Dynamics 365 (オンライン) の次回更新プログラムで予定されている Customer Engagement Enterprise Edition の機能

[このトピックはプレリリース ドキュメントであり、変更されることがあります。]

注意

次回リリースには、Dynamics 365 for Sales という新しい Business Edition アプリも含まれています。 Dynamics 365 for Sales Business Edition の内容の詳細については、「予定されている Business Edition の機能」を参照してください。

Dynamics 365 (オンライン) の次回更新プログラムで Customer Engagement に関して予定されている新機能についてお知らせします。

このリリースで主に強化されたのは次の部分です。

  • Web アプリの読みやすさと使いやすさを改善し、より速く簡単にデータを入力できるようにするための、UX の機能強化

  • セキュリティの強化やデータ管理の改善など、拡張性とアプリ プラットフォームの機能強化

さらに、管理者やカスタマイザーがコードを書くのではなくグラフィカル ユーザー インターフェイスを使用してアプリをカスタマイズできる、アプリ内デザイナー ツールの機能強化が行われています (アプリ デザイナー、サイトマップ デザイナー、業務プロセス フロー デザイナー)。

  • 顧客サービス ハブ、電話用 Dynamics 365、タブレット PC 用 Dynamics 365、Outlook 用 Dynamics 365 アプリ で使用されている新しい統一インターフェイス フレームワーク。 統一インターフェイスはアプリ デザイナーでも使用でき、カスタマイザーはこの新しいルック アンド フィールを使ってアプリ モジュールを構築できます。

Web アプリでのユーザー エクスペリエンスの機能強化

このリリースでは、Web アプリのユーザー インターフェイスが更新されて、使いやすさと外観が向上しました。 これらの変更は、Sales、Customer Service、Field Service、Project Service Automation の各 Web アプリに共通です。 変更は、フォーム、ダッシュボード、グリッド、ダイアログ、検索画面など、メイン アプリケーションのすべての部分に適用されます。

ユーザー インターフェイスの更新 (エンタープライズ エディションのすべての Web アプリに適用)

フォームでは顧客データがわかりやすいコンテナーにグループ化されていて、データ入力の効率が上がります。 新しいフィールド スタイルでは空のフィールドがわかりやすくなり、フィールド内のテキストが折り返されて読みやすさが向上しています。

ユーザー インターフェイスに関しては次のような変更が行われています。

  • フォームおよびダッシュボードの不要な空白の削除。 コンテンツのコンテナーに境界が定義されるようになっています。 セクション間には一定の間隔があります。 空のコンテナーにはわかりやすいメッセージとアイコンが表示されます。

改善されたインターフェースの例

  • フォーム、ダッシュボード、グリッドなど、すべてのページに表示されるコンテンツの新しいクリップボード構造による改善されたビジュアル階層。 クリップボードに使われるページとパネルの見出しの色はカスタマイズできます。

  • より一貫したルック アンド フィールのための標準化されたフォントの使用

  • ユーザーの生産性向上に役立つ、フォーム上のタブ、ボタン、入力フィールドなどの要素のより直感的なユーザー エクスペリエンス

ユーザーからの要望が多い機能

次の機能強化は、ユーザーからよく寄せられる機能要求に応えたものです。

  • フォームで、長いテキスト ラベルや値が折り返されます。 管理者は、システム レベルの設定を使って単語の折り返しを制御できます。

  • サブグリッドの見出しの色を、フォーム レベルでカスタマイズできます。

色を変更するには:

  1. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] の順に移動し、変更するエンティティのフォームを選びます。

  2. レコードを開き、サブグリッドをダブルクリックして、見出しフィールドに色の選択を入力します。 16 進形式の配色のみを使用できます。 たとえば、コード #fofofo は灰色を表します。

  • 新しい 3 つの標準テーマから選ぶこともできます。

    • CRM 青のテーマ

    • CRM 既定のテーマ

    • CRM オレンジのテーマ

テーマをカスタマイズするには:

  • [設定] > [カスタマイズ] > [テーマ] の順に移動し、カスタマイズするテーマを複製します。 テーマで見出しの色を選ぶと、テーマの他の色にはシステムが推奨する既定の色が自動的に設定されます。この色は編集できます。

