間もなく公開: 中小規模のビジネス向けに設計された Dynamics 365 for Sales Business Edition

[このトピックはプレリリース ドキュメントであり、変更されることがあります。]

注意

Dynamics 365 (オンライン) の次回更新プログラムで予定されている Enterprise 機能については、「次回更新プログラムで予定されている Customer Engagement Enterprise Edition の機能」を参照してください。

Dynamics 365 Customer Engagement で予定されている、Dynamics 365 for Sales Business Edition (パブリック プレビュー) やその他の新機能についてお知らせします。 この新しい Sales アプリケーションは、Dynamics 365 (オンライン) を既にご利用のお客様ならよくご存じの Dynamics 365 for Sales Enterprise Edition アプリケーションを基にして作成されていますが、中小規模のビジネス向けに最適化されています。

新しい統一インターフェイスを基にして作成されている新しい Sales アプリケーションは、アクセシビリティを考慮して根本から設計されており、次のような特徴があります。

  • スクリーン リーダーを使用するユーザーは、コンテンツに直接進み、自分にとって重要なセクションに移動できます。

  • 読み上げプラグインを使用するユーザーの利便性が向上します。

  • ブラウザー プラグインを使用するユーザーは、ページの特定のセクションにジャンプできます。

  • キーボード ユーザーは、Tab キーとキーボード ショートカットを使用して、時間と労力を節約できます。

また、新しい Sales アプリケーションは、応答性を高める Web 設計原則を使用して、すべての画面サイズ、デバイス、表示方向に最適な表示と操作のエクスペリエンスを提供します。 たとえば、サブグリッドは小さい画面サイズではリストに変形されます。

効率的なセットアップ、管理、カスタマイズ

新しい Sales アプリケーションのウィザード方式のセットアップを使うと、アプリケーションを短時間で組織に導入して稼働させることができます。 作業の大部分は、クイック セットアップで Exchange Online と SharePoint Online を自動的に統合し、構成することによって行います。 また、クイック セットアップでデータのインポートも行います。

Sales のクイック セットアップ エクスペリエンス

[詳細設定] 画面には使用可能なすべての設定がまとめて表示されるので、別のページに移動して必要な項目を探す必要がありません。

Sales の [詳細設定] 画面

ユーザー管理

迅速かつ簡単にユーザーを作成して管理でき、アプリケーション内からすべての作業を行うことができます (Microsoft Office 365 に移動する必要はありません)。

[ユーザー管理] ダイアログ ボックス

フォーム、ビュー、業務プロセス フローのデザイナー

直感的なドラッグ アンド ドロップ方式のフォーム、ビュー、業務プロセス フローのデザイナーを使うと、ビジネス ニーズに合わせてアプリケーションを簡単にカスタマイズできます。 デザイナーの主要な機能は次のとおりです。

  • フィールドを追加および再配置するための直感的なドラッグ アンド ドロップ エクスペリエンス

  • フィールド エクスプローラーでフィールドを検索する機能

  • フィールドおよびセクションのプロパティへの、シングルクリックによるインライン アクセス

フォーム デザイナー

新しいフォーム デザイナーの特徴は次のとおりです。

  • 直感的な書式の種類と、新しいフィールドをドラッグ アンド ドロップで簡単に作成できるエクスペリエンス

  • キャンバスでフィールドをインライン編集する機能

  • ユーザーが 1 つのフィールドに対して複数の値を選択できる複数選択フィールド

フォーム デザイナーの画面

ビュー デザイナー

新しいビュー デザイナーの特徴は次のとおりです。

  • 列見出しを 1 回クリックするだけで列を並べ替える機能

  • フィルターと列を並べて構成できる向上した構成エクスペリエンス

  • ビューの実行時に近いスナップショットを提供するグリッドのサンプル データ

ビュー デザイナーの画面

テーマ デザイナー

テーマ デザイナーを使うと、すばやくテーマを作成し、組織のブランドに合わせてロゴを選択できます。

テーマ デザイナーの画面

製品カタログ

製品管理では、組織が提供するすべての製品の最新のカタログを追加および管理するための効率的なプロセスが提供されます。

重複データ検出

Dynamics 365 for Sales Business Edition には、重複データ検出を有効にした場合の既定の設定とルールを自動構成する機能があります。

カスタマイザー/ISV が使用できるエンティティ

Dynamics 365 for Sales Business Edition には、Dynamics 365 プラットフォームに標準で組み込まれている一連のエンティティが使われています。 それらの組み込みエンティティは、使用できます。一方、Dynamics 365 Customer Engagement プラットフォームの一部であるその他のエンティティは、使用できません。

Sales アプリケーションの場合、これには以下のエンティティが含まれます。

  • 取引先企業

  • 取引先担当者

  • リード

  • 営業案件 (+ 提案製品)

  • 見積もり (+ 見積もり製品)

  • 請求書 (+ 請求書の製品)

  • 活動 (電話、電子メール、予定、タスク)

  • 製品

ユーザーにとっての利点

Sales アプリを使うと、リードからキャッシュまでのプロセスが合理化され、中小規模ビジネスの取引量を増やすことができます。 また、リード、取引先企業、取引先担当者、営業案件の管理も簡単になります。

