リアルタイム マーケティングで Customer Insights のプロファイルおよびセグメントを使用する

リアルタイム マーケティングでは、Dynamics 365 Customer Insights のトランザクション データ、行動データ、人口統計データを利用して、顧客エンゲージメントを深くパーソナライズすることができます。 Customer Insights のデータを使用することで、次のことができます:

  • 統合された Customer Insights の顧客プロファイルとセグメントを対象とします。 これにより、顧客のデータがマーケティングであるか Customer Insights であるかに関わらず、すべての顧客をエンゲージすることができます。
  • 電子メール、SMS、プッシュ通知の動的コンテンツ (パーソナライズされた動的テキストなど) は、ロイヤルティ ステータス、サブスクリプションの更新日、取引先企業の親会社、または Unified Customer Profileでキャプチャしたその他の指標に基づいて作成します。

たとえば、電子商取引の Web サイトがあるとします。 Customer Insights の顧客プロファイルとして、Web サイトの訪問者と買い物客に関する情報を取得します。 その中で、買い物中にカートを放棄した訪問者をターゲットにする例を説明します。

カート放棄した訪問者をターゲットにするには、まずカート放棄した買い物客に向けたカスタムトリガーを定義する必要があります。 トリガーの 顧客データ プロパティの データ タイプ フィールドを プロファイル (Customer Insights) に設定する必要があります。 続いて、カート放棄のトリガーを使用してトリガー ベースの体験を設定する必要があります。

カート カスタム イベントのスクリーンショット。

また、カート放棄セグメントの顧客を対象としたスケジュールされた体験を作成することもできます。 体験を作成する際は、対象ユーザー ドロップダウンにマーケティングと Customer Insights の両方のセグメントを表示することができます。

リアルタイム マーケティング用に Customer Insights 環境をセットアップする

リアルタイムのマーケティング 顧客体験用に Customer Insights データを設定するには、次の手順を実行します:

  1. リアルタイム マーケティングが利用可能な地域に Customer Insights 環境が設定されていることを確認してください。 現在の環境がリアルタイム マーケティングが利用可能な地域にない場合は、以前の環境のコピーを使用して新しい Customer Insights 環境を作成できます。
  2. Customer Insights 環境と Dynamics 365 Marketing がインストールされている、またはインストールされる予定の Microsoft Dataverse 組織との間でデータ共有を有効にします。 これは、Customer Insights 環境の構成の詳細設定で行うことができます。
  3. Customer Insights で顧客データを統一し、統一された顧客プロファイルを作成するには、マッピング一致、および 結合 のルールを設定します。 統一ルールを設定する際には注意が必要です。 将来的にルールを変更すると、ライブの顧客体験に影響を与えたり、壊したりする可能性があります。
  4. 少なくとも 1 つのセグメントを作成します。

Dynamics 365 Marketing 環境をセットアップして Customer Insights データを自動的に検出する

Marketing は Customer Insights データを自動的に検出し、リアルタイム マーケティングに利用できるようにします。 自動検出を確実にするには、次の手順を実行します :

  1. リアルタイム マーケティングを有効にしていない場合や、Dataverse 組織に Dynamics 365 Marketing をまだインストールしていない場合は、上記のセクションの手順を完了して、まず Customer Insights の環境を設定します。 Dataverse 組織に、リアルタイム マーケティングがインストールされる前にこれらの手順を完了すると、Marketing アプリは Customer Insights 環境を自動的に検出します。 Marketing が Customer Insights 環境を検出したかどうかは、設定 > データ管理 > Customer Insights コネクタ で確認できます。
  2. 上記のように Customer Insights を設定する前に、Marketing アプリでリアルタイム マーケティングを既に有効にしている場合は、自動検出が行われません。 この場合、設定 > データ管理 > Customer Insights コネクタ では次の画面を表示します:

Customer Insights の設定スクリーンショット。

  • Customer Insights の検出を再試行するには、Customer Insights 環境で 上記の手順を完了した後、設定 > データ管理 > Customer Insights コネクタ に戻り、接続 を選択します。
  • 設定が正しければ、Marketing は Customer Insights を検出できるようになり、成功のインジケーターが表示されます。

Customer Insights の設定成功時のスクリーンショット。

統一された顧客プロファイルの既定のプロパティを設定する

Customer Insights の顧客プロファイルをリアルタイムの顧客体験で使用する場合、プロファイル内のどの属性が顧客の希望する電子メールや電話番号に対応するかを指定する必要があります。 このような情報を毎回指定しないよう、顧客体験が自動的に使用する既定の設定を作成することができます。

詳細情報 : 対象ユーザー構成