高度な検索​​

高度な検索に、NOT IN クエリを作成するためのオプションが追加されました。 たとえば、関連するタスクのないすべてのサポート案件を照会できます。

そのためには、ナビゲーション バーのアイコンから高度な検索を起動します。 クエリで、検索するレコードの種類を選び、関連するレコードの種類を選んで、[が空白である] 演算子を表示します。

新しいアプリの統一インターフェイス フレームワーク

このリリースでは、すべての新しいアプリケーションに同一のエクスペリエンスを提供する統一インターフェイス フレームワークの作業が行われました。 アクセシビリティを考慮して新しく設計された統一インターフェイス フレームワークには、次のような特徴があります。

  • スクリーン リーダーを使用するユーザーは、コンテンツに直接進み、自分にとって重要なセクションに移動できます。

  • 読み上げプラグインを使用するユーザーの利便性が向上します。

  • ブラウザー プラグインを使用するユーザーは、ページの特定のセクションにジャンプできます。

  • キーボード ユーザーは、Tab キーとキーボード ショートカットを使用して、時間と労力を節約できます。

また、統一インターフェイスは、応答性を高める Web 設計原則を使用して、すべての画面サイズ、デバイス、表示方向に最適な表示および操作エクスペリエンスを提供します。 たとえば、サブグリッドは小さい画面サイズではリストに変形されます。

新しい LinkedIn Connector ソリューション

Dynamics 365 (オンライン) のバージョン 8.2 以降で使用できる新しいソリューションでは、LinkedIn のリード生成広告キャンペーンを実行した後、生成されたリードを Dynamics 365 for Sales と同期できます。 この機能は、初期リリース後すぐにバージョン 9.0 用に更新される予定です。 この新しいソリューションは AppSource で入手でき、Microsoft Dynamics 365 (オンライン) Connector for LinkedIn Lead Gen Forms という名前です。

ソリューションには次のものが含まれます。

  • 複数の LinkedIn メンバー アカウントのサポート。 異なる LinkedIn メンバー プロファイルを使って複数の従業員によって実行されたキャンペーンにアクセスしてリードを取得するように、Dynamics 365 (オンライン) 組織を設定します。

  • カスタマイズ可能なリード マッチング方法。 リード マッチング方法をカスタマイズし、Dynamics 365 (オンライン) リードとの一致の検索にシステムが使用するフィールドを定義します。 たとえば、ユーザーの電子メール アドレス、姓、会社名などのフィールドでマッチングできます。 一致がある場合は、そのユーザーの LinkedIn プロファイルのデータが、リード フォームの対応するフィールドに設定されます。

  • ソース全体のリード パフォーマンスを分析する機能。 LinkedIn でキャプチャされたリードのパフォーマンスを追跡して分析し、他のソースと比較します。

Dynamics 365 (オンライン) で LinkedIn Connector を使うには、LinkedIn サブスクリプションの一部として LinkedIn キャンペーン マネージャーへのアクセス権が必要です。 また、LinkedIn Lead Gen Forms を使ってネイティブ広告を実行する必要もあります。

顧客サービス ハブ

このリリースでは、顧客サービス ハブ (以前のリリースでの名称は対話型サービス ハブ) が新しい統一インターフェイスを基にスタンドアロン アプリケーションとして再構築されました。

顧客サービス ハブでは、すべての重要な顧客サービス情報が 1 か所に表示され、担当者とマネージャーは簡単にサービス サポート案件の優先順位を決定して対処できます。

注意

開発者の方は、「開発者向けに予定されている機能」も参照してください。

新規および強化された業務プロセス フロー

業務プロセス フローのステージは、固定モードだけでなく浮動モードでも表示できるようになりました。 ステージは、横レイアウトではなく縦レイアウトで配置できるようになり、先に進む前に完了する必要があるステップを確認しやすくなります。 また、オプションのステップを業務プロセス フローに含めることができ、それをトリガーする条件を定義できます。 業務プロセス フローはエンティティになり、カスタム ビューを作成できます。 ビジネス プロセス エンティティをサイト マップで使用できるようになりました。