ユーザーは、セキュリティで保護された単一の場所から重要な顧客情報に簡単にアクセスし、すべてのリレーションシップの状態を確認できます。 営業チームは、デバイスや場所に関係なく顧客の詳細データにアクセスし、よりパーソナライズされた会話を行うために必要な情報を入手できます。 既定のビジネス プロセスは、繰り返し作業を合理化して、リードを短期間でパイプラインの次の段階に進めるために役立ちます。

データ管理ツール

別のソースからデータをすばやく取り込むには、インポート ウィザードを使います。 データをインポートするには、既定のデータ インポート テンプレートまたはコンマ区切り値 (.csv) ファイルを使います。

取引先担当者が Outlook または Exchange に保存されている場合、Dynamics 365 for Sales または Outlook 用 Dynamics 365 アプリ から直接同期することもできます (後述)。

重複データ検出は、インポートするときに重複データがシステムに発生しないことを保証します。

Office 365 の統合

使い慣れた Office 365 のツールを使って、同僚や顧客と効率よく共同作業ができます。 Exchange Online の設定を使って Dynamics 365 for Sales からすぐに電子メールを送信できます。 SharePoint Online を使って、従業員や顧客と営業資料を共有できます 。

コラボレーション ツール

Skype または Skype for Business を使って、顧客や組織内の他のユーザーと簡単につながることができます。 顧客に電話したり、組織内のユーザーにインスタント メッセージを送信したりできます。 また、組織のユーザーのプレゼンス状態を表示することもできます。

リレーションシップ アシスタント

リレーションシップ アシスタントを使うと、近々ある活動のアラームを受け取ることができます。 アシスタントは、日々の操作や通信を監視し、カスタマイズされたアクション可能なインサイトを提供するアクション カードを生成します。

注意: Dynamics 365 for Sales Enterprise Edition に比べ、リレーションシップ アシスタントのカードは限られています。 基本カードのみが含まれます。

分析ツール

すぐに使えるダッシュボードでは、視覚化されたインサイトと重要な営業関連データをひとめで把握できます。

グラフは、わかりやすいビジュアル スナップショットで情報を視覚的に表示します。 データの動向を知るための概要分析に適しています。

Sales のグラフの例

テンプレート

Microsoft Word テンプレートを使ってプロフェッショナルなデザインの営業資料を作成したり、Microsoft Excel テンプレートを使って洞察に富んだレポートを作成したりできます。

モバイル アプリ

新しい Sales アプリで提供されるモバイル アプリのエクスペリエンスは、Dynamics 365 for Sales の Enterprise Edition とよく似ています。 ただし、Dynamics 365 for Sales Business Edition では、Mobile offline 機能は提供されていません。

新しい Sales アプリケーションと同様にモバイル アプリは新しい統一インターフェイスに基づいており、重要なアクセシビリティと、応答性に優れた設計の利点を備えています。

モバイル アプリは、職場でも外出先でも顧客に対応する必要がある忙しいビジネス プロフェッショナルにとって不可欠なビジネス ソリューションです。 どのような予定にも準備万端で望むことができるうえ、記憶が新しいうちに、メモ、タスク、添付資料と、関連する営業やマーケティングのレコードを更新できます。

Outlook アプリ

Dynamics 365 for Sales は、同様に新しい統一インターフェイスで作成されている Outlook 用 Dynamics 365 アプリ と共に使うこともできます。 Outlook 用 Dynamics 365 アプリ を使うと、ユーザーは既に使い慣れたツールである Outlook で Dynamics 365 の機能を利用できます。

Outlook 用 Dynamics 365 アプリ がインストールされていると、選択した Outlook の電子メール メッセージや予定の隣に Dynamics 365 ウィンドウが表示されます。

Outlook から離れることなく、宛先や CC リストのユーザーについての情報を Dynamics 365 から表示できます。 1 回クリックするだけで、Outlook の電子メール メッセージや予定を特定の Dynamics 365 レコードにリンクできます。 この方法でリンクされた電子メール メッセージや予定は、そのレコードに対する活動として Dynamics 365 に表示されます。

ユーザーは次のようなこともできます。

  • Outlook アプリから直接 Dynamics 365 のレコードを開いて、情報を検索したり、さらに詳細な情報を入力したりできます。

  • 電話、タスク、または予定としての活動を Dynamics 365 に追加できます。

  • エンティティがモバイル デバイスおよび複数エンティティ検索に対して有効になっている限り、任意のエンティティ (レコードの種類) の新しい Dynamics 365 レコードを作成できます。

  • 電子メール メッセージの作成時または会議の設定時に、電子メール テンプレート、サポート情報記事、および営業資料を追加できます。

  • Dynamics 365 で Outlook の連絡先を追跡します。

新しい Sales アプリを使って、デスクトップ、タブレット PC、または電話からお気に入りのレコードやよく使うレコードにアクセスできます。

デスクトップのナビゲーション画面

モバイルのナビゲーション画面

よく使うレコードにすばやくアクセスできるように、メニューを固定することもできます。

固定したナビゲーション画面

注意: よく使うレコードはシステムによって事前に決定され、変更することはできません。