画を移行に組み込んでおく必要があります。 次のリソースを参照して、ガイダンスを確認してください。

ユーザーがカスタム アプリにアクセスする必要があります。 これらのユーザーに割り当てる最適なライセンスは何ですか。

カスタム アプリにアクセスするには、アプリ ライセンスごとまたはユーザー ライセンスごとに Power Apps を適切にユーザーに割り当てる必要があります。 ユーザーが 1 つまたは 2 つのアプリにアクセスする必要がある場合は、アプリごとのライセンスをオプションとしてご検討ください。その他の場合、ユーザーはプラットフォームのカスタム アプリに無制限にアクセスできる、ユーザーごとのオプションが必要です。 詳細は、Power Apps ホームページDynamics 365 の価格を参照してください。

ライセンス ガイドの Team Members の使用権限に記載された範囲を超えて、ユーザーが Dynamics 365 のデータにアクセスし、更新する必要があります。 これらのユーザーに割り当てる最適なライセンスは何ですか。

ユーザーが Dynamics 365 アプリにアクセスするには、管理センターで Team Members ライセンスを持つユーザーによる不適合利用 というレポートを評価する必要があります。 このレポートは、Common Data Service の 分析 セクションからダウンロードでき、これらのユーザーによって実行されるアプリ、エンティティ、および操作を示す使用パターンを特定できます。これにより、どの Dynamics 365 ライセンスが最適であるかが分かります。 たとえば、サポート案件エンティティを多く編集する場合 (セルフ サービス シナリオを除く)、そのようなアプリ ユーザーには Dynamics 365 Customer Service Enterprise ライセンスの割り当てを考慮する必要があります。 さまざまなシナリオ向けのライセンスに関する詳細なガイダンスは、Dynamics 365 ライセンス ガイドを参照してください。