タイムラインとアクティビティ フィードの機能強化

向上したタイムラインを使うと、サービス担当者はサポート案件に関する顧客とのすべてのやり取りを単一ストリームで表示できます。 担当者は、タイムラインで直接メモ、投稿、その他のやり取りを作成、更新、管理できます。 タイムラインのアクティビティ フィードにより、サービス チームは現在の状況を把握して、より効果的にサポート案件を解決して共同作業を行うことができます。

タイムラインに含まれるテキスト フィルターとビジュアル フィルターを使うことで、担当者は活動の種類を表示して並べ替えることができ、必要な詳細情報だけに集中できます。 担当者は、新しいメモ、未読メール、作成された新しい活動が表示される最新情報セクションで、前の日または週に見落としたものを追跡できます。

活動管理

カスタマイズ機能を持つ新しい簡易作成フォームが、タスク、電話、予定に導入されました。 更新された電子メール エディター コントロールの豊富な編集機能も利用できます。

ナレッジ マネージメント

最新リリースのナレッジ マネージメントは、新しい統一インターフェイスに基づいており、顧客サービス ハブの一部として含まれます。 ナレッジ マネージメントを使って、サポート情報記事を作成、編集、検索、公開、翻訳できます。

次のような重要な機能強化があります。

  • リッチテキスト エディターでコンテンツを作成するための詳細オプション。 コンテンツをプレビューして、タブレット PC や電話などの複数のデバイスでの互換性を確認できます。

  • サポート情報記事の HTML ソース編集サポートの向上

  • サポート情報記事の検索機能の向上。 サポート情報をグローバル検索 UI の関連性検索で使用できるようになりました。 関連性検索は、Azure Search サービスを利用してレコードのインデックス作成と検索を行います。 関連性検索では、関連性の向上、検索キーワード テキストの強調表示、添付ファイルやメモ内の検索など、強化された検索機能が提供されます。

Outlook アプリ

Dynamics 365 for Sales は、新しい統一インターフェイスで作成された Outlook 用 Dynamics 365 アプリ と共に使うこともできます。 Outlook 用 Dynamics 365 アプリ を使うと、ユーザーは既に使い慣れたツールである Microsoft Outlook で Dynamics 365 (オンライン) の機能を利用できます。

この更新バージョンのアプリでは、ユーザーが既に知っている機能と同じ機能が維持され、それに統一インターフェイスの追加機能が組み込まれています。 モバイル クライアント ユーザーは、Dynamics 365 (オンライン) と同じ方法で Outlook 用 Dynamics 365 アプリ を使って、レコードの編集、サイトマップの起動、アイテムの一覧表示を行うことができます。

リスト項目の表示

新しいバージョンのアプリでは、アプリでアクセス可能なビューまたはグリッドのリスト項目を表示できます。

Outlook アプリのリスト項目の例

サイトマップ

Dynamics 365 (オンライン) のサイトマップを利用して、Dynamics 365 (オンライン) のお気に入りや最近使用したレコードに簡単にアクセスできます。

Outlook アプリのサイトマップ

詳細なレコード表示

アプリ内のレコードに移動して、編集できます。

Outlook アプリの詳細レコード

グローバル検索 UI を使って、Dynamics 365 (オンライン) のレコードを検索、表示、アクセスできます。

Outlook アプリの関連性検索

Dynamics 365 Mobile アプリ

新しいモバイル アプリは新しい統一インターフェイスに基づいており、重要なアクセシビリティと、応答性に優れた設計の利点を備えています。 現在のユーザーは、アプリ ストアから更新プログラムをダウンロードする必要はありません。 Dynamics 365 (オンライン) サーバーが最新バージョンに更新されると、新しい機能を利用できるようになります。

新しいナビゲーション

モバイルで新しいナビゲーションを使うと、システム内の異なる領域 (営業、サービス、マーケティングなど) にすばやく移動できます。 また、最近表示したレコードやピン留めされたお気に入りにすばやくアクセスすることもできます。

新しいモバイル ナビゲーション

レコードの操作

レコードを開かなくてもレコードを操作できるようになりました。 レコードの一覧から、[その他] ボタン (…) をタップし、[削除]、[再割り当て]、[閉じる] などの操作を選択します。 複数のレコードを選択して同じ操作を実行することもできます。

電話用 Dynamics 365 での iFrame および Web リソースのサポート

Dynamics 365 (オンライン) Web アプリのフォームやダッシュボードに iFrame および Web リソースを追加できる場合、電話で iFrame および Web リソースを有効にするボックスをオンにすると、電話用 Dynamics 365 でも有効にすることができます。 たとえば、Web アプリのダッシュボードにニュース フィードを追加する場合は、ニュース フィードは電話のアプリにも表示されます。

Windows Phone での Continuum のサポート

Continuum のサポートで、電話を PC のように使用できます。 Windows Phone モバイル デバイスを大画面に接続し、電話を PC として使用できます。 ドックまたはアダプターを使ってモニター、キーボード、マウスに接続した後、Windows 10 Phone のモバイル アプリを使ってコンテンツを大画面で見ることができます。 電話を別の画面に接続すると、モバイル アプリは大きい画面サイズに合わせてリフローします。 また、大画面での再生を中断することなく、通常の方法で電話を使い続けることもできます。 このように、機能低下のない自然な使い慣れた方法で、生産性に影響を与えることなく、小型のデバイスと大型のデバイスをシームレスに切り替えることができます。 Continuum の詳細についてはこちらをご覧ください

Mobile offline

新しい統一インターフェイスでは、すばやくオフラインに切り替えることができます。 オフラインに切り替えるときに、すべてのデータがダウンロードされるのを待つ必要はありません。 前提条件のエンティティ データのダウンロードが完了したら、システムがデータのダウンロードを続けている間に作業を開始できます。 また、ダウンロードの状態を追跡し、残り時間や各エンティティの詳細な状態を確認できます。

拡張性とアプリ プラットフォーム

アプリ内ビジュアル ツールに追加された新しい機能を使うと、ビジネス ユーザーは、コードを記述することなく、グラフィカル ユーザー インターフェイスを使って簡単にアプリをカスタマイズできます。

アプリ デザイナーは改善された UX を利用でき、管理者やカスタマイザーは簡単に独自のソリューションを作成できます。 また、マイ アプリ ランディング ページおよびサイトマップ デザイナーも更新されています。

注意

開発者の方は、「開発者向けに予定されている機能」も参照してください。

アプリ デザイナー

アプリ デザイナーには次のような新機能があります。

  • 必要に応じて、既存のソリューションまたはサイトマップを選択してアプリをすばやく作成できます。

  • クライアントの種類として、Web またはを統一インターフェイス (組み込みのアクセシビリティと応答性の設計向上を利用する場合) を選択できます。 新しい統一インターフェイスについて詳しくは、前述した「新しいアプリの統一インターフェイス フレームワーク」をご覧ください。

  • 統一インターフェイス フレームワークに基づくクライアント用に作成されたアプリでの対話型ダッシュボードのサポート。

  • アプリ デザイナー キャンバスからコンポーネントを簡単に検索できます。 [キャンバス上の検索] をクリックし、検索ボックスに検索するコンポーネントのキーワードを入力します。 検索ウィンドウに結果がまとめて表示されます。 結果をクリックすると、アプリ デザイナー キャンバス全体で検索項目が強調表示されます。

アプリ デザイナーの画面

  • 必要な場合は、1 つ以上の Mobile offline プロファイルを選択して、アプリで Mobile offline をサポートできます。

  • Web リソースからオプションのカスタム ウェルカム ページを追加すると、アプリを開いたときに最初に読み込まれるページになります。 ウェルカム ページでは、アプリの起動時にガイダンスや他の重要な情報をユーザーに提供できます。

サイトマップ デザイナー

サイトマップ デザイナーには次のような新機能があります。

  • 統一インターフェイス フレームワークに基づくアプリのサイトマップの既定ダッシュボード サブ領域として、対話型ダッシュボードを設定できます。

  • サイトマップのコンポーネントの切り取り、コピー、貼り付けを行うことができます。

  • アプリのサブ領域内で他のセキュリティ特権をサポートします。

サイトマップ デザイナーのその他の特権

  • サイトマップ コンポーネントのインライン編集をサポートします。 インライン編集を行うには、コンポーネントをポイントして鉛筆を表示します。

インライン編集が表示されたサイトマップ デザイナー

マイ アプリ ランディング ページでのフィルターと検索の機能

マイ アプリ ランディング ページでの機能強化には、アプリ フィルター機能とアプリ検索機能を備えた、向上したユーザー インターフェイスが含まれます。 応答性を高める設計により、マイ アプリ ページはこれまで以上に小型画面に適したものになります。

新しい "仮想" エンティティを使った外部システムからのデータとの対話

仮想エンティティは Dynamics 365 (オンライン) のユーザー定義エンティティであり、実行時に外部データ ソースからデータを取得します。 仮想エンティティは通常の Dynamics 365 (オンライン) エンティティ レコードと同じように Dynamics 365 (オンライン) に表示されますが、Azure SQL Database などの外部データベースからのデータを含みます。 OData v4 データ プロバイダーが含まれるので、独自の OData v4 データ プロバイダーを作成しなくてもデータ ソースに接続できます。

仮想エンティティに基づくレコードは、Dynamics 365 SDK を使って開発されたカスタム アプリケーションなど、すべての Dynamics 365 (オンライン) クライアントから利用できます。

仮想エンティティには以下の利点があります。

  • エンド ユーザーは、仮想エンティティによって作成されたレコードを使って、フィールド、グリッド、検索結果、Fetch XML ベースのレポートやダッシュボードのデータを表示できます。

  • システム カスタマイザーは、データ ソース レコードを構成し、コードを書くことなく仮想エンティティを作成できます。

  • 開発者は、プラグインを実装し、Dynamics 365 SDK および Dynamics 365 (オンライン) プラグイン登録ツールを使って外部データを読み取ることができます。

仮想エンティティ ダイアログ ボックス

他のユーザー定義エンティティと同じように仮想エンティティを作成し、[仮想エンティティ] チェック ボックスをオンにします。

チェック ボックスをオンにすると、データ ソースに関する追加情報要件と、エンティティ定義の外部名および外部コレクション名が表示されます。

注意

開発者の方は、「開発者向けに予定されている機能」も参照してください。

埋め込み Microsoft Flow によるマルチステップ ワークフローの自動化

クラウド ベースのサービスである Microsoft Flow を使うことで、ビジネス ユーザーは、複数のアプリケーションやサービスが関係する時間のかかるビジネス タスクやプロセスを自動化するワークフローを簡単に作成できます。

このリリースには Dynamics 365 (オンライン) 内から Microsoft Flows を実行する機能が含まれ、ユーザーは、コードを記述することなく、Dynamics 365 (オンライン) 内から開始できる広範なサービスを簡単に結合できます。 Microsoft Flow の詳細については、こちらをご覧ください

Power BI の機能強化

グループベースの Power BI アプリ ワークスペースから選択された Dynamics 365 (オンライン) に、Power BI のダッシュボードとタイルを埋め込むことができます。 これまでは、ダッシュボードとタイルはマイ ワークスペースからのみ埋め込むことができました。

グループベースのワークスペースを含む Power BI ダイアログ

業務プロセス フローの拡張

業務プロセス フローに対して以下の機能強化が行われました。

  • アクション ステップとしての業務プロセス フロー
    アクション ステップを使うと、オンデマンド プロセス アクションを呼び出すことによってサーバー側ビジネス ロジックを実行できます。 オプションのステップをプロセスに組み込み、それをトリガーする条件を定義できるようになりました。 たとえば、電子メールの送信、タスクの作成、データの操作などを自動化するプロセス アクションを作成できます。 ユーザーは、作業中のステージのステップの 1 つとして表示されるボタンをクリックして、このプロセス アクションを呼び出すことができます。

  • サイトマップ、ビュー、グリッド内の業務プロセス フロー
    ビジネス プロセス エンティティをサイトマップに表示できるようになりました。 これにより、あまり自然ではないデータ ファーストではなくプロセス ファーストで簡単に作業を行うことができます。 ビジネス プロセス エンティティをビュー、グラフ、ダッシュボードに組み込み、プロセス データをアプリケーションの前面に表示できます。

  • 対話型エクスペリエンス ダッシュボードでサポートされるようになったエンティティとしての業務プロセス フロー
    業務プロセス フローがエンティティになり、ユーザーはユーザー定義ビューを作成できるため、対話型エクスペリエンス ダッシュボードを利用して、プロセスをストリームおよびキューとして表示することができるので、ユーザーは生産性が向上し、次に行うプロセスを知ることができます。

注意

開発者の方は、「開発者向けに予定されている機能」も参照してください。

グラフでは、次のようにプロセスを複数の角度から表示できます。

  • プロセスじょうご (ステージ別のアクティブなプロセスの数)

  • 経過時間別のプロセス数 (どれが古いプロセスで、すぐに処理する必要があるか)

  • 状態別のプロセス数 (処理中、破棄済み、完了済みのプロセスの数)

  • プロセス速度 (月ごとのクローズされたプロセスの数)

MultiSelect オプション セット

カスタマイザーは、フォームに複数選択フィールドを追加し、フォーム、読み取り専用グリッド、編集可能グリッドを簡単に表示および作成できるようになりました。 MultiSelect オプション セット フィールドを追加するときは、フィールドでユーザーが選択できる値を 最大 150 個まで指定できます。 たとえば、"事業地域" フィールドに複数の場所や国を含めることができます。 ユーザーは、使用可能な値の一覧から、1 つ、複数、または全部を選択できます。

MultiSelect オプション セットの例

注意

開発者の方は、「開発者向けに予定されている機能」も参照してください。

Web リソースの依存関係とローカライズ

このリリースの Dynamics 365 (オンライン) には、Web リソースの管理およびローカライズの方法に関する機能強化が含まれます。

Web リソースの依存関係

以前のリリースでは、スクリプト依存関係、文字列、スクリプト ライブラリなどの Webリソースは、アドホックな方法で管理されていました。 このリリースでは、カスタマイズの間に、依存関係を組み込むために実行時に使用される Web リソースを指定できます。 これにより、HTML、JavaScript リソース、およびすべての依存リソースが適切に読み込まれることを簡単に保証できます。

Web リソースのローカライズ

このリリースでは、リソース文字列の簡素化されたローカライズも導入されています。 現在、ソリューション開発者がローカライズされた文字列を JavaScript Web リソースで簡単に使用する方法はありません。 ほとんどの開発者は、こちらで説明されている方法のような JSON ベースのハードコーディングされた方法を使用していますが、これは効率的でなく、拡張性もありません。 このリリースでは、ソリューションのファーストクラス コンポーネントとしてローカライズされた文字列を Web リソースで使用できます。 これにより、アプリ/ソリューションを複数の言語で簡単に使用でき、アプリ チームがソリューションをローカライズするプロセスが向上します。

また、このリリースには、新しいリソースの種類である RESX のサポートが含まれます。RESX は XML ベースのファイル形式であり、キーと値の翻訳ペアに関連付けられたコメントをサポートし、Visual Studio でサポートされています。 RESX について詳しくは、「.Resx ファイル形式のリソース」をご覧ください。

ソリューション エクスプローラー ダイアログ ボックス

注意

開発者の方は、「開発者向けに予定されている機能」も参照してください。

コマンド バーのテーマ化

コマンドをカスタマイズし、別の色を選択し、テキストの色を黒または白に変更できるようになりました。

Unified Service Desk の新機能

注意

開発者の方は、「開発者向けに予定されている機能」も参照してください。

[監査と診断の設定] 領域に移動されたエラー診断レポートの設定

以前のバージョンでは、エラー診断レポートの設定は Unified Service Desk ソリューションの [オプション] 領域にありました。 このリリースでは、構成を簡略化するため、エラー診断レポートの設定が [監査と診断の設定] 領域に移動されました。

JAWS スクリーン リーダーのサポート

Windows 用スクリーン リーダー アプリケーションである JAWS (Job Access With Speech) バージョン 18 を、Unified Service Desk クライアントの音声出力に使用できるようになりました。 詳細: Microsoft Dynamics 365 の Unified Service Desk のユーザー補助

製品の比較

次の表は、Outlook Customer Manager (Microsoft Office で使用可能)、Dynamics 365 for Sales Business Edition、Dynamics 365 for Sales Enterprise Edition を比較したものです。

Sales 製品と Outlook Customer Manager を比較